豊島屋本店

海外の人たちからも愛される“東京の地酒”が買えるお店

豊島屋本店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

「地酒」と聞いてどこのお酒を思い浮かべますか? 「八海山」や「越乃寒梅」の新潟県、「菊正宗」の兵庫県など、日本酒造りで有名な地方は全国にいろいろ。でも、東京にだって素晴らしい地酒があるのです。東京のど真ん中、ここ「豊島屋本店」は、“江戸・東京の地酒”を醸造・販売している老舗。出張や旅行の東京土産にも、もちろん滞在先での一杯にも、せっかく東京に来たならば江戸の地酒を選んでみませんか?

創業は慶長元年。いまでいう居酒屋の先駆けとはこのお店だった?!

豊島屋本店 豊島屋の初代が江戸の神田・鎌倉河岸で酒屋を開業したのは慶長元年(1596)。店先でお酒を量り売りし、味噌田楽などの食べ物を提供するスタイルは、現在の居酒屋の先駆けとも。また、ひな祭りに白酒を飲む風習は、なんとこの豊島屋の白酒が発祥なのだそう。
東村山市の蔵で富士山の伏流水を用いて醸造される日本酒は、全国新酒鑑評会で数々の金賞を受賞。メインブランドの「金婚」は、明治神宮などに御神酒として納められている唯一の清酒であり、名実ともに東京・江戸を代表する地酒なのです。ネット販売も行なわれていますが、ぜひ店頭に足を運びましょう。試飲しながらお店の人に相談すれば、本当にお気に入りの1本が選べますよ。

“不易流行”の信念から生み出されたお酒は、女性や若い人にもぴったり

豊島屋本店 16代目社長の吉村俊之さんが掲げるのは「不易流行」。これは松尾芭蕉の言葉で、本質を守りながらも常に進取の精神でいることが大切という意味。つまり豊島屋の理念は、「伝統と信用を守りながらも、時代に応じてどんどん新しいことにチャレンジしていく」ということなのです。
たとえば「金婚 微発砲純米うすにごり 生酒 綾(AYA)」は、最近女性に人気が高まっているスパークリング日本酒で、ボトルやパッケージも女性デザイナーの手によるもの。比較的甘めが多いなかにあって、これは辛口で度数もあり、食中酒としてオススメ。和食はもちろん、イタリアンやフレンチとの相性もグッド。海外の方にプレゼントしてみるのもいいかも。

豊島屋本店の基本情報

住所 東京都千代田区猿楽町1-5-1
アクセス 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅より徒歩5分
JR総武線・中央線「御茶ノ水」駅より徒歩6分
お問い合わせ 03-3293-9111

豊島屋本店周辺のホテル・宿

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈東京九段下〉

アパホテル〈東京九段下〉

東京23区

飯田橋駅へも徒歩7分靖国神社も徒歩圏内!ディズニーランド(舞浜駅)へ約35分。東京・新宿・渋谷・銀座へアクセス抜群★

アパホテル〈築地駅南〉

アパホテル〈築地駅南〉

東京23区

築地場外市場まで歩いて5分!!銀座・新橋・東京駅・お台場方面にもアクセス良好◎飲食店も近くてとっても便利♪

周辺の宿一覧へ

豊島屋本店周辺の観光スポット

ほかの美術館と一線を画する企画で、最先端の現代アートを感じる

ワタリウム美術館

ほかの美術館と一線を画する企画で、最先端の現代アートを感じる

渋谷や原宿の喧騒から少し離れた界隈にある、アート好きに聞けば必ず名前のあがるワタリウム美術館。まず目…

紅茶と季節のスイーツが楽しめる池袋の雑貨ギャラリーカフェ

Cafe pause plateaux

紅茶と季節のスイーツが楽しめる池袋の雑貨ギャラリーカフェ

もとは1階が「cafe pause」、2階が「cafe plateaux」と、別々のカフェが、201…

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

江戸東京博物館

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

両国国技館の後方にそびえる「江戸東京博物館」では、江戸から現代までの歴史と文化を楽しみながら学べます…

グルメ激戦区・西池袋で大人気の老舗タイ料理店 

メコン

グルメ激戦区・西池袋で大人気の老舗タイ料理店 

エスニック系料理の店が充実している池袋。タイ料理もそのジャンルのうちのひとつといえます。名店と呼ばれ…

周辺のスポット記事一覧へ

top