旅行準備ノウハウ

出張前に慌てない! バックパッカーに学ぶパッキング術&便利グッズ

ビジネスマンにとって、出張前の荷造りは意外と面倒なもの。そんな荷造りのプロといえば「バックパッカー」です。リュックひとつで旅をするバックパッカーは、常に持ち物の効率化を求められるので、パッキングは最優先課題。そんなバックパッカーが実践するパッキングのコツと、旅のお役立ちグッズを紹介します。

すぐできる、パッキングのコツ

パッキングで最初にすべきことは、荷物のジャンル分けです。衣類や入浴セットなど、同じタイミングで使うものを近くにまとめてみましょう。また、ビジネスで使用するPC機器や書類も同様に、袋やポーチなどに入れてまとめます。
このようにジャンル分けすることで、どこに何があるのかがわかりやすくなり、必要なものがすぐに取り出せるようになります。

荷物をスーツケースに詰める場合も、この分類ごとに入れていきます。このとき注意したいのが、重いものが底にくるように順に並べていくこと。そうすることで、荷崩れを防ぎ、スーツケースの重心を安定させることにもつながります。

バックパッカー御用達の便利グッズ

荷物を減らすことを課題にしているバックパッカーが、それでも持ち歩く便利グッズがあります。そのなかから、今回はビジネスマンの出張にも使えるアイテムを紹介します。

1.ネッククッション

移動時に大活躍するネッククッションは、短い時間での睡眠などにおすすめです。形状によっては足や腰への負担を軽減させるために使えるものもあり、空気で膨らますタイプからビーズタイプまで幅広く種類があるので、好みのものを選んでみてください。

2.ビニールひも

旅館やホテルの宿泊料金が高騰している昨今、ゲストハウスやユースホステルで宿泊料金の節約を検討している人におすすめなのがビニールひも。100円ショップでも手に入る白いビニールひもは、洗濯ロープとして活躍します。

エアコンなどの前に吊るしておけば、さっと洗ったハンカチ等の小物や、食べこぼしを洗ったYシャツなどを洗った際に手軽に干すことができます。市販の洗濯ロープよりも、ビニールひものほうが長さに融通が効くので便利です。

3.OAタップ

ホテルでのWi-Fi設備が一般化し、タブレットをはじめとする電子機器をいくつも使って旅を続けるバックパッカー。サラリーマンのビジネスシーンと少し似ているかもしれません。
そのような状況では、コンセントのことが常に気になってしまいますが、OAタップがあれば電源不足の不安を解消することができます。

バックパッカーに学ぶ、荷造りの心得とは?

毎日が荷造りの連続であるバックパッカーが心がけていることは、“定物定位置”です。彼らはよく使うものを取り出しやすい場所にしまったり、使わなくなったものはまとめたり、自分で持ち物を把握しながら荷造りをしていきます。これにならって、パッキングをルーティン化しておけば、出張前のあまり時間がない状況でも焦ることはありません。

会社で急な出張を命じられたときでも、自分なりのパッキングの手順がまとまっているのといないのとでは大違い。効率的かつスマートな荷物まとめで、面倒な出張の準備を乗り切りましょう!

vol.1お得で便利な裏ワザ
vol.2出張・ビジネスで使える
vol.3一人旅 or グループ旅
vol.4車で出かけよう

マイナビトラベルおすすめ特集

前へ

次へ