旧江戸川乱歩邸
2016.5.18更新

乱歩ファンは創作の現場に一度足を運ぶべし!

旧江戸川乱歩邸

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

明智小五郎が登場する『D坂の殺人事件』『陰獣』『孤島の鬼』『怪人二十面相』などの優れた小説・推理小説で知られる江戸川乱歩は、大正から昭和にかけて活躍した有名作家。その乱歩が、晩年の30年間を過ごした、池袋3丁目にある土蔵つき洋館が保存・一般開放されているのをご存知でしょうか? 日本を代表する推理小説家が生きて筆を走らせた痕跡を体験するため、江戸川乱歩邸へいざ潜入!

池袋に居住30年。この地で日本の探偵小説界を牽引

旧江戸川乱歩邸 江戸川乱歩は日本の探偵小説界の黎明期にその礎をつくり、日本推理作家協会発足に尽力。そして江戸川乱歩賞を設立しました。乱歩は三重県出身ですが、人生で46回も引っ越しを繰り返し、昭和9年(1934)、46回目の引っ越し先がここ池袋でした。以来、昭和40年(1965)に亡くなるまでこの場所で『少年探偵団』『幻影城』など次々と傑作を生み出しました。
その邸宅は立教大学のすぐ近くにあり、6号館が乱歩邸と隣接。また、乱歩の孫が立教大学教授だったこともあり、大学は創立130周年を機に、この洋館と土蔵、そして約4万点の蔵書や資料を購入しました。以後管理を続け、土蔵の修復や書物の研究にあたっています。

『怪人二十面相』など傑作を土蔵で執筆。資料のお片づけマニアとしても有名

旧江戸川乱歩邸 乱歩邸は現在、立教大学キャンパスの一角に含まれています。キャンパスの雰囲気を味わいながら、すぐそばの西洋風建築にツタが生い茂るステキな校舎「モリス館」を眺めたりしていると、ちょっとした観光気分。
乱歩は作家であるとともに、江戸時代の版本・写本類のコレクター、そして整理整頓マニアでした。母屋裏手に建つ土蔵は2階建で書庫として使用し、自らの著書タイトルと同じ『幻影城』と呼んでいました。
ここでは、乱歩が愛蔵書を几帳面に整理し区分けしていた様子をガラス越しにのぞき見ることができます。「のぞき」を小説の題材にしていた乱歩が、まさか後世に自分の家がのぞかれるとは予想していなかったでしょうね。

立教大学敷地内に建つ昭和モダンな洋館

旧江戸川乱歩邸 母屋の洋館は玄関と応接室が公開されています。レトロモダンな造りで大学構内の片隅に建ち、乱歩が過ごしていた当時のまま時が止まったよう。お気に入りだったという応接室には暖炉があり、ソファセットなど調度品のレイアウトは乱歩自身が行ったのだとか。
玄関には、かの有名な「トリック分類表」の写しや、手製のスクラップブックも。そこに書かれた走り書きメモの毒舌ぶりに、乱歩の人となりが垣間見えてきます。自虐キャラだったらしく「作品の出来栄えに納得がいかん!」と言っては頻繁に休筆していました。
一般公開は毎週水・金曜のみ。ガイドブックが販売されているので、建物の詳しい内部構造や乱歩の世界を深めるにはおすすめです。

旧江戸川乱歩邸の基本情報

住所 東京都豊島区西池袋3-34-1
アクセス JR山手線、東京メトロ各線、西武線、東武線「池袋」駅西口より徒歩7分
お問い合わせ 03-3985-4641

旧江戸川乱歩邸周辺のホテル・旅館

アパホテル〈巣鴨駅前〉

アパホテル〈巣鴨駅前〉

東京23区

2016年6月17日グランドオープン!JR山手線巣鴨駅徒歩2分だからアクセスも良好!最上階に露天風呂付き大浴場あり!

アパホテル〈池袋駅北口〉

アパホテル〈池袋駅北口〉

東京23区

池袋駅北口徒歩4分、新宿・渋谷・品川にも好アクセスです。東京ドームのライブにも!お食事は20種類の和洋印バイキングで!

アパホテル〈東新宿駅前〉

アパホテル〈東新宿駅前〉

東京23区

東新宿駅から徒歩約1分の好立地。女性やファミリーも安心のセキュリティー。歌舞伎町まで徒歩5分と観光やビジネス最適。

BOOK AND BED TOKYO 池袋本店

BOOK AND BED TOKYO 池袋本店

東京23区

池袋駅から徒歩1分。TVで話題「泊まれる本屋」。全室Wi-Fi接続可能。人気エリアへのアクセス抜群。

周辺の宿一覧へ

旧江戸川乱歩邸周辺の観光スポット

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

野球殿堂博物館&ビッグ・オー

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

東京ドーム、東京ドームホテルを中心としたエリアが「東京ドームシティ」。年間3500万人もの人が訪れる…

本当に歌舞伎町? あたたかいおもてなしが印象的なダイニングバー

ハートダイニングバー アンドケイ

本当に歌舞伎町? あたたかいおもてなしが印象的なダイニングバー

仕事終わりの一杯は居酒屋で。それはもちろんリーズナブルで楽しい時間を過ごせますが、新宿に立ち寄ってい…

見るだけでも楽しい、切手の世界へといざなわれる

切手の博物館

見るだけでも楽しい、切手の世界へといざなわれる

約35万種の切手を所蔵する国内でもめずらしい郵便切手の博物館。世界的にも著名な切手収集家、水原明窓(…

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

CUFF SHOP(カフショップ)

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

カフリンクス(カフスボタン)は、シャツの袖口につける伝統的な男性用アクセサリー。若い人にはあまり馴染…

周辺のスポット記事一覧へ

公園・名所・史跡の他の記事を見る

そびえたつ五重塔、阿修羅像なども公開。やはり一度は見ておきたい国宝の数々

興福寺

そびえたつ五重塔、阿修羅像なども公開。やはり一度は見ておきたい国宝の数々

奈良公園の入り口近くにあって、五重塔がシンボリックな「興福寺」。境内には阿修羅像をはじめ45もの国宝…

本牧に、和の魅力あふれる風雅な合掌づくりを発見!

旧矢箆原家住宅(横浜三渓園内)

本牧に、和の魅力あふれる風雅な合掌づくりを発見!

先進的な都市開発が行われる一方で、歴史的建造物も多い横浜。新旧織り交ぜた街歩きを楽しめるのが魅力です…

江戸時代の旅人気分に!? 草津宿本陣と草津宿街道交流館

史跡草津宿本陣 / 草津宿街道交流館

江戸時代の旅人気分に!? 草津宿本陣と草津宿街道交流館

東海道と中山道が分岐・合流する地として、交通の要であった宿場町「草津宿」。この地に残る「草津宿本陣」…

風光明媚な宇治で、藤原一族の栄華を今に伝える

平等院

風光明媚な宇治で、藤原一族の栄華を今に伝える

今から1000年近く昔、平等院は宇治川の西岸にあった源重信の別荘をその夫人から藤原道長が譲り受け、そ…

池袋・板橋・目白・赤羽の他の記事を見る

現役の探偵がおもてなしするおもしろカフェバー

探偵カフェ プログレス

現役の探偵がおもてなしするおもしろカフェバー

ここは池袋を拠点とする本物の総合探偵事務所「プログレス」が経営するカフェバー。アンダーグラウンドなイ…

ラーメン界の巨匠、故・山岸一雄が心血を注いだ麺道を体感できる店

東池袋 大勝軒本店

ラーメン界の巨匠、故・山岸一雄が心血を注いだ麺道を体感できる店

ラーメンの神様と呼ばれ、2015年4月に惜しまれつつ他界した山岸一雄氏。「元祖つけ麺」「行列のできる…

ビル屋上に広がる天空の水族館で池袋の喧騒を忘れる

サンシャイン水族館

ビル屋上に広がる天空の水族館で池袋の喧騒を忘れる

池袋のランドマーク、超高層ビルサンシャイン60を含む複合商業施設エリアがサンシャインシティ。そのエリ…

本格タイ料理がリーズナブルに食べられる!

プリックタイ

本格タイ料理がリーズナブルに食べられる!

池袋から東武東上線で10分ほど。大山駅にある本場のタイ料理が味わえる店といえばここ! 商店街の入り口…

東京都のホテル・旅館

top