桜鍋 みの家 本店

東京下町ソウルフードのひとつ、桜鍋を堪能してみてはいかが?

桜鍋 みの家 本店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

東京のソウルフードといえば、もんじゃ焼きに江戸前寿し、深川丼、どぜう鍋を思い起こす人が多いかも。でも、忘れてはいけないのが、桜肉=馬肉をすきやきのようにしていただく「桜鍋」。明治初期から続く東京の伝統料理のひとつです。そして、せっかくなら「老舗」といわれるお店で味わってみたいということで、明治30(1897)年創業、森下の「みの家 本店」を訪ねてみました。

歴史を感じさせる店構え

桜鍋 みの家 本店

都営新宿線森下駅のA4出口を出て、清澄通りを渡るとすぐに「馬豚鍋」の看板が。ここが創業120年にもなろうとする老舗中の老舗、「桜鍋 みの家 本店」だ。
店内に入ると、大正か昭和初期にタイムスリップした気分。ステンレスの長机が4列あり、2人連れのお客は向かい合う席、混み合ってくればその隣にほかのお客が座る。最近の居酒屋は個室がトレンドだが、このおおらかさは下町っぽくて好ましい。
「老舗は敷居が高そうでちょっと…」と思う人もいるかもしれない。でも、そんな気遣いは不要。もともと森下周辺に集まった木場の職人や舟人足が通っていた、いわば庶民相手のお店。伝統の桜鍋も肩の力を抜いて気軽に味わえるのがうれしい。

桜肉の本来の旨みをじっくり味わえるシンプルな桜鍋

桜鍋 みの家 本店

「みの家」の桜鍋は、肉の部位などによって3種類あるが、味付けはひとつ。八丁味噌と江戸甘味噌を合わせた味噌ダレと割り下で煮る、関東風のすき焼きだ。
おいしく食べるにはコツがある。鍋に火が入ったら味噌をときながら肉を入れ、ネギ、しらたき、麩を入れる。そして桜肉は火が通り過ぎないうちにいただくこと! こんなふうにいうと、初めての人には難しく思えてしまうが、店員さんに「初めて食べます」と素直に言えば、ていねいに教えてくれるからご安心を。
みの家の桜鍋は、濃いめの味付けながら、馬肉の旨みがしっかり感じられる。これも桜肉そのものの質が高いからなのだろう。「ウ〜ム、伝統の味わいは奥が深い!」と納得。

プチ贅沢に見合った満足感!

桜鍋 みの家 本店

桜鍋以外も味わってみたいと、「あぶらさし」を注文(もちろんビールも!)。これは馬のたてがみの下にある部位で、独特の歯ごたえと甘みが特徴。口に入れるとまさにトロけるような舌触りで、ビールはもちろん日本酒との相性もよさそう。
人によっては、一人前の桜鍋の量にちょっと物足りない印象を抱くかもしれない。でも、肉を食べ終わったら鍋に残った割り下に卵を落とし、それをご飯に載せて食べるというバカ旨のシメがある。これで、ほぼ満腹間違いなし。
桜肉は高タンパク・低脂肪・低カロリーで、グリコーゲンを多く含む健康食材。東京らしさ、下町らしさを堪能しつつ、これで明日の仕事の「馬力」もつけられるかな?

桜鍋 みの家 本店の基本情報

住所 東京都江東区森下2-19-9
アクセス 都営新宿線・大江戸線「森下」駅A4出口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3631-8298

桜鍋 みの家 本店周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ 2018年2月9日新築OPEN ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパホテル〈浅草 雷門〉

アパホテル〈浅草 雷門〉

東京23区

«2017年10月17日にNEWオープン!»都営浅草線「浅草駅」より徒歩約2分と好立地。ビジネス・観光に便利なホテル。

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

東京23区

◆2018年6月5日オープン!◆ 舞浜駅から2駅(快速)12分、東京駅(新幹線)へも1駅2分(タクシー約7分)!

アパホテル〈日本橋 馬喰町駅北〉

アパホテル〈日本橋 馬喰町駅北〉

東京23区

■2018年4月13日新築オープン■東京駅から2駅5分「JR馬喰町駅」徒歩2分

周辺の宿一覧へ

桜鍋 みの家 本店周辺の観光スポット

日本で唯一の技術「桐木目込み細工」

箱長 メトロ通り店

日本で唯一の技術「桐木目込み細工」

「箱長」は、明治7年に創業した桐工芸の老舗。桐は防湿性・通気性に優れ、四季のある日本では生活道具の材…

旧校舎を利用して生まれた、地域の人に愛されるアート基地

3331 Arts Chiyoda

旧校舎を利用して生まれた、地域の人に愛されるアート基地

おめでたい席で感謝の意を表わす風習として受け継がれてきた「江戸一本締め」。地域に根差した記憶を継承し…

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

神田古書店街

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

地下鉄神保町駅を降りて地上に出ると、そこは神保町交差点。この界隈は「神田古書店街」(神田神保町古書店…

東京の台所は、生まれ変わってますます元気一杯!

築地場外市場

東京の台所は、生まれ変わってますます元気一杯!

場内市場とともに共存共栄してきた「築地場外市場」。場内は移転しますが、場外市場はこれまで通り、都心部…

周辺のスポット記事一覧へ

グルメの他の記事を見る

黄金色に輝くポテトの甘味に誘われ、行列が絶えない店

ポテト専門店「嶋屋本店」

黄金色に輝くポテトの甘味に誘われ、行列が絶えない店

オリジナルのポテト専門店として、全国から多くの人が買い求めにやって来るのが阿倍野筋の三島焼「嶋屋本店…

西木屋町の町屋で食す芸術的な手織り寿し

AWOMB西木屋町

西木屋町の町屋で食す芸術的な手織り寿し

着物のように艶やかな手織り寿しがいただけます。見ているだけでも宝石のように美しい定番の刺身や天ぷら、…

廃校の小学校を利用したレトロ喫茶。アートを楽しんだ後に一服♪

前田珈琲 明倫店

廃校の小学校を利用したレトロ喫茶。アートを楽しんだ後に一服♪

情緒あふれる、昭和レトロな小学校跡のカフェ。校庭のベンチで一休みがてら読書をする人もいるんだとか。が…

川崎大師の街角で地元の人たちに愛される隠れた洋菓子の名店

Patisserie La POMME (パティスリー ラ・ポム)

川崎大師の街角で地元の人たちに愛される隠れた洋菓子の名店

参拝客で賑わう川崎大師。人通りが多い参道方面とは違う方向の通りを進んだところに、ひっそり佇む小さな洋…

江東・江戸川・葛西の他の記事を見る

個性豊かな一杯が味わえる サードウェーブコーヒーの街

清澄白河・カフェ巡り

個性豊かな一杯が味わえる サードウェーブコーヒーの街

「現代美術館」で知られるアートの街、清澄白河。コーヒーの焙煎所が点在し、コーヒー好きには以前からよく…

激安なのに、食べてガッツリ大満足のお弁当&お総菜屋さん

キッチンDIVE 亀戸店

激安なのに、食べてガッツリ大満足のお弁当&お総菜屋さん

価格破壊もここまでくれば脱帽。わずか200円(税別)という弁当を販売している江東区亀戸駅にある「キッ…

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

江戸東京博物館

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

両国国技館の後方にそびえる「江戸東京博物館」では、江戸から現代までの歴史と文化を楽しみながら学べます…

江戸時代へ時間旅行! 見て聞いて、触れて学べる深川の庶民の暮らし

江東区深川江戸資料館

江戸時代へ時間旅行! 見て聞いて、触れて学べる深川の庶民の暮らし

東京メトロ半蔵門線清澄白河駅より3分ほど。昔ながらの町並みが見られる深川江戸資料館通りから、時間旅行…

top