日本サッカーミュージアム

ワールドカップの興奮が蘇る。日本サッカーのすべてがここに!

日本サッカーミュージアム

  • 定番

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

「日本サッカーミュージアム」は、日本のサッカーの歴史と文化を次世代の人たちに継承、普及させるために、2003年12月22日に設立されました。多い年で年間約7万人もの人々が訪れる人気の施設です。90年を超える日本サッカーの歴史を、トロフィーやユニフォームなどの展示物、写真や映像などさまざまな資料で身近に知ることができ、日本のサッカーのすべてが、ここに集まっているといっても過言ではありません。

円陣に入ってナショナルチームの仲間入り!

日本サッカーミュージアム

館内は3つのフロアに分かれています。入口を抜けるとそこは1F「アッパースタンド」。ゲストを招いてのトークショーなどイベントが行なわれる多目的空間「ヴァーチャルスタジアム」があります。
B1「ロゥアースタンド」にあるのは、展示スペース「日本サッカー殿堂」、資料を閲覧できる「レファレンスルーム」、J1からJ3の各クラブのことが分かる「Jリーグコーナー」です。
有料フロアのB2「ピッチ」でまず目に入るのが2002年6月9日FIFAワールドカップでの初勝利を挙げたロシア戦のスターティングメンバーの円陣を再現した人形たち。着ているユニフォームは、もちろん当時のもの。一人分のスペースが空いているので、記念撮影に最適です。

FIFAワールドカップ優勝トロフィーが目の前に

日本サッカーミュージアム

B2「ピッチ」の展示コーナーには、1968年メキシコオリンピックの銅メダルや、FIFA女子ワールドカップ ドイツ 2011優勝トロフィーのほか、FIFAワールドカップ優勝トロフィーのレプリカなどが飾られ、150インチのスクリーンを配した3Dシアターで迫力の映像が楽しめます。
特別企画展示では、ワールドカップや国内大会の開催に合わせたもの、歴史をテーマにしたものなどの展示を行なっています。また、B1のショップ“FLAGS TOWN”では、オリジナルグッズやJリーズのオフィシャルグッズを販売。購入した日本代表ユニフォームに、好きな名前と番号を有償で入れてくれるサービスもあります。

日本サッカーミュージアムの基本情報

住所 東京都文京区サッカー通り(本郷3-10-15) JFAハウス
アクセス JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水」駅より徒歩7分
お問い合わせ 03-3830-2002

日本サッカーミュージアム周辺のホテル・宿

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩2分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈浅草 雷門〉

アパホテル〈浅草 雷門〉

東京23区

«2017年10月17日にNEWオープン!»都営浅草線「浅草駅」より徒歩約2分と好立地。ビジネス・観光に便利なホテル。

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

周辺の宿一覧へ

日本サッカーミュージアム周辺の観光スポット

手軽に楽しめるベルギー直輸入の樽生ビール

デリリウムカフェ GINZA

手軽に楽しめるベルギー直輸入の樽生ビール

醸造家との直接交渉により、ベルギー直輸入の樽生ビールが40種類も揃っているのが「デリリウムカフェ G…

東京の下町にワイナリー!? 極上イタリアンとともにいただきます

清澄白河フジマル醸造所

東京の下町にワイナリー!? 極上イタリアンとともにいただきます

東京産ワインをじっくり堪能する、そんなひとときはいかが? ここは下町にひっそりと建つワイナリー。関東…

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

両国 國技堂

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

お相撲さんの町、両国に来たならばぜひ立ち寄りたいのが甘味処「両国 國技堂」。二代目ご主人考案の「あん…

食べて遊んでまた食べて。1日過ごせる池袋のアミューズメントスポット

ナンジャタウン

食べて遊んでまた食べて。1日過ごせる池袋のアミューズメントスポット

食べて遊んで、お土産買って満喫したい! を叶えてくれる屋内テーマパークが池袋の名所「ナンジャタウン」…

周辺のスポット記事一覧へ

top