高橋のらくろード(高橋商店街)

名物は「のらくろ」グッズ。下町のちょっとディープでノスタルジックな商店街

高橋のらくろード(高橋商店街)

  • 散策・モデルコース

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

深川エリアでは名の通った「のらくろード(高橋商店街)」。昭和初期の国民的人気漫画「のらくろ」の作者・田河水泡が、青年期までを江東区で過ごしたことに由来します。通りを歩けば「のらくろ」の旗がはためき、町中とにかく「のらくろ」のオンパレード! 黒犬のユーモラスな姿にいつしか虜になっているかも。もっと知りたくなったら近くの「のらくろ館(2016年8月リニューアルオープン)」へ。深川ぶらり散歩におすすめ。

ゆるキャラの元祖「のらくろ」から始まる名物ロード

高橋のらくろード(高橋商店街) ここは地下鉄森下駅と清澄白河駅から程よい距離。清澄白河なら、「たかばし」から江戸百景で名高い小名木川が望めます。そのまま進めば「のらくろ看板」がお出迎え。一見、下町のよくある商店街なのに、元祖ゆるキャラ「のらくろ」の存在感は抜群です。名物は老舗の「のらくろどら焼き」や「のらくろせんべい」。あられと煎餅の違いを初めて知ったり、文具屋ではのらくろTシャツから便箋まで、店員さんが見せてくれるレアグッズにワクワクが止まりません。
仕事帰りなら焼き鳥「鳥長」。ときには力士や芸能人が訪れ、家族連れや一人客も少なくないとか。昔馴染みのお店が建ち並ぶなか、洒落たカフェなど、新しいお店も増えつつあります。

手づくりの「のらくろ」に囲まれて下町のよさを再発見!

高橋のらくろード(高橋商店街) ユーモラスな「のらくろ看板」。すべてプロが描いたと思いきや、実は商店街のお店「ブティック日花」店長自作もあるそう。のらくろだらけの大きな看板は必見。店内も一見、普通のブティックなのに、ディスプレイには洋服や雑貨に混ざってなぜか版画や木彫りの仏像。聞けば仏師で、版画家で、着物の帯もバッグに変えてしまうアーティスト。さすが偉大な職人を輩出する下町。スペインでも好評という猫の版画は特におすすめ。
店には近所の人がふらっとお茶を飲みに来て、そんな気のおけないつき合いもここではあたりまえ。お茶もサービスしてくれます。ちょっと辛口? でも懐はあったかい。下町ならではのちょっとディープな散策スポットです。

高橋のらくろード(高橋商店街)の基本情報

住所 東京都江東区高橋
アクセス 都営新宿線・大江戸線「森下」駅A6出口より徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「清澄白河」駅A1出口より徒歩3分
お問い合わせ -

高橋のらくろード(高橋商店街)周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈銀座 宝町〉

アパホテル〈銀座 宝町〉

東京23区

宝町駅から徒歩1分、京橋駅徒歩3分、東京駅徒歩9分の好立地!羽田空港から乗り換えなし40分!

アパホテル〈新富町駅前〉

アパホテル〈新富町駅前〉

東京23区

「新富町」「築地駅」が駅近、徒歩5分!アパホテルオリジナルの枕と布団で安眠をお約束。こわだり食材の旬の料理を堪能♪

アパホテル〈神田駅東〉

アパホテル〈神田駅東〉

東京23区

JR神田駅から徒歩5分、東京駅から1駅の好立地。 新幹線や高速バス、成田・羽田空港も乗換1回とアクセス良好。

周辺の宿一覧へ

高橋のらくろード(高橋商店街)周辺の観光スポット

人気は変わらず、いつの時代も東京のシンボル

東京タワー

人気は変わらず、いつの時代も東京のシンボル

「東京タワー」は通算来場者数が2億人に迫る、東京観光の定番。はとバスツアーだけでも20を超えるコース…

神田明神でお参りした後は、ぜひとも立ち寄りたい歴史あるお茶屋さん

天野屋

神田明神でお参りした後は、ぜひとも立ち寄りたい歴史あるお茶屋さん

旅行や仕事で神田を訪れたとき、せっかくだから神田明神に立ち寄っていこうと考える人は多いことでしょう。…

超高層ビルに囲まれた湾岸エリアの由緒正しい日本庭園で癒される

浜離宮恩賜庭園

超高層ビルに囲まれた湾岸エリアの由緒正しい日本庭園で癒される

江戸時代の代表的な大名庭園であり徳川将軍家ゆかりの地でもある「浜離宮恩賜庭園」。首都高速が真横を走る…

リーズナブルに珠玉の和食を楽しめる「おひとりさま懐石」

室町 三谷屋

リーズナブルに珠玉の和食を楽しめる「おひとりさま懐石」

「室町 三谷屋」は、2014年秋に開業した日本料理店。小さなビルの地下にあるため、通りからはなかなか…

周辺のスポット記事一覧へ

top