高橋のらくろード(高橋商店街)
2016.5.8更新

名物は「のらくろ」グッズ。下町のちょっとディープでノスタルジックな商店街

高橋のらくろード(高橋商店街)

  • 散策・モデルコース

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

深川エリアでは名の通った「のらくろード(高橋商店街)」。昭和初期の国民的人気漫画「のらくろ」の作者・田河水泡が、青年期までを江東区で過ごしたことに由来します。通りを歩けば「のらくろ」の旗がはためき、町中とにかく「のらくろ」のオンパレード! 黒犬のユーモラスな姿にいつしか虜になっているかも。もっと知りたくなったら近くの「のらくろ館(2016年8月リニューアルオープン)」へ。深川ぶらり散歩におすすめ。

ゆるキャラの元祖「のらくろ」から始まる名物ロード

高橋のらくろード(高橋商店街) ここは地下鉄森下駅と清澄白河駅から程よい距離。清澄白河なら、「たかばし」から江戸百景で名高い小名木川が望めます。そのまま進めば「のらくろ看板」がお出迎え。一見、下町のよくある商店街なのに、元祖ゆるキャラ「のらくろ」の存在感は抜群です。名物は老舗の「のらくろどら焼き」や「のらくろせんべい」。あられと煎餅の違いを初めて知ったり、文具屋ではのらくろTシャツから便箋まで、店員さんが見せてくれるレアグッズにワクワクが止まりません。
仕事帰りなら焼き鳥「鳥長」。ときには力士や芸能人が訪れ、家族連れや一人客も少なくないとか。昔馴染みのお店が建ち並ぶなか、洒落たカフェなど、新しいお店も増えつつあります。

手づくりの「のらくろ」に囲まれて下町のよさを再発見!

高橋のらくろード(高橋商店街) ユーモラスな「のらくろ看板」。すべてプロが描いたと思いきや、実は商店街のお店「ブティック日花」店長自作もあるそう。のらくろだらけの大きな看板は必見。店内も一見、普通のブティックなのに、ディスプレイには洋服や雑貨に混ざってなぜか版画や木彫りの仏像。聞けば仏師で、版画家で、着物の帯もバッグに変えてしまうアーティスト。さすが偉大な職人を輩出する下町。スペインでも好評という猫の版画は特におすすめ。
店には近所の人がふらっとお茶を飲みに来て、そんな気のおけないつき合いもここではあたりまえ。お茶もサービスしてくれます。ちょっと辛口? でも懐はあったかい。下町ならではのちょっとディープな散策スポットです。

高橋のらくろード(高橋商店街)の基本情報

住所 東京都江東区高橋
アクセス 都営新宿線・大江戸線「森下」駅A6出口より徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅A1出口より徒歩3分
お問い合わせ -

高橋のらくろード(高橋商店街)周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ 2018年2月9日新築OPEN ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!岩本町駅、末広町駅も徒歩圏内でどこへ行くにも便利!全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料☆

アパホテル〈上野駅前〉

アパホテル〈上野駅前〉

東京23区

上野駅より徒歩5分。都心で周辺には多数レジャー有り、全室Wi-Fi完備でアメニティも豊富◎

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

東京23区

◆2018年6月5日オープン!◆ 舞浜駅から2駅(快速)12分、東京駅(新幹線)へも1駅2分(タクシー約7分)!

周辺の宿一覧へ

高橋のらくろード(高橋商店街)周辺の観光スポット

東京おでんといえばここ! 秘伝の出汁がたっぷり染みた絶品おでん

お多幸本店

東京おでんといえばここ! 秘伝の出汁がたっぷり染みた絶品おでん

日本橋にあるお多幸本店は、「おでん」といえば必ず名前が挙がる人気店。昼は名物の「とうめし定食」、夜は…

落語に漫才、曲芸、紙切り…。これぞ日本のエンタテインメント!

浅草演芸ホール

落語に漫才、曲芸、紙切り…。これぞ日本のエンタテインメント!

落語や漫才などが行われる場所を「寄席」といいますが、1日だけ行われる興行のことも「寄席」と名がつくこ…

秋葉原と御徒町の高架下を利用した「ものづくりの街」

2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)

秋葉原と御徒町の高架下を利用した「ものづくりの街」

かつては数多くの伝統工芸職人がいた御徒町駅周辺。その歴史を踏まえつつ、現代のセンスに合わせたギャラリ…

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

福徳神社(芽吹神社)

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

高層ビルが立ち並ぶ、日本橋室町の片隅にたたずむ小さな神社。鳥居も社殿も新しく、日本橋の再開発によって…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

木造の本堂は名古屋市内最大。阿弥陀如来を祀る徳川家の菩提寺

建中寺

木造の本堂は名古屋市内最大。阿弥陀如来を祀る徳川家の菩提寺

「建中寺」は、慶安4年(1651)に第2代尾張藩主の徳川光友がその父、徳川義直の菩提を弔うために建立…

福岡・博多のビル街にたたずむ憩いの日本庭園

楽水園

福岡・博多のビル街にたたずむ憩いの日本庭園

博多駅から歩いて10分ほどの日本庭園。明治後期に博多の商人・下澤善右衛門親正が別荘として建てたもので…

浅野川の七つ橋渡りコースを歩いてみよう

浅野川

浅野川の七つ橋渡りコースを歩いてみよう

金沢市内を流れる犀川と浅野川。金沢では、流れに勢いがある犀川を「男川」と呼ぶのに対し、人気の観光スポ…

幕府の軍勢を迎え撃つ! 数々の仕掛けが施された忍者寺

妙立寺

幕府の軍勢を迎え撃つ! 数々の仕掛けが施された忍者寺

加賀藩第3代藩主の前田常公によって寛永20年(1643)に創建された、金沢市内の日蓮宗寺院。六老僧と…

ショッピングの他の記事を見る

都会にぽっかり浮かび上がる巨大な宇宙船

オアシス21

都会にぽっかり浮かび上がる巨大な宇宙船

名古屋の都心、栄エリアに浮かび上がる楕円形のオブジェ。それが「オアシス21」です。レストランなどの商…

おしゃれなセレクトショップや桜並木で注目される散策スポット

中目黒駅周辺と目黒川

おしゃれなセレクトショップや桜並木で注目される散策スポット

ドラマの撮影現場としてテレビに登場することも多い目黒川。川沿いの桜並木は、都内でも有数のお花見スポッ…

浦安名物のはまぐりを焼いて70余年

さつまや蛤本舗 本店

浦安名物のはまぐりを焼いて70余年

「貝の町」浦安の味を今に伝える「元祖焼蛤本舗」、それが「さつまや蛤本舗」。本店は駅から4分ほどの場所…

建物がねじれながら空に伸びていくイメージ。斬新な建築デザインは一見の価値あり

モード学園 スパイラルタワーズ

建物がねじれながら空に伸びていくイメージ。斬新な建築デザインは一見の価値あり

名古屋駅東側を南北に走る名駅通りと、東西方向の広小路通が交差する笹島交差点の東南角に、信号待ちする人…

グルメなどの他の記事を見る

黄金色に輝くポテトの甘味に誘われ、行列が絶えない店

ポテト専門店「嶋屋本店」

黄金色に輝くポテトの甘味に誘われ、行列が絶えない店

オリジナルのポテト専門店として、全国から多くの人が買い求めにやって来るのが阿倍野筋の三島焼「嶋屋本店…

ひとりでもゆっくり過ごせるアジアンダイニング

PJ Bar&Ethnic Dining(ピージェーバーアンドエスニックダイニング)

ひとりでもゆっくり過ごせるアジアンダイニング

マンションが立ち並ぶ新浦安駅周辺。駅からちょっと離れると、どこかヨーロッパの町並みを思わせます。繁華…

徳島で育った果実から生まれるかわいい和菓子を召し上がれ

菓游茜庵 本店

徳島で育った果実から生まれるかわいい和菓子を召し上がれ

徳島市の中心、徳島駅。駅の北側は徳島中央公園、南側には繁華街が広がります。その間を縫うように東へ向か…

昔ながらの博多情緒を今に伝える、下町風情あふれる商店街

川端商店街

昔ながらの博多情緒を今に伝える、下町風情あふれる商店街

観光名所めぐりも楽しいですが、その町を知るには、地元の人々の生活に深く関わる場所を訪れるのが一番では…

江東・江戸川・葛西の他の記事を見る

個性豊かな一杯が味わえる サードウェーブコーヒーの街

清澄白河・カフェ巡り

個性豊かな一杯が味わえる サードウェーブコーヒーの街

「現代美術館」で知られるアートの街、清澄白河。コーヒーの焙煎所が点在し、コーヒー好きには以前からよく…

鉄道好きもたまらない! 下町のお風呂屋さん「友の湯」の魅力とは…?

友の湯

鉄道好きもたまらない! 下町のお風呂屋さん「友の湯」の魅力とは…?

JR総武線小岩駅南口より、昭和通り商店街を歩くこと約9分。鉄道好きの人たちに評判の銭湯「友の湯」があ…

大統領お墨付きの本格インド料理を召し上がれ

スパイスカフェフンザ

大統領お墨付きの本格インド料理を召し上がれ

葛西はインド出身の方が多い街。一説によると、近くを流れる荒川がガンジス川の流れに似ているからなのだと…

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

両国 國技堂

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

お相撲さんの町、両国に来たならばぜひ立ち寄りたいのが甘味処「両国 國技堂」。二代目ご主人考案の「あん…

東京都のホテル・旅館

top