湯島聖堂
2016.5.5更新

ユニークな2種類の霊獣が住まう孔子廟

湯島聖堂

  • 公園・名所・史跡

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

JR御茶ノ水駅から聖橋を渡り、しばらく歩くと右手の森の中に「湯島聖堂」が見えてきます。ここは元禄3年(1690)に江戸幕府の五代将軍徳川綱吉が、上野の林羅山邸内の孔子廟を湯島の地に移したもの。移転後は「大成殿」と名を改められ、施設の総称を「聖堂」と呼ぶようになりました。その大成殿の上には、何やら不思議なカタチをした動物も…。

江戸時代に著名な昌平坂学問所を開設

湯島聖堂 湯島聖堂は、寛政9年(1797)第11代将軍の家斉の時代に幕府の儒学を教える学校「昌平坂学問所」となりました。その後、大正11年(1922)に国の史跡に指定されましたが、翌年に起きた関東大震災では入徳門・水屋以外の建物を焼失。昭和10年(1935)に鉄筋コンクリートで再建され、現在に至ります。
ここは日本の学校教育発祥の地ともいわれるところ。本郷通り沿いの西門を入ると、まず左側に杏壇門(きょうだんもん)、その向こうに大成殿が位置しています。大成殿内には、孔子像のほかにも、孔子の高弟であった孟子・顔子・曽子・子思の四賢人が祀られています。入場は無料。ただし、大成殿内は土日祝日のみの公開です。

龍の頭を持つ鬼頭が湯島聖堂を火事から守る

湯島聖堂 ここで大成殿の屋根に注目。この屋根は、銅板葺きで青緑色をしているのが特徴ですが、その屋根の大棟の両端に、一見鯱(しゃちほこ)のような飾りが載せられています。これは「鬼頭」(きぎんとう)と呼ばれる想像上の動物。鯱は虎の頭を持った魚ですが、鬼頭は龍の頭を持ち、頭から水を吹き上げています。江戸時代に何度も大火に見舞われた大成殿を火事から守ってほしいという思いから、こんなユニークな鯱がつけられたのでしょう。

聖人の徳を感じて現れる霊獣、鬼龍子

湯島聖堂 大成殿の屋根の上には、もうひとつ奇妙な神様が。隅棟の端の鬼瓦があるところに鎮座している鬼龍子(きりゅうし)です。狛犬のようですが、よく見るとお腹に鱗があるのがわかります。
これは「すう虞」という霊獣で、聖人の徳を感じて現れるそうです。現在の屋根の上の鬼頭と鬼龍子は、昭和10年に再建されたとき、建築家の伊東忠太によってつくられたもの。しかし、寛政年間につくられた本物の鬼頭と鬼龍子も現存し、大成殿内に展示されています。
湯島聖堂は、湯島天神とともに学問成就の神様。受験シーズンには、多くの学生たちが両神社を参拝に訪れます。勉強は一生。すでに学校を卒業している人だって、参拝して損はありませんよ。

湯島聖堂の基本情報

住所 東京都文京区湯島1-4-25
アクセス JR中央線・総武線「御茶ノ水」駅聖橋口より徒歩2分
東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩2分
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅より徒歩2分
お問い合わせ 〈公益財団法人斯文会事務局〉
03-3251-4606

湯島聖堂周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ 2018年2月9日新築OPEN ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

東京23区

◆2018年6月5日オープン!◆ 舞浜駅から2駅(快速)12分、東京駅(新幹線)へも1駅2分(タクシー約7分)!

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩2分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

周辺の宿一覧へ

湯島聖堂周辺の観光スポット

政治の歴史を学びながら美味しいランチも楽しめる

衆議院憲政記念館

政治の歴史を学びながら美味しいランチも楽しめる

政治のことなんて難しい! と思っている人も、この憲政記念館を訪れたら、身近なものに変わっちゃうかもし…

忙しい朝や昼食に、おむすび専門店でホッと一息

おむすび稲香屋

忙しい朝や昼食に、おむすび専門店でホッと一息

東京に来たからには、やっぱり有名なレストランなどで食事を楽しみたいという方は多いはず。でも、そういう…

【上野・浅草・日暮里・葛飾】都内でも楽しめる!活気ある下町の商店街5選

下町情緒あふれる食べ歩きスポット

【上野・浅草・日暮里・葛飾】都内でも楽しめる!活気ある下町の商店街5選

東京には食べ歩きにぴったりの商店街が多数あります。言わずと知れたお馴染みの「浅草仲見世商店街」をはじ…

本格イタリアンを堪能できる銀座の隠れ家的名店

シャトーT.S 銀座

本格イタリアンを堪能できる銀座の隠れ家的名店

イタリアンというと、このごろ「明るい雰囲気の店内でお手軽に食事を楽しむ」というイメージが主流。気取り…

周辺のスポット記事一覧へ

公園・名所・史跡の他の記事を見る

青島観光の拠点にも! 南国ムード満点の植物園

宮交ボタニックガーデン青島

青島観光の拠点にも! 南国ムード満点の植物園

「鬼の洗濯板」と呼ばれる奇岩に囲まれた、青島。そこに生息する植物を保護したり、南国の植物を宮崎で育て…

貴重な干潟を訪れる野鳥たちを眺めて、癒しのひとときを過ごす

谷津干潟自然観察センター

貴重な干潟を訪れる野鳥たちを眺めて、癒しのひとときを過ごす

東京湾の最奥部にある「谷津干潟」は、北海道の釧路湿原や、福島県の尾瀬などと並び、「ラムサール条約登録…

幕末から大正までの横浜の歴史を今に伝える歴史資料館

横浜開港資料館

幕末から大正までの横浜の歴史を今に伝える歴史資料館

日本大通りを挟んで神奈川県庁の向かいにある横浜開港資料館は、横浜の歴史的資料を収集・展示・閲覧公開す…

京都・北野天満宮の分霊を祀る千年超の歴史がある天満宮

福岡・北野天満宮

京都・北野天満宮の分霊を祀る千年超の歴史がある天満宮

学業の神様として有名な菅原道真公を祀る天満宮としては、京都の北野天満宮と福岡の太宰府天満宮が全国的に…

芸術・文化施設の他の記事を見る

本牧に、和の魅力あふれる風雅な合掌づくりを発見!

旧矢箆原家住宅(横浜三渓園内)

本牧に、和の魅力あふれる風雅な合掌づくりを発見!

先進的な都市開発が行われる一方で、歴史的建造物も多い横浜。新旧織り交ぜた街歩きを楽しめるのが魅力です…

レトロな港町の雰囲気が味わえる門司港でゆったりと洋館巡り

門司港レトロ

レトロな港町の雰囲気が味わえる門司港でゆったりと洋館巡り

明治22年(1889)の開港以降、国際貿易港として栄えた門司港。門司港レトロと呼ばれる港町エリアには…

江戸時代へ時間旅行! 見て聞いて、触れて学べる深川の庶民の暮らし

江東区深川江戸資料館

江戸時代へ時間旅行! 見て聞いて、触れて学べる深川の庶民の暮らし

東京メトロ半蔵門線清澄白河駅より3分ほど。昔ながらの町並みが見られる深川江戸資料館通りから、時間旅行…

日本の歴史と科学技術の発展をじかに体感してみませんか?

国立科学博物館

日本の歴史と科学技術の発展をじかに体感してみませんか?

自然史・科学技術史に関する総合博物館である国立科学博物館。1877(明治10)年に設立された、国内で…

お茶の水・湯島・後楽園の他の記事を見る

持っているだけで、仕事も勉強も楽しくなってくるオリジナル文房具

yuruliku

持っているだけで、仕事も勉強も楽しくなってくるオリジナル文房具

やらなきゃいけないとわかっているのに、どうしてもやる気が起きない仕事や勉強。誰にだって、そういう気持…

アボカド好きは必見! 神保町の片隅にあるアボカド天国

avocafe

アボカド好きは必見! 神保町の片隅にあるアボカド天国

神保町には美味しいご飯が食べられるお店がひしめきあっています。でも、普段からこの街になじみのある人な…

御茶ノ水駅前に佇む、ビジネスマンたちのオアシス

ソラシティプラザ

御茶ノ水駅前に佇む、ビジネスマンたちのオアシス

JR御茶ノ水駅の聖橋口を出ると、目に飛び込んでくる超高層ビルが御茶ノ水ソラシティ。基本的にさまざまな…

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

神田古書店街

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

地下鉄神保町駅を降りて地上に出ると、そこは神保町交差点。この界隈は「神田古書店街」(神田神保町古書店…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

東京都のホテル・旅館

top