両国 國技堂

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

両国 國技堂

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

お相撲さんの町、両国に来たならばぜひ立ち寄りたいのが甘味処「両国 國技堂」。二代目ご主人考案の「あんこあられ」は、地方巡業の手土産として力士たちの間でも大好評。土俵のたわらをかたどったあられの窪みにあんこをのせた和菓子は、一つ食べたらクセになる美味しさ。店内では緑茶とセットでいただけます。店内に飾られた相撲グッズもお土産にぴったりで、相撲ファンならずとも買って帰りたくなってしまいます。

東京土産に喜ばれる下町名物、米菓「あんこあられ」

両国 國技堂 二代目のご主人鉦三郎氏はとにかくあんこに目がなく、何にでもあんこを乗せて食べるのが大好きだったとか。大人気の「あんこあられ」は、そんな遊び心のある先代の試行錯誤で生まれたといいます。塩気のきいたあられと、ほのかな甘みのこしあんが絶妙なハーモニーを奏で、一度食べたらクセになる味。
三代目が考案した「揚げあんこあられ」とともに、贈答品としても喜ばれているそう。ほかにもお酒のおつまみにぴったりな「ねばりごし」や、新作「カレーあられ」といったここでしか味わえない名菓がたくさん。ちなみに、パッケージにある力士のイラストも先代作ということで、この方は絵心もあったようです。

人気の和スイーツと変わり種メニューでホッとひと息

両国 國技堂 2階でいただける和スイーツも大人気。イチオシは“墨田ブランド”にも選ばれた「おせんべいアイスのせクリームあんみつ」。そのほか、あんこ、みたらし、いそべの3本セットや、手づくりのクリーム白玉ぜんざい、お店で蒸した北海道産赤えんどう豆の寒天などなど、こだわりの自信作が揃っています。リピーターに年配の男性客も多いのだとか。
変わり種としてのおすすめは、「あんこコーヒー」。お好みであんことミルクをコーヒーに入れて飲むというスタイルで、これが意外にもマッチ。コーヒーゼリーのような、何とも不思議な味わいでした。

お腹をすかせてガッツリ食べたい人気メニュー

両国 國技堂 甘味処ではありますが、実はこのお店、知る人ぞ知る隠れランチスポット。力士たちがちゃんこ鍋のあとに食べにくるという、「カレー・ハッシュドビーフの合い盛り」が絶品なんです。
これはカレーとハッシュドビーフ、最後にその2つのコラボで一度に3つの味が楽しめてしまう贅沢メニュー。力士たちは、3合ぐらいの量のご飯とともにガシガシ食べるのだとか。大盛りともなればかなりの量になるようで、大食い腹ぺこの若者はぜひお試しあれ。「そんなに食べられないよ〜」という人には、お腹にやさしい雑炊やきしめんもあります。

両国 國技堂の基本情報

住所 東京都墨田区両国2-17-3
アクセス JR総武線「両国」駅西口より徒歩2分
お問い合わせ 03-3631-3856

両国 國技堂周辺のホテル・宿

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

アパホテル〈東日本橋駅前〉

アパホテル〈東日本橋駅前〉

東京23区

都営浅草線「東日本橋駅」出口目の前!東日本橋・馬喰横山・馬喰町の3駅3路線利用可能! 東京駅・羽田空港・成田空港乗換なし

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩2分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈神田駅東〉

アパホテル〈神田駅東〉

東京23区

JR神田駅から徒歩5分、東京駅から1駅の好立地。 新幹線や高速バス、成田・羽田空港も乗換1回とアクセス良好。

周辺の宿一覧へ

両国 國技堂周辺の観光スポット

日本の魅力が丸の内に集合! 東京駅の目の前にある商業施設

JPタワー「KITTE」

日本の魅力が丸の内に集合! 東京駅の目の前にある商業施設

JR東京駅南口前に2013年にオープンした商業施設「KITTE」。JPタワー内にある、日本郵便が運営…

気軽に落語が楽しめる! 落語ファンが集まる隠れ家的カフェ

らくごカフェ

気軽に落語が楽しめる! 落語ファンが集まる隠れ家的カフェ

古書の街・神田神保町。そのシンボル的存在ともいえる「神田古書センター」の中に、ユニークなスポットがあ…

創業160年を超える老舗で、しみじみ味わう名物団子

向島 言問団子

創業160年を超える老舗で、しみじみ味わう名物団子

「名にしおはば いざ言問はん 都鳥 我が思ふ人は ありやなしやと」。どこかで聞いたことがありませんか…

メイド・イン・ジャパンの魅力を再発見できる場所

Rin

メイド・イン・ジャパンの魅力を再発見できる場所

地方創生元年といわれた2015年を皮切りに、いま、地方の魅力、引いては日本の魅力を再発見しようという…

周辺のスポット記事一覧へ

top