亀戸梅屋敷

江戸時代の梅の名所は、地域の情報発信拠点だった

亀戸梅屋敷

  • 複合施設・商業施設

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

江戸時代、歌川広重の浮世絵で知られ、「梅の名所」として人気を集めたお屋敷がありました。江東区亀戸にある「亀戸梅屋敷」は、その名にちなんだ地域の交流施設及び情報発信地です。街の銘品が一堂に会する物産店や、伝統手工芸「江戸切子」のショールームギャラリー、現代のお店が分かる浮世絵アドボードが見どころ。駅から徒歩約7分と、休憩にはちょうどいい中間地点にあるので、町散策の合間に立ち寄ってみてはいかが?

この町ならではのお土産がギッシリ詰まった5つの商店街を結ぶ中継地点

亀戸梅屋敷 江東区や地域の観光案内所を兼ねた福亀館は、亀戸にある5つの商店街より、選りすぐりの地元名産品が揃うお土産どころ。いろんなお土産を探したいけれども時間があまりないという方にはうってつけでしょう。
「船橋屋」の元祖くず餅といった老舗の銘菓はもちろん、下町ならではのユニークな産物から限定品まで、見ているだけでも楽しくなる品々でいっぱいです。明治創業の老舗「升本」のお弁当をはじめ、店内で購入した品はテーブル席でゆっくり味わうことができます。

江戸の伝統手工芸に出会う江戸切子ギャラリーとショールーム

亀戸梅屋敷 江戸時代末期より現代に受け継がれるガラス工芸の「江戸切子」。交流サロンでもある梅結館は、江戸切子の展示スペースとなっています。職人たちの技の集結ともいうべき大作が心ゆくまで観賞できる和の空間。巧みなセンスと技術によって磨かれた繊細なカットグラスの美しさには、ただただため息が出るばかり! 代表的な文様が十数種類あるそうで、それらを見分けるのも楽しさのひとつ。物産店の販売コーナーでは実際に手に取ることができます。格調高き和のお土産としても喜ばれそうですね。

江戸の賑わい処を今に映す、地域の交流スポット

亀戸梅屋敷 「梅屋敷」では、店頭や多目的ホールを利用して、地方との交流イベントやワークショップなどが活発に行われています。寄席をはじめ、お月見の会、夕涼みガーデンといった楽しい企画が盛りだくさん。かつての賑わいどころのように、和の風情が堪能できることでしょう。
亀戸周辺には、学問の神様「亀戸天神社」や、スポーツの神様「香取神社」と、寺社や神社も多くあり、それらパワースポットめぐりの休憩ポイントとして利用されることも。いまや下町のシンボルともなっている東京スカイツリーまでは、ここから徒歩約20分の距離です。

亀戸梅屋敷の基本情報

住所 東京都江東区亀戸4-18-8
アクセス JR総武線、東武亀戸線「亀戸」駅より徒歩7分
お問い合わせ 03-6802-9550

亀戸梅屋敷周辺のホテル・宿

アパホテル〈浅草蔵前〉

アパホテル〈浅草蔵前〉

東京23区

蔵前駅徒歩約2分の駅チカ好立地!「東京スカイツリー」が鑑賞できるビュールーム♪全室有線LANとWi-Fiが無料接続可能

アパホテル〈東京潮見駅前〉

アパホテル〈東京潮見駅前〉

東京23区

東京駅より3駅の好立地!東京ディズニーリゾート(R)等有名観光地へも楽々アクセス!ラヂウム人工温泉の大浴殿・露天風呂完備

ホテル奉仕会館

ホテル奉仕会館

東京23区

馬喰横山駅から徒歩1分でアクセス抜群 周辺には浅草エリアや観光スポット多数あり! 旅行やレジャー、ビジネスにも最適

アパホテル〈日本橋浜町駅南〉

アパホテル〈日本橋浜町駅南〉

東京23区

新宿線浜町駅、大江戸線森下駅、半蔵門線水天宮前駅の利用が便利!ビジネスや観光の拠点に最適。朝食は和食中心のバイキング。

周辺の宿一覧へ

亀戸梅屋敷周辺の観光スポット

子どもから大人まで誰でも楽しめるアート空間

国立西洋美術館

子どもから大人まで誰でも楽しめるアート空間

開館以来、さまざまな展覧会により西洋美術を紹介してきた国立西洋美術館。常設展では、中世末期から20世…

日本で唯一の技術「桐木目込み細工」

箱長 メトロ通り店

日本で唯一の技術「桐木目込み細工」

「箱長」は、明治7年に創業した桐工芸の老舗。桐は防湿性・通気性に優れ、四季のある日本では生活道具の材…

知る人ぞ知る名店。さまざまな味わいと喉ごしが楽しめるクラフトビールハウス

地ビールハウス 蔵くら

知る人ぞ知る名店。さまざまな味わいと喉ごしが楽しめるクラフトビールハウス

仕事の出張でも、プライベートな旅行でも、慣れない土地を歩き回って疲れた夜にはビールをグビッとやり、ほ…

迷路のように小さなショップがぎっしり! 掘り出し物を見つけよう

アメ横商店街

迷路のように小さなショップがぎっしり! 掘り出し物を見つけよう

上野駅から御徒町駅間のガード下に沿って伸びる商店街「アメ横」。戦後の闇市から発展したこの商店街は、鮮…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top