鬼子母神堂

安産・子育ての神様として祀られるパワースポット! 

鬼子母神堂

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

静かな住宅街のケヤキ並木をぬけたところに、法明寺の鬼子母神堂があります。安産と子育ての神様とされる鬼子母神が祀られていて、境内には樹齢700年ともいわれ、子授け銀杏とも呼ばれる大公孫樹(おおいちょう)が枝を広げています。鬼子母神が祀られる本堂、金剛不動尊を安置した法不動堂、真っ赤な鳥居がたくさん並ぶ武芳稲荷堂などがあり、神聖なパワーを感じられる絶好の散策スポットです。

意外と知られていない? 鬼子母神の驚きの由来

鬼子母神堂

鬼子母神堂は寛文4年(1664)、 加賀藩主・前田利常の息女、安芸藩主・浅野吉長夫人の寄進によって建立され、東京都重要文化財でもあります。
鬼子母神は夜叉神の娘で、多くの子供を産みましたが、凶暴な性質で、近隣の幼児をとって食べていました。お釈迦様が鬼子母神の末の子を隠して、子を失う悲しみを実感させ戒めて以来、改心して菩薩のような優しい形相になったので、角(つの)のつかない鬼の字を用い 「雑司ケ谷鬼子母神」と尊称されています。
そんな鬼子母神堂の境内には、昔ながらの駄菓子屋さんがあります。店構えも売っているものも懐かしいモノばかり。親子仲よく買物している姿もよく見られます。

「稲荷の森」の名残を伝える古社もお参りしよう

鬼子母神堂

境内には、赤い鳥居がズラリと並ぶ武芳稲荷堂(たけよしいなりどう)があります。
祀られているは倉稲魂命(うかのみたま)で、食物、農業、殖産興業、商業など産業全般の神様といわれています。
鬼子母神堂ができる前、この一帯の土地は「稲荷の森」と呼ばれていて、その頃から人々の信仰を集めてきた、この地域を守護する神様です。社の前にはキツネの像が左右に鎮座しています。たくさん並ぶ鳥居と合わせて、思わず写真に収めたくなる光景です。

江戸民芸品のすすきみみずくをお土産にいかが? 

鬼子母神堂

参道の観光案内所で販売されている、すすきみみずく(1,800円~)にもいわれがあります。病に倒れた母のために薬を買うお金がない貧しい娘が、鬼子母神に願をかけ、百日目に疲れてうとうとしていると、蝶が現れます。その蝶の教えに従い、風に揺れていたススキを丸めると、人形のようにかわいいミミズクができました。それが鬼子母神の化身だという評判が広がり、人々はこぞってミミズクを買い求め、娘は母のために薬を買うことができたといいます。
境内のいたるところにも、ミミズクの像やミミズクの形のベンチなどが点在しているので、探してみるのもいいですね。

鬼子母神堂の基本情報

住所 東京都豊島区雑司が谷3-15-20
アクセス 東京メトロ副都心線「雑司が谷」駅より徒歩5分
お問い合わせ 03-3983-5606

鬼子母神堂周辺のホテル・宿

サンシャインシティプリンスホテル

サンシャインシティプリンスホテル

東京23区

パノラマフロアリニューアル!高層階から眺める都会の夜景は格別。アミューズメント施設を揃えたサンシャインシティに隣接。

アパホテル〈池袋駅北口〉

アパホテル〈池袋駅北口〉

東京23区

池袋駅北口徒歩4分、新宿・渋谷・品川にも好アクセスです。東京ドームのライブにも!お食事は20種類の和洋食バイキングで!

アパホテル〈巣鴨駅前〉

アパホテル〈巣鴨駅前〉

東京23区

2016年6月17日グランドオープン!JR山手線巣鴨駅徒歩2分だからアクセスも良好!最上階に露天風呂付き大浴場あり!

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

周辺の宿一覧へ

鬼子母神堂周辺の観光スポット

常時150種以上。圧巻の日本酒ラインナップを誇る

名酒センター お茶の水店

常時150種以上。圧巻の日本酒ラインナップを誇る

日本酒ブームが来ていると言われてから、ずいぶんたちました。酒販店の一角で乾き物などをつまみに飲む「角…

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

CUFF SHOP(カフショップ)

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

カフリンクス(カフスボタン)は、シャツの袖口につける伝統的な男性用アクセサリー。若い人にはあまり馴染…

店はハワイアン。けれどここはラーメン屋さん!?

麺屋Hulu-lu

店はハワイアン。けれどここはラーメン屋さん!?

池袋にある、一見するとハワイアンカフェのような店。陽気な南国の雰囲気に惹かれ、店内に足を踏み入れると…

本格タイ料理がリーズナブルに食べられる!

プリックタイ

本格タイ料理がリーズナブルに食べられる!

池袋から東武東上線で10分ほど。大山駅にある本場のタイ料理が味わえる店といえばここ! 商店街の入り口…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top