cafe asan(カフェ アサン)

パンケーキが自慢! ハンモックでゆったり過ごせる人気のカフェ

cafe asan(カフェ アサン)

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

秋葉原駅と御徒町駅の間、高架下をリノベーションした商業施設「2k540 AKI-OKA ARTISAN(ニーケーゴーヨンマル アキオカ アルチザン)」。工芸品や雑貨を扱う多彩なショップに混じり、大人気のカフェがある。それが「café asan」。フリーWi-Fiに電源、備え付けのiPadが使い放題であるばかりか、もちろんカフェ&スイーツも大人気なんだとか。これは一度行ってみなきゃならないですよね!

予約必須? 大人気のハンモックカフェ

cafe asan(カフェ アサン) 「café asan」は「2k540」という商業施設の中にある。高架下を利用したとは思えない素敵なスペースで、秋葉原電気街のはずれであるにも関わらず、人通りは多い。
「カフェ アサン」の特徴は、カウンターにハンモックタイプの席があること。カウンターにはフリーWi-Fiや電源を完備し、iPadも備え付けられている。近年はサクッとリフレッシュするスタイルのカフェが主流だが、ここはゆったりくつろげる場所。得意先を回る合間に、Wi-Fiと電源を使ってひと仕事、なんていう利用方法もよさそうだ。
ただし、人気店だけあって、満席・入店不可になることもありえる。確実に入店したいなら、予約しておくことをオススメします!

ハンモックに包まれてリラックスタイム

cafe asan(カフェ アサン) 訪れたのは平日の午後4時頃だったが、店内はほぼ満席。お目当てのハンモック席は……当然いっぱいです。やはり予約しておけばよかったなあ。
それにしてもハンモック席のお客さんはリラックスしている。6つあるハンモック席の間にはスツールが置かれ、ペアで来たお客さんは交代でハンモックに座って、ゆらゆら感を楽しんでいる。なかにはウトウトしている人も。
ちなみに「アサン(asan)」の名は、「アジアンアニメーション」が元。漫画やアニメの資料も置いてあるので、アニメショップ目当てで秋葉原を訪れた人にはうってつけのカフェだ。もっとも、お客さんのタイプはさまざまなようで、訪れたときは、女性のペアや男女カップルが目立ちましたよ。

一番人気はボリューム満点のスフレホットケーキ!

cafe asan(カフェ アサン) ランチメニューも好評だが、一番人気はスフレホットケーキ。ふわふわで分厚いホットケーキがベースで、メープルクリームチーズやラムレーズン、ハニーバター、シナモンアップルなど、さまざまなトッピングが選べる。ボリューム満点で、R(レギュラー)サイズでも一人ではちょっと食べきれないほど!
早速オーダー!と思ったのだが、なんとラストオーダー18時ということで断念……(時間前でも売り切れることがあるそう)。さらに、注文を受けてから焼き上げるまでに30〜40分かかるんだとか。泣く泣く頼んだチーズケーキ(写真)は十分美味しかったけれど、次に訪れるときは「ハンモック席でスフレホットケーキ」をぜひ実現したいものです。

cafe asan(カフェ アサン)の基本情報

住所 東京都台東区上野5-9-9 2k540内
アクセス JR総武線・山手線・京浜東北線「秋葉原」駅より徒歩6分。電気街口を出て右、もしくは中央改札口を出て左方向へ。山手線・京浜東北線の線路沿いに「御徒町」駅方面へ進む
JR山手線・京浜東北線「御徒町」駅からは徒歩4分
お問い合わせ 03-6803-0502

cafe asan(カフェ アサン)周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈銀座 京橋〉

アパホテル〈銀座 京橋〉

東京23区

上野・新橋・渋谷へ乗換えなしでアクセス抜群!朝食は体に嬉しい和食バイキングをご用意!全客室Wi-Fi無料接続可能。

東武ホテルレバント東京

東武ホテルレバント東京

東京23区

≪東京スカイツリー(R)オフィシャルホテル≫ 東京観光に便利◎錦糸町駅徒歩3分 TDLへの無料シャトルバスも毎日運行

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

東京23区

豊かな自然とアートを感じさせるラグジュアリーホテル。高層階から都心の夜景を眺める優雅なひとときを。アクセスも抜群です。

周辺の宿一覧へ

cafe asan(カフェ アサン)周辺の観光スポット

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

江戸東京博物館

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

両国国技館の後方にそびえる「江戸東京博物館」では、江戸から現代までの歴史と文化を楽しみながら学べます…

江戸時代から続く老舗で、毎日を彩る和紙小物を

榛原(はいばら)

江戸時代から続く老舗で、毎日を彩る和紙小物を

再開発が進む東京・日本橋にある、創業200年の和紙舗「榛原」。老舗として確かな品質を保ちながら、現代…

東京下町ソウルフードのひとつ、桜鍋を堪能してみてはいかが?

桜鍋 みの家 本店

東京下町ソウルフードのひとつ、桜鍋を堪能してみてはいかが?

東京のソウルフードといえば、もんじゃ焼きに江戸前寿し、深川丼、どぜう鍋を思い起こす人が多いかも。でも…

名物は「のらくろ」グッズ。下町のちょっとディープでノスタルジックな商店街

高橋のらくろード(高橋商店街)

名物は「のらくろ」グッズ。下町のちょっとディープでノスタルジックな商店街

深川エリアでは名の通った「のらくろード(高橋商店街)」。昭和初期の国民的人気漫画「のらくろ」の作者・…

周辺のスポット記事一覧へ

top