野球殿堂博物館&ビッグ・オー

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

野球殿堂博物館&ビッグ・オー

  • 定番

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

周辺のホテル・宿へ

東京ドーム、東京ドームホテルを中心としたエリアが「東京ドームシティ」。年間3500万人もの人が訪れる東京都内での屈指のエンターテイメントゾーンです。エリア内には、前述の施設のほか、「後楽園ゆうえんち」から2003年(平成15年)に名称変更した「東京ドームシティ アトラクションズ」、リラクゼーション&フィットネス施設「ラクーア」、格闘技の聖地「後楽園ホール」などがあり、世代を越えて誰でも楽しめます。

日本で唯一の野球専門博物館「野球殿堂博物館」

野球殿堂博物館&ビッグ・オー

東京ドームには、野球ファンにはたまらない博物館が併設されてます。それが「野球殿堂博物館」。東京ドーム21ゲート隣に博物館の入り口があって、入場料は大人600円、小中学生200円です。
館内には、野球殿堂入りした人々の肖像レリーフが飾られているほか、常設展示のプロ野球、アマチュア野球、野球の歴史ゾーンが設けられ、映像シアターでは120インチの大画面で日本シリーズなどの映像も鑑賞可能。
イベントホールのバッターボックス体験コーナーでは、映像によるプロの投手と対戦も可能。収蔵品の数はなんと4万点にも及び、その中から2,000点ほどが常時展示されています。

写真提供:公益財団法人野球殿堂博物館

地上80mの遊覧が楽しめる「ビッグ・オー」

野球殿堂博物館&ビッグ・オー

東京ど真ん中の遊園地として人気なのが「東京ドームシティ アトラクションズ」。6つのエリアに分かれている園内は入場無料で、アトラクション毎に料金を払うシステム。フラッと寄って一つだけアトラクションを楽しむこともOK。
おすすめは観覧車の「ビッグ・オー」。これは真ん中が空いている世界初のリング型観覧車で、地上80mから東京の景色が一望できる人気のアトラクション。定員4人のゴンドラは冷暖房完備、かつBGMも選べるという豪華仕様です。15分の乗車中は快適そのもので、夜景を眺めながら盛り上がること間違いなし。
真ん中を最高時速130kmのコースター「サンダードルフィン」がくぐり抜ける瞬間は、迫力満点です!

野球殿堂博物館&ビッグ・オーの基本情報

住所 東京都文京区後楽1-3-61
アクセス JR総武線「水道橋」駅東口より徒歩5分
都営三田線「水道橋」駅A5出口より徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅より徒歩2分
お問い合わせ 〈野球殿堂博物館〉
03-3811-3600
〈東京ドームシティわくわくダイヤル〉
03-5800-9999

野球殿堂博物館&ビッグ・オー周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ 2018年2月9日新築OPEN ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパホテル〈日本橋 馬喰町駅北〉

アパホテル〈日本橋 馬喰町駅北〉

東京23区

■2018年4月13日新築オープン■東京駅から2駅5分「JR馬喰町駅」徒歩2分

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

東京23区

◆2018年6月5日オープン!◆ 舞浜駅から2駅(快速)12分、東京駅(新幹線)へも1駅2分(タクシー約7分)!

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

周辺の宿一覧へ

野球殿堂博物館&ビッグ・オー周辺の観光スポット

豪華なタレントたちが毎日登場する、原宿駅前の新ランドマーク!

AmebaFRESH!Studio

豪華なタレントたちが毎日登場する、原宿駅前の新ランドマーク!

著名人も数多く利用しているブログサービス、「アメーバブログ」でおなじみの「Ameba」。「Ameba…

日本酒が原価で飲める激安居酒屋

日本酒原価酒蔵 新橋本店

日本酒が原価で飲める激安居酒屋

新橋は舌の肥えたビジネスマンが多く、安くてうまい店が集まる居酒屋激戦区。そのエリアで、全国各地の酒蔵…

東京都内でオススメの「激ウマ!お肉」に出会えるお店特集

肉好き必見!美味~いお肉を堪能できる10店

東京都内でオススメの「激ウマ!お肉」に出会えるお店特集

美味しいお肉を、どうしようもなく「無性に食べたあああい!」という気持ちになるときってありませんか?旅…

東京のど真ん中で本格的なモータースポーツを体験!?

レーシングシミュレーターD.D.R池袋店

東京のど真ん中で本格的なモータースポーツを体験!?

秋葉原、中野と並び三大オタクの聖地とも呼ばれる、カルチャーの街、池袋。副都心線が乗り入れ、新宿や渋谷…

周辺のスポット記事一覧へ

体験・アミューズメントの他の記事を見る

船から眺める川岸の風景が新鮮! 江戸情緒漂う粋な船遊び

東京湾屋形船

船から眺める川岸の風景が新鮮! 江戸情緒漂う粋な船遊び

江戸時代には若旦那衆の粋な遊びとされた船遊び。船から眺める四季折々の川岸の景色やスカイツリー、レイン…

雨でも大丈夫!ゲームもアトラクションも遊び放題の屋内テーマパーク

梅田ジョイポリス

雨でも大丈夫!ゲームもアトラクションも遊び放題の屋内テーマパーク

大阪・梅田のシンボル、赤い観覧車で知られる複合商業施設「HEP FIVE」。その8、9階にある屋内型…

初心者にも優しいシューティングレンジでストレス発散!

シューティングレンジ TARGET-1秋葉原店

初心者にも優しいシューティングレンジでストレス発散!

「手ぶらでふらっと立ち寄れる面白い場所を探している」「日頃のストレスをスカッと発散したい」「刺激的な…

大人も子供も楽しめる熱海の湯遊びテーマパーク

マリンスパあたみ

大人も子供も楽しめる熱海の湯遊びテーマパーク

熱海の温泉をご家族やカップル、気の合う仲間で楽しめる、全天候型の温水プール&スパ施設です。12種類の…

エンタメの他の記事を見る

道頓堀に笑いの小屋がユニークな建物で再スタートし、新名所に

道頓堀角座

道頓堀に笑いの小屋がユニークな建物で再スタートし、新名所に

かつて演芸のメッカとして“道頓堀五座”があり、お笑いの殿堂とされた「道頓堀角座」が、黒と赤のユニーク…

野趣あふれる本格BBQを手ぶらで堪能できる都会のアウトドアパーク

WILD MAGIC

野趣あふれる本格BBQを手ぶらで堪能できる都会のアウトドアパーク

都心からすぐにアクセスできる、江東区の豊洲エリア。WILD MAGICは、その豊洲でBBQや非日常的…

ワンコインで神戸を満喫☆山と海から眺める神戸の夜景ツアー!

神戸夜景ツアーNIGHT VIEW TOUR

ワンコインで神戸を満喫☆山と海から眺める神戸の夜景ツアー!

1000万ドルの夜景と称される神戸は海側、山側と絶景スポットがたくさん! 神戸の魅力をぜ~んぶ見たい…

ナゴヤから新しいモノ、楽しいコトを発信する文化情報基地

ナディアパーク

ナゴヤから新しいモノ、楽しいコトを発信する文化情報基地

デザインやアート、ショッピングなど、国際都市ナゴヤのさまざまな情報発信基地が「ナディアアパーク」です…

定番などの他の記事を見る

一枚でOK☆東京メトロ一日券で巡れるおすすめ東京観光スポット30

【東京メトロ一日乗車券で巡る】おすすめの観光スポット30選

一枚でOK☆東京メトロ一日券で巡れるおすすめ東京観光スポット30

東京の交通機関のかなめとなる東京メトロ。地下を通り、東京の観光スポットにアクセスできる一日券が600…

肉の旨味が存分に味わえる赤城牛を使ったステーキ丼

上尾ごはん

肉の旨味が存分に味わえる赤城牛を使ったステーキ丼

「お洒落なカフェ?」と間違えそうな店構えは、実はステーキ丼とカレーライスのお店。美味しいものをリーズ…

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園

殿様も民とともに楽しんだ、水戸が誇る名日本庭園

偕楽園は国の史跡および名勝。金沢の「兼六園」、岡山の「後楽園」とともに日本三名園と呼ばれる日本庭園の…

淡路島直送の新鮮な海の幸をその場で焼いて食べる、街なかの隠れ家

海物焼 新島水産 福島店

淡路島直送の新鮮な海の幸をその場で焼いて食べる、街なかの隠れ家

激しい潮流がぶつかり合う鳴門と明石の海峡に挟まれた淡路島では、良質な海産物が水揚げされます。それを新…

お茶の水・湯島・後楽園の他の記事を見る

【おすすめスポット5選】本の街「神保町」をぶらっと散策

東京散歩シリーズ~神保町編~

【おすすめスポット5選】本の街「神保町」をぶらっと散策

古書街として知られる神田神保町は、ふらっと散策するだけでも楽しめる街。今回は定番から穴場まで神保町散…

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

野球殿堂博物館&ビッグ・オー

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

東京ドーム、東京ドームホテルを中心としたエリアが「東京ドームシティ」。年間3500万人もの人が訪れる…

ブランド直営店が集まった登山用品専門店

ici club 神田

ブランド直営店が集まった登山用品専門店

登山用品の量販店では、さまざまなブランドの商品を扱っていますが、扱うブランド数が多くなれば、必然的に…

メイド・イン・ジャパンの魅力を再発見できる場所

Rin

メイド・イン・ジャパンの魅力を再発見できる場所

地方創生元年といわれた2015年を皮切りに、いま、地方の魅力、引いては日本の魅力を再発見しようという…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top