東池袋 大勝軒本店

ラーメン界の巨匠、故・山岸一雄が心血を注いだ麺道を体感できる店

東池袋 大勝軒本店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

ラーメンの神様と呼ばれ、2015年4月に惜しまれつつ他界した山岸一雄氏。「元祖つけ麺」「行列のできるラーメン店」と、いまでは当たり前のフレーズの発祥は山岸氏が人生を捧げたこの「大勝軒」から始まっている。全国のラーメンファンが東京へ来たら必ず立ち寄り、山岸氏を偲びつつ名物の特製もりそばを注文するという名店。ラーメン史を語る上でも欠かせない存在のこの店には、いまも創業者の熱い想いが息づいている。

まかないから生まれたという特製もりそばを食す

東池袋 大勝軒本店 ドアを開けると威勢のいい掛け声がかかる。足が悪くなった山岸氏が晩年座っていたイスも現役だ。
券売機で迷わず特製もりそばをプッシュ。ここで注意すべきは麺の量。並340g(780円)は通常のラーメンの大盛りに相当し、中は550g(850円)、大で800g(950円)と、どんどん量が増す。並でもかなりのボリュームなので、小食の人はご注意を。
特製もりそばのつけ汁は、鶏ガラ、魚介、野菜などの素材をじっくり煮込み、さらに豚ひき肉を投入して肉系の味をしっかり出したこってりとした味。そのくせ、濁りがないのがこの店の真骨頂。甘酢を使っているとのことで、酸味・辛味・甘味のバランスが整っているので飽きがこない。

麺、チャーシュー、メンマなどはすべて自家製

東池袋 大勝軒本店 自家製麺は、のびてもおいしく食べられるようにと、山岸氏が試行錯誤の末にたどりついた多加水卵中太麺。ちょっと黄色がかった色の麺は常温水でしっかりとシメられており、きれいにたたまれている。表面がなめらかで喉ごしがよく、モチモチしなやか。それでいて、ほどよいコシがある。つけ汁との絡みもいい。チャーシューは国産もも肉を薄口・濃口醤油を使って丁寧に煮たもの。メンマも乾燥状態から戻して味つけをした自家製だ。
儲けはさておき、手間ひまかけてお客さんに喜んでほしいと願う山岸氏の想いが詰まった一杯。残りのつけ汁にご飯を入れる人、スープ割りにして飲み干す人と、ツウの楽しみ方はそれぞれのよう。

二代目に受け継がれた味と心意気。いまも多くのファンが通い続ける

東池袋 大勝軒本店 東池袋本店の行列は伝説でもあり、いまも健在。「大勝軒」のレシピは山岸氏が亡くなる前に弟子100名以上に伝えられ、北海道から沖縄まで全国に「大勝軒」が広がったという。
それでも「やはり本店」と、ラーメンファンを引き付ける理由は、山岸氏の愛弟子で二代目店主の飯野敏彦氏のなかにその魂が乗り移っているからなのか。
「大勝軒」の物語は映画になるほどで、店内を見渡せば当時の古い写真や山岸本人の写真が飾られ、まるでラーメンミュージアム。帰りには思わず「ごちそうさまでした」と合掌してしまった。営業は基本的に11時〜23時だが、スープがなくなり次第終了してしまうので、あまり遅く行くと閉店しているかも。

東池袋 大勝軒本店の基本情報

住所 東京都豊島区南池袋2-42-8
アクセス 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅6・7番出口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3981-9360

東池袋 大勝軒本店周辺のホテル・宿

アパホテル<新宿御苑前>

アパホテル<新宿御苑前>

東京23区

東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩1分、新宿御苑の目の前の大浴場付きホテル!新宿エリアのあらゆるスポットへ便利!

アパホテル<東新宿駅前>

アパホテル<東新宿駅前>

東京23区

東新宿駅から徒歩約1分の好立地。女性やファミリーも安心のセキュリティー。歌舞伎町まで徒歩5分と観光やビジネス最適。

アパホテル<東京九段下>

アパホテル<東京九段下>

東京23区

飯田橋駅へも徒歩7分靖国神社も徒歩圏内!ディズニーランド(舞浜駅)へ約35分。東京・新宿・渋谷・銀座へアクセス抜群★

アパホテル<東京板橋駅前>

アパホテル<東京板橋駅前>

東京23区

JR板橋駅東口から徒歩1分の好立地!ビジネス・レジャーの拠点にぴったり。豆富を使った創作料理も大好評です☆

周辺の宿一覧へ

東池袋 大勝軒本店周辺の観光スポット

池袋最大級のスポーツ&アミューズメントバー

カフェ&バーHearts Cafe

池袋最大級のスポーツ&アミューズメントバー

スポーツ観戦やダーツ、カラオケを楽しみながら食事ができるアミューズメントバー。巨大スクリーンや音響施…

ちょっぴり怖い!? マニアックな展示物がずらりと並ぶ博物館

明治大学博物館 刑事部門

ちょっぴり怖い!? マニアックな展示物がずらりと並ぶ博物館

東京都内には50カ所ほどの博物館があります。なかには、上野「東京国立博物館」のような大規模なところば…

これがウワサの熟成肉! 旅行の途中でも手軽に楽しめるドライエイジングビーフ

Tsui‐teru!(ツイテル)

これがウワサの熟成肉! 旅行の途中でも手軽に楽しめるドライエイジングビーフ

都心でありながら、背伸びしていない居心地のよさが感じられる街「中野」。人は多いけれど、どこかのんびり…

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

神田古書店街

130年以上の歴史を誇る世界最大級の古書店街

地下鉄神保町駅を降りて地上に出ると、そこは神保町交差点。この界隈は「神田古書店街」(神田神保町古書店…

周辺のスポット記事一覧へ

top