マイナビトラベル ユーザー規約

第1条(マイナビトラベル)

「マイナビトラベル」とは、株式会社マイナビ(以下「当社」といいます)が運営するインターネット上の国内宿泊施設等予約受付サービスサイトおよびこれに付随するメール配信その他の各種情報提供サービスの総称をいいます。

第2条(規約の適用)

マイナビトラベルを利用する者(マイナビトラベルの会員登録を行った者であるか否かを問いません。以下「ユーザー」といいます)は、マイナビトラベルの利用にあたってマイナビトラベル ユーザー規約(以下「本規約」といいます)および当社が別途提示する諸注意・規約・ガイドライン(以下「諸注意等」といいます)の内容を全て承諾したものとみなされます。不承諾の意思表示はマイナビトラベルを利用しないことをもってのみ認められるものとします。

第3条(宿泊予約サービスの定義および契約の成立)

1.宿泊予約サービス(以下「本サービス」といいます)とは、ユーザーがマイナビトラベル上に掲載されているホテル・旅館等の宿泊施設(以下「掲載施設」といいます)の客室または施設等の予約を行うことを可能にするサービスをいいます。

2.掲載施設は、自己の責任において宿泊および施設利用に係るサービス(以下「施設提供サービス」といいます)を提供しており、当社は、掲載施設による施設提供サービスに関し何らの保証および関与をしないものとします。

3.ユーザーが、本サービスにより施設提供サービスに係る予約の申込みをした場合、当該予約の申込みにつき、マイナビトラベルのコンピューターシステム上で予約番号が発行され、本サービスの画面上に明示された時点をもって、掲載施設とユーザーの間で施設提供サービス利用に係る契約(宿泊契約または施設もしくはサービスの利用契約を指します。以下単に「利用契約」といいます)が成立するものとします。ただし、通信事情、コンピューターの不具合等何らかの事情で、予約番号が発行されたにもかかわらずユーザーのコンピューターの画面に表示されなかったとしても、ユーザーがマイナビトラベルの予約照会を使用して、予約内容を確認できる状況になれば、利用契約は成立するものとします。

4.前項の場合、当社は、利用契約の成立を証するため、予約番号を記載した予約確認メールをユーザーが予め指定するメールアドレスに配信します。ただし、通信事情やメールアドレスの誤記等、当社に責のない事由に基づき予約確認メールをユーザーが受信することができない等の事態が生じても、利用契約の成立に影響を与えるものではありません。

5.本条の定めに基づき掲載施設とユーザーとの間で利用契約が成立した場合、ユーザーは、当該掲載施設にて別途定めるキャンセル料金(以下「キャンセル料金」といいます)の負担等の義務が自己に生じることを承諾したものとみなされます。

6.ユーザーは、掲載施設が自らの経営会社および運営会社に対し、ユーザーが予約の申込み時に掲載施設へ提供した情報(個人情報を含みますが、これに限りません)を、業務上必要な範囲で開示することがあることを、あらかじめ承諾するものとします。

第4条(掲載施設の情報および利用料金)

1.ユーザーは、掲載施設が提供する空室状況または施設提供サービスの利用に係る料金等の情報が、他の媒体で提供される情報と異なる場合があることを承諾するものとします。なお、マイナビトラベル上に表示される施設提供サービスの利用料金(以下「利用料金」といいます)には、消費税、地方消費税、サービス料が含まれますが、入湯税、ホテル税、その他賦課される税金は含まれません。

2.ユーザーは、利用料金が変更されることがあることを承諾するものとします。変更後の料金は、変更後に利用契約が成立したユーザーにのみ適用され、変更前に利用契約が成立したユーザーには変更前の利用料金が適用されます。

3.利用契約成立後に利用料金が変更され、その後、ユーザーが予約内容を変更した場合、当該ユーザーには変更後の利用料金が適用されます。ただし、変更内容が宿泊日数および部屋数の双方または一方の減少に限られる場合、当該ユーザーには変更前の利用料金が適用されるものとします。

第5条(利用料金の支払方法)

本サービスを利用して予約した掲載施設の利用料金の支払方法は、現地支払またはオンラインでのクレジットカードによる決済(以下(「オンラインクレジット決済」といいます)のいずれかの方法をとるものとします。ただし、掲載施設によってはオンラインクレジット決済が利用できない場合があることを、ユーザーはあらかじめ承諾するものとします。

第6条(オンラインクレジット決済)

1.前条の定めによりオンラインクレジット決済を選択したユーザーは、当社が提携するクレジットカード決済サービス会社(以下「決済サービス会社」といいます)を通じ、決済サービス会社が定めるクレジットカードを利用することができるものとします。

2.オンラインクレジット決済に利用できるクレジットカードは、ユーザー(予約をする者と実際に施設提供サービスを受ける者が異なる場合には、当該予約者を指します)本人名義のクレジットカードに限るものとします。なお、クレジットカードの名義人であるユーザー以外の者のみで掲載施設を利用する場合は、オンラインクレジット決済を行うことはできません。

3.オンラインクレジット決済は、予約を完了した時点で行われます。

4.オンラインクレジット決済を利用することができる代金等は、利用料金およびその他当社が認める費用に限るものとし、これ以外の料金または費用等が発生する場合は、ユーザーは当該料金を掲載施設へ直接支払うものとします。

5.ユーザーは、他人のクレジットカードの利用、虚偽のクレジットカード情報の入力、その他当社が不適切と認める行為を行ってはならないものとします。当社は、ユーザーがかかる行為を行ったことにより生じた損害について、当該ユーザーに対して賠償を求めることができるものとします。

6.ユーザーが決済に利用しまたは利用を選択したクレジットカードにつき、決済サービス会社が何らかの理由によりその利用を拒否した場合または当社が所定の基準により不適切な利用であると判断した場合 、当社は、ユーザーの同意を得ることなく、決済方法の変更、予約の取消、その他当社が必要と認める措置をとることができるものとし、これによりユーザーに生じた損害について一切責任を負わないものとします。

第7条(予約の変更・キャンセル)

1.ユーザーは、施設提供サービスの予約を変更またはキャンセルする場合、マイナビトラベル上の予約内容照会画面(以下「予約内容照会画面」といいます)を通じて予約内容を確認のうえ、所定の手続きをするものとします。

2.ユーザーは、予約内容照会画面における変更・キャンセル可能日時を超えて予約を変更またはキャンセルしようとする場合、自己が予約した掲載施設に対して直接連絡し、速やかに変更またはキャンセルの手続きをするものとします。

3.ユーザーは、自らの予約内容の確認に必要な予約番号が分からなくなった場合、予約番号と認証キーが記載されたメールがユーザーに到達しなかった場合、その他予約内容の確認が困難または不可能な状況となった場合は、予約内容再送信画面を通じて、予約番号と認証キーが記載されたメールの再送信を当社に請求し、当該メールの受信後すみやかに変更またはキャンセルの手続きをするものとします。

4.ユーザーは、前項により再送信されたメールを受信できなかった場合は、当社の指定する連絡先に対して問い合わせを行なったうえで、当該掲載施設に対し、変更またはキャンセルの手続きをするものとします。

5.ユーザーは、予約にあたり、当社が定める変更可能な項目以外の変更またはキャンセルを行うときは、当該予約を取消したうえで、改めて予約操作を行うものとします。ユーザーは、マイナビトラベルの空室状況によっては、取消操作後の再予約ができないことがあることをあらかじめ承諾するものとします。

6.前項までの手続きを怠った結果、掲載施設に損害が発生した場合、ユーザーは当該損害を賠償する責任を負います。

7.ユーザーが予約の変更またはキャンセルを行う場合、以下に定める時点をもって、変更またはキャンセルが完了するものとします。

  1. ユーザーがマイナビトラベルを通じて予約の変更を行う場合:マイナビトラベル上の予約照会画面に表示される予約内容が変更または消去された時点
  2. 掲載施設に直接連絡し、予約の変更を行う場合:当該掲載施設が、ユーザーに対し、予約の変更またはキャンセルを承諾した旨通知した時点
  3. その他の方法による場合:当社が所定の方法に従い、ユーザーに対し、予約の変更またはキャンセルの確認通知をした時点

8.予約の変更またはキャンセル手続の実施日によっては、掲載施設が定める変更料またはキャンセル料金が発生することがあります。その場合、ユーザーは、掲載施設所定の方法および期日までに変更料またはキャンセル料金を支払わなければならないものとします。

9.当社は、ユーザーが、事前に何らの連絡もなく施設提供サービス利用予定日当日に姿を現さず、掲載施設を利用しなかった場合には、無連絡キャンセルとみなし、当該ユーザーの本サービスを含む、マイナビトラベルに係る一切のサービスの利用停止または会員資格の剥奪等必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。

10.ユーザーが予約のキャンセルを希望しない場合であっても、ユーザーによる施設提供サービス利用に係る予約内容が法令等に抵触する場合または合理的に不適切と判断できる場合には、当社および掲載施設は、当該予約をキャンセルする権利を有するものとします。

第8条(オンラインクレジット決済利用時の変更またはキャンセル)

1.ユーザーがオンラインクレジット決済を利用して行った予約を変更またはキャンセルすることにより、掲載施設が定める変更料またはキャンセル料金が発生する場合、ユーザーがオンラインクレジット決済により支払った掲載施設の利用料金から変更料またはキャンセル料金を差し引いた金額が、ユーザーの指定する口座に返金されるものとします。ただし、指定できる口座は、当該ユーザーを名義人とする銀行口座に限ります。

2.ユーザーに返金する際に発生した各種手数料は、ユーザーが全額を負担するものとし、返金時に返金額から差し引かれるものとします。

第9条(高速バス、レンタカー、航空券等予約サービス)

1.高速バス、レンタカー、航空券等の予約サービス(以下「交通機関等予約サービス」といいます)および国内募集型企画旅行の予約サービス(以下「国内募集型企画旅行予約サービス」といいます)は、ユーザーが、当社の提携する高速バス、レンタカーまたは航空会社等のサービスを運営する事業者および国内募集型企画旅行を運営する事業者(以下、総称して「事業者」といいます)の提供するサービスを、マイナビトラベルを通じて予約することができるサービスです。ユーザーは、各事業者が定める規約、約款、ルール等に同意の上、交通機関等予約サービスおよび国内募集型企画旅行予約サービスを利用するものとします。

2.交通機関等予約サービスおよび国内募集型企画旅行予約サービスは、ユーザーと事業者との間で直接契約が成立するものとし、サービスの内容や利用条件については、別途事業者の定めるによるものとします。当社の責任は、ユーザーに交通機関等予約サービスおよび国内募集型企画旅行予約サービスのためのシステム利用を許諾し、マイナビトラベルにおいて予約の場を提供することに限られ、本規約で定められる場合を除き、当社はユーザーに対して一切の責任を負いません。

3.交通機関等予約サービスおよび国内募集型企画旅行予約サービスに関する情報は、事業者により提示されるものであり、当社は、これらの情報の真偽、正確性、信頼性等について一切保証しないものとします。また、ユーザーは、マイナビトラベルに掲載された情報が、他の媒体が提供している情報と異なる場合があることを承諾します。当社はマイナビトラベルにおいて提供される情報が、ユーザーにとって最も有利な条件であることを保証しません。

第10条(ユーザーの遵守事項)

1.ユーザーは、マイナビトラベルを利用することにより得られる情報を、当社および掲載施設の事前の承諾なくユーザー個人の私的利用以外の目的で複製・送信しないものとし、また、第三者による利用に供しないものとします。

2.ユーザーは、自己の責任において掲載施設との契約を履行するものとし、施設提供サービスに関する問い合わせおよび要望等は当該掲載施設に対して直接行うものとします。

3.ユーザーが未成年者の場合は、法定代理人の同意を得て予約を行なうものとします。万一、法定代理人の同意があると偽った場合や、成年者であると偽った場合は、その行為について取り消すことはできません。

4.ユーザーは、掲載施設が別途定める条件・規則等を十分に理解し遵守するものとします。

5.ユーザーがマイナビトラベルの利用により第三者に対して損害を生じさせた場合には、ユーザーは自己の責任においてこれを解決するものとします。

第11条(禁止行為)

1.ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、次の行為をしてはならないものとします。

  1. 二重、虚偽の情報、または自己以外の情報を本人の明確な同意なく登録する行為
  2. ユーザー以外の者になりすましてマイナビトラベルを利用する行為
  3. 当社、掲載施設または第三者の著作権等の知的財産権、プライバシーその他の権利を侵害する行為
  4. 当社、掲載施設または第三者を誹謗中傷する行為
  5. 当社、掲載施設または第三者に不利益を与える行為
  6. 営利を目的とした行為
  7. 政治・選挙・宗教活動またはこれらに類する行為
  8. マイナビトラベルの運営を妨げ、または当社の信用を毀損する行為
  9. 法令違反、犯罪行為、または公序良俗に反する行為およびそのおそれのある行為
  10. 暴力的な要求行為、または法的な責任を超えた不当な要求行為
  11. 前各号に定めるほか、弊社が不適切と判断する行為

2.ユーザーが上記禁止事項に該当する場合もしくはその疑いがある場合、ユーザーが反社会的勢力に該当または関与する場合、その他、マイナビが不適切と判断する行為があると判断した場合には、ユーザーへの事前または事後の通知を行なうことなく、かつユーザーの承諾を要することなく、該当ユーザーへのマイナビトラベルの提供を停止または中断することができるものとします。

第12条(ユーザーによる違反行為)

当社は、ユーザーが本規約に違反した場合は、当該行為を停止させる権利を有するとともに、ユーザーのマイナビトラベルに係る一切のサービスの利用停止、会員資格のはく奪または損害賠償請求等、必要な措置(法的措置を含みます)を取ることができるものとします。

第13条(著作権)

1.マイナビトラベルに含まれるすべてのコンテンツの知的財産権は、当社または情報提供元(掲載施設を含みます)に帰属し、著作権法、商標法、意匠法等により保護されます。

2.当社は、ユーザーに対して、各種のアンケート調査、キャンペーン、モニター応募等を実施することがあります。当社は、これらを通じて、ユーザーがマイナビトラベルに対し投稿した意見や情報などの内容を、個人情報を特定できない状態に加工し、ユーザーの事前の承諾なく情報誌またはウェブサイト、その他媒体において利用できるものとし、ユーザーはこれをあらかじめこれを承諾するものとします。

3.前項により当社が作成した当該情報に関する著作権その他一切の権利は、当社に帰属するものとします。

4.ユーザーは、当社の許諾を得ることなく、いかなる方法においてもマイナビトラベルを通じて提供される全ての情報について、著作権法等の範囲を超えた使用・公開等をしてはならないものとします。

第14条(掲載施設の増減)

1.掲載施設の情報は、当社または掲載施設の都合により、ユーザーへの事前の通知なく変更、追加または掲載終了する場合があり、ユーザーはあらかじめこれを承諾するものとします。

2.前項の規定に基づき、掲載施設の情報が変更、追加、または掲載終了された時点で、ユーザーと当該掲載施設の間で利用契約が成立している場合には、当該契約は有効に存続するものとし、掲載施設の変更は、当該利用契約に対し何らの影響も及ぼさないものとします。

第15条(マイナビトラベルおよび本サービスの一時的な停止)

1.当社は、以下の事由に該当すると判断した場合には、ユーザーへの事前の通知やユーザーの承諾なしに、マイナビトラベルおよび本サービスの一時的な停止を行うことがあります。

  1. システムの保守または変更を行う場合
  2. 天災事変その他非常事態が発生し、または発生するおそれがあり、マイナビトラベルおよび本サービスの運営が困難な場合
  3. その他当社が運営上、停止が必要やむをえないと判断した場合

2.当社は、前項のマイナビトラベルおよび本サービスの一時的な停止によりユーザーに生じた損害について、一切その責任を負わないものとします。

第16条(当社の責任と保証)

1.当社は、マイナビトラベルまたは本サービスを利用したこと、または利用できなかったことにより、ユーザーまたは第三者が被った損害すべてに対し、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切責任を負わないものとします。ただし、当社が責任を負う場合であっても、当社の責任は直接かつ通常の損害に限られるものとします。

2.当社は、通常講ずるべきウイルス対策では防止できないウイルス被害、天変地異による被害、予防措置を講じたにも関わらず発生したシステム障害、その他当社の責によらない事由による被害が生じた場合は、一切責任を負わないものとします。

3.当社は、掲載施設の営業状況について調査義務を負わないものとし、マイナビトラベルにおいて掲載施設または第三者から提供される情報(掲載施設情報、およびそれらに関わる各種情報、広告その他第三者により提供される情報等)は、当該掲載施設または第三者の責任で提供されるものであり、当社は、これらの情報の正確性、合法性、完全性、最新性、速報性、有用性、目的適合性に関して、一切の保証をしません。

4.当社は、ユーザーと掲載施設との契約関係には一切関与しないものとします。マイナビトラベルに関連して発生したユーザーと掲載施設の間の一切の紛争について、当該紛争が当社の責に帰すべき事由による場合を除き、当社は何ら責任を負いません。

第17条(個人情報の取扱い)

ユーザーは、マイナビトラベルの利用にあたり「個人情報の取扱いについて(マイナビトラベル)」を確認のうえ、あらかじめ承諾するものとします。

第18条(規約の変更)

1.当社は、本規約および諸注意等を随時変更、追加、削除することができます。

2.本規約および諸注意等の変更後、ユーザーが本サービスを利用した場合、当社は ユーザーが変更後の本規約および諸注意等を承諾したものとみなします。

第19条(準拠法および管轄)

本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する一切の紛争は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2016年6月29日 制定