菜苑

これぞ元祖B級グルメ! 東京下町ならではの美味「純レバ丼」で活力アップ!

菜苑

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

B級グルメ? それとも下町ソウルフード? 都内数件のラーメン店で提供されている「純レバ丼」は、一度食べたら病みつきになること間違いなし!の最強丼だと言われている。
今回は、そのなかでも名店との評判が高い、亀戸「菜苑」の純レバ丼をリサーチ。その詳細をレポートする前に、まず言っておこう。「腹をすかせて来店せよ!」。

老舗ラーメン店の目玉メニュー

菜苑

今回、リサーチする「菜苑」は、亀戸駅と錦糸町駅のちょうど中間地点にある。外観はなんの変哲もないラーメン店。だが、食事どきはもちろんのこと、深夜でも客は多い。そう、みなさん「純レバ丼」が目当てなのだ。
「純レバ丼」とは、鶏のレバーを炒めて甘辛いタレを絡め、ご飯に載せたもの。上から大量の刻み葱を載せているのが特徴だ。ニラレバのようにほかの食材を使わず、純粋にレバーだけだから「純」なんだとか。
「純レバ丼」をウリにしているお店は、ほかにもある。どこが元祖かは諸説あるようだが、「純レバ丼」の登録商標を持っているのはこのお店。ま、そんなことより気になるのは、その「味」である。

これでもか!と載せられた刻み葱に圧倒

菜苑

午後3時ごろとあってお客の数は少ないが、注文するのは全員が全員「純レバ丼」。女性の2人連れもそれぞれ純レバ丼を注文し、さらに瓶ビールも頼んでいた。これが下町ウーマンパワーというものか?
厨房で軽快に中華鍋を振るご主人。ほどなく出てきた「純レバ丼」は、写真の通り、器の半分にご飯、もう半分にちょっと辛そうな見た目の鶏レバーが盛られ、その上に大量の刻み葱が盛られている。その量の多さに、あとから注文した女性客は「ネギ少なめで……」と言っていた。
だが、食べれば分かる。この大量のネギこそが、「菜苑」の純レバ丼の魅力なのだと(ちょっと大げさ?)。

シンプル、かつワイルドな丼をかきこめ!

菜苑

まずは鶏レバーをひとくち。小さめに刻まれた鶏レバーは適度な歯ごたえがあり、もちろん臭みなどは一切感じない。タレは見た目ほど辛くはなく、甘さと辛さのハーモニーが絶妙だ。
オススメは、レンゲに取るご飯、鶏レバー、刻み葱の分量を変えつついただく方法。たまに刻み葱を多めにすることで、口の中が整えられる。こうやって味の強弱や食感の変化をつければ、ワイルドな食べ物がちょっと苦手な人でも、飽きずに完食できるはずだ。
それほどボリュームがあるように思えなかったが、食べ終えてみればお腹いっぱい。最後に中華スープで口の中をさっぱりさせると、満腹なのになぜかまた食べたくなる…。これが「菜苑」の純レバ丼の魔力!

菜苑の基本情報

住所 東京都江東区亀戸3-1-8
アクセス JR総武線「錦糸町」駅北口下車、または東京メトロ半蔵門線「錦糸町」駅出入口4から地上に出て四つ目通りを北へ。蔵前橋通りを東(亀戸方面)へ進み、天神橋を渡ってすぐ左側。徒歩約12分
お問い合わせ 03-3637-9529

菜苑周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

西鉄イン日本橋

西鉄イン日本橋

東京23区

〈東京の下町で過ごす快適で安らげる休息時間〉あたたかなおもてなしにほっと一息。羽田空港や都内各所へのアクセスも良好。

アパホテル〈東日本橋駅前〉

アパホテル〈東日本橋駅前〉

東京23区

■2014年新築オープン■ 都営浅草線 東日本橋駅B4出口目の前 東京・新宿・品川・新橋」・・・複数路線でアクセス良好!

アパホテル〈人形町駅北〉

アパホテル〈人形町駅北〉

東京23区

人形町駅A4出口徒歩2分!浅草、銀座、渋谷、六本木駅をはじめ、羽田空港にも好アクセス!最寄駅も多いので交通の利便性◎

周辺の宿一覧へ

菜苑周辺の観光スポット

100年前の姿を復元した、壮麗な赤レンガ駅舎

東京駅

100年前の姿を復元した、壮麗な赤レンガ駅舎

日本の中央駅「東京駅」。大都会への憧れを胸にたくさんの人たちが東京を訪れ、またここを起点に旅へと出発…

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

江戸東京博物館

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

両国国技館の後方にそびえる「江戸東京博物館」では、江戸から現代までの歴史と文化を楽しみながら学べます…

東京の下町にワイナリー!? 極上イタリアンとともにいただきます

清澄白河フジマル醸造所

東京の下町にワイナリー!? 極上イタリアンとともにいただきます

東京産ワインをじっくり堪能する、そんなひとときはいかが? ここは下町にひっそりと建つワイナリー。関東…

東京の台所は、生まれ変わってますます元気一杯!

築地場外市場

東京の台所は、生まれ変わってますます元気一杯!

場内市場とともに共存共栄してきた「築地場外市場」。場内は移転しますが、場外市場はこれまで通り、都心部…

周辺のスポット記事一覧へ

top