湯島聖堂

ユニークな2種類の霊獣が住まう孔子廟

湯島聖堂

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

JR御茶ノ水駅から聖橋を渡り、しばらく歩くと右手の森の中に「湯島聖堂」が見えてきます。ここは元禄3年(1690)に江戸幕府の五代将軍徳川綱吉が、上野の林羅山邸内の孔子廟を湯島の地に移したもの。移転後は「大成殿」と名を改められ、施設の総称を「聖堂」と呼ぶようになりました。その大成殿の上には、何やら不思議なカタチをした動物も…。

江戸時代に著名な昌平坂学問所を開設

湯島聖堂 湯島聖堂は、寛政9年(1797)第11代将軍の家斉の時代に幕府の儒学を教える学校「昌平坂学問所」となりました。その後、大正11年(1922)に国の史跡に指定されましたが、翌年に起きた関東大震災では入徳門・水屋以外の建物を焼失。昭和10年(1935)に鉄筋コンクリートで再建され、現在に至ります。
ここは日本の学校教育発祥の地ともいわれるところ。本郷通り沿いの西門を入ると、まず左側に杏壇門(きょうだんもん)、その向こうに大成殿が位置しています。大成殿内には、孔子像のほかにも、孔子の高弟であった孟子・顔子・曽子・子思の四賢人が祀られています。入場は無料。ただし、大成殿内は土日祝日のみの公開です。

龍の頭を持つ鬼頭が湯島聖堂を火事から守る

湯島聖堂 ここで大成殿の屋根に注目。この屋根は、銅板葺きで青緑色をしているのが特徴ですが、その屋根の大棟の両端に、一見鯱(しゃちほこ)のような飾りが載せられています。これは「鬼頭」(きぎんとう)と呼ばれる想像上の動物。鯱は虎の頭を持った魚ですが、鬼頭は龍の頭を持ち、頭から水を吹き上げています。江戸時代に何度も大火に見舞われた大成殿を火事から守ってほしいという思いから、こんなユニークな鯱がつけられたのでしょう。

聖人の徳を感じて現れる霊獣、鬼龍子

湯島聖堂 大成殿の屋根の上には、もうひとつ奇妙な神様が。隅棟の端の鬼瓦があるところに鎮座している鬼龍子(きりゅうし)です。狛犬のようですが、よく見るとお腹に鱗があるのがわかります。
これは「すう虞」という霊獣で、聖人の徳を感じて現れるそうです。現在の屋根の上の鬼頭と鬼龍子は、昭和10年に再建されたとき、建築家の伊東忠太によってつくられたもの。しかし、寛政年間につくられた本物の鬼頭と鬼龍子も現存し、大成殿内に展示されています。
湯島聖堂は、湯島天神とともに学問成就の神様。受験シーズンには、多くの学生たちが両神社を参拝に訪れます。勉強は一生。すでに学校を卒業している人だって、参拝して損はありませんよ。

湯島聖堂の基本情報

住所 東京都文京区湯島1-4-25
アクセス JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅聖橋口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩2分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩2分
お問い合わせ 〈公益財団法人斯文会事務局〉
03-3251-4606

湯島聖堂周辺のホテル・宿

アパホテル〈浅草蔵前〉

アパホテル〈浅草蔵前〉

東京23区

蔵前駅徒歩約2分の駅チカ好立地!「東京スカイツリー」が鑑賞できるビュールーム♪全室有線LANとWi-Fiが無料接続可能

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

東京23区

豊かな自然とアートを感じさせるラグジュアリーホテル。高層階から都心の夜景を眺める優雅なひとときを。アクセスも抜群です。

周辺の宿一覧へ

湯島聖堂周辺の観光スポット

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

Zeppブルーシアター六本木

迫力と感動! 新感覚のライブ・エンタテインメント空間

本格的なライブ・エンタテインメントを見るというならココ。 900席もあるのに、キャストの息づかいまで…

かわいいケーキならココ! 池袋発のスイーツショップ

パティスリー・マリアージュ池袋店

かわいいケーキならココ! 池袋発のスイーツショップ

チョコレートの本場であるベルギーやルクセンブルクなどで修業したという、高崎享シェフが店主を務めるケー…

レトロ紙芝居で昭和へタイムスリップ!

自転車紙芝居 源吾朗

レトロ紙芝居で昭和へタイムスリップ!

娯楽の少なかった戦後の日本で、子どもたちに大人気だった街頭紙芝居。そんな団塊世代には懐かしい紙芝居を…

日本のエンタテイメントを育てた浅草六区の代表スポット

浅草ROX

日本のエンタテイメントを育てた浅草六区の代表スポット

浅草六区は、明治時代から見世物小屋や芝居小屋が並び、昭和の中頃までは、日本を代表する歓楽街としてにぎ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top