稲庭うどん 七蔵
2016.5.5更新

1,000円以内で舌もお腹も大満足! OLもランチに殺到する旨安うどん店

稲庭うどん 七蔵

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

新橋駅前ビルの「稲庭うどん 七蔵」の前は、昼休みに行列の絶えることがありません。日本三大うどんのひとつといわれる稲庭うどんを提供する、都内ではめずらしい専門店です。ランチタイムはうどんをメインに、夜はうどんに加えお肉や海鮮、野菜を使用した七蔵特製の創作料理が楽しめます。

こだわりの稲庭うどんを食す

稲庭うどん 七蔵 ラーメンのつけ麺はもはや常識ですが、この店はこだわりの麺をこだわりのつけだれで食べる「つけ麺うどん」。麺は店主が本場の秋田県稲庭町の製造者に原料と製法を指定。中力粉100%と、長崎五島灘産の食塩、栗駒山麓の地下100mから湧き上がる伏流水を使い、手綯手延製法で4日間かけてつくり上げたもの。茹で上がりが早くてのびにくく、滑らかなのどごしながら、しっかりとしたコシの強さも兼ね備えます。
カツオ節、セロリ、鴨肉などをベースにしたつけだれは、ペースト状にした鴨肉とゴマペーストを加え、醤油、みりんなどで味を整えた完全自家製。深いコクのあるつけだれと、のどごしのいい麺がよく絡み合う絶品です。

昼はうどんを、夜は創作料理を召し上がれ

稲庭うどん 七蔵 ランチタイムには、うどんの量を大・中・小から選べる“七蔵特製スープつけ麺”と、“つけ麺とミニ丼ぶり”のセットが用意されています。そして、夜になると“和牛ローストビーフ”や“刺身の盛り合わせ”、うにやいくらを使用した“七蔵特製テリーヌ”といったさまざまな創作料理を提供。なんとコース料理まで用意されているのが、ちょっとほかのうどん店とは違うところ。
そんな夜の料理の実力を知るために、まずは「うどんは味わいはどうかな?」とお昼に出掛けてみると、お店の前は食券を買うためにズラリと行列! ランチタイムは 時間を少しずらして訪れるほうがいいかもしれません。

稲庭うどん 七蔵の基本情報

住所 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館2F
アクセス JR各線「新橋」駅汐留口より徒歩1分
東京メトロ銀座線「新橋」駅 2番出口より徒歩1分
都営浅草線「新橋」駅A2出口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3571-5012

稲庭うどん 七蔵周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ 2018年2月9日新築OPEN ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!岩本町駅、末広町駅も徒歩圏内でどこへ行くにも便利!全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料☆

アパホテル〈西麻布〉

アパホテル〈西麻布〉

東京23区

六本木駅まで徒歩圏内ビジネス・イベント・観光に好立地!全室インターネット接続無料◎朝食は手作りパンブュッフエ付き!

周辺の宿一覧へ

稲庭うどん 七蔵周辺の観光スポット

100年前の姿を復元した、壮麗な赤レンガ駅舎

東京駅

100年前の姿を復元した、壮麗な赤レンガ駅舎

日本の中央駅「東京駅」。大都会への憧れを胸にたくさんの人たちが東京を訪れ、またここを起点に旅へと出発…

フクロウをはじめ、さまざまな鳥たちと触れ合える癒しのティータイム

鳥のいるカフェ 木場店

フクロウをはじめ、さまざまな鳥たちと触れ合える癒しのティータイム

猫カフェなどコンセプトカフェがブームとなっている昨今。江東区木場にあるのは、鳥好きの人たちや外国人に…

カウンターでカジュアルに。本格割烹料理と銘酒のお店

プラチナフィッシュ KAPPO

カウンターでカジュアルに。本格割烹料理と銘酒のお店

ビジネスマンの聖地新橋なら、飲むところには困らないけれど、“一流の味をうまい酒と共に”となると、なか…

銀座駅直通! 日本初「シンハービール」公認のタイビアキッチン

センディーテラス(SENGDEE TERRACE)

銀座駅直通! 日本初「シンハービール」公認のタイビアキッチン

本格タイ料理のお店は数あれど、「銀座でカジュアル」にというならオススメはここ「センディーテラス」。賑…

周辺のスポット記事一覧へ

複合施設・商業施設の他の記事を見る

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

横浜大世界

観て、味わって、買って、くつろげる総合エンターテインメント

中華街・天長門正面ある「横浜大世界」は、アート・グルメ・くつろぎ・ショッピングのすべてが楽しめる、横…

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

舞浜・浦安・船橋・幕張の他の記事を見る

泳ぎにも自然と力が入る国際公認プール

千葉県国際総合水泳場

泳ぎにも自然と力が入る国際公認プール

700万人超えという驚異的な入場者数で、現在も記録更新中! 千葉県国際総合水泳場は、JR京葉線「新習…

駅間に広がる大型専門店と遊び充実スポット!

ニッケコルトンプラザ

駅間に広がる大型専門店と遊び充実スポット!

JR総武線の車窓から見える大型複合施設。なんとその広さは5万坪という。「一体あそこには何があるのだ?…

なんでだろう? どうして? 遊びながら学ぶ日本の産業

千葉県立現代産業科学館

なんでだろう? どうして? 遊びながら学ぶ日本の産業

1994年6月15日「千葉県民の日」に開館し、子どもから大人まで、だれもが産業に応用された科学技術を…

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

宝城院

浦安最古の寺院で病の回復を願う「おびんずる様」

かつて寺町として栄えた旧・行徳街道沿いの寺院。本堂内には、「おびんずる様」と呼ばれる「なで仏」があり…

top