浜離宮恩賜庭園

超高層ビルに囲まれた湾岸エリアの由緒正しい日本庭園で癒される

浜離宮恩賜庭園

  • 定番

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

江戸時代の代表的な大名庭園であり徳川将軍家ゆかりの地でもある「浜離宮恩賜庭園」。首都高速が真横を走る立地ながら、落ち着いた雰囲気と緑豊かな美しい景観は、国内外問わず観光客の散策スポットとしても親しまれています。隅田川河口にあることから、水上バスの発着場所としてアクセスも便利です。

国の特別名勝・特別史跡に指定された大名庭園

浜離宮恩賜庭園 江戸時代に徳川将軍家の別邸として利用され、“浜御殿”と呼ばれていた「浜離宮恩賜庭園」。東京湾のほとりに位置し、都内で唯一、海水の池を持つ庭園です。明治維新後には浜離宮に改名され、皇室の離宮となりました。
関東大震災や戦災によって貴重な建造物や樹木が焼失しましたが、東京都によって整備されて一般公開されるようになると、昭和23年には国の名勝及び史跡に。そして昭和27年には国の特別名勝及び特別史跡に指定されました。汐留のビル群の中で、いまもなお歴史を刻み続ける都会の癒しスポットです。

うっとりするほど美しい庭園は見どころもたくさん

浜離宮恩賜庭園 広い園内での休憩には、池の中央にある“中島の御茶屋”へ。抹茶と和菓子のセットをいただきながら、海水魚が棲む池を静かに眺めれば、街歩きで高揚した気分が次第に落ち着きを取り戻していきます。
大手門から左手すぐに位置する“三百年の松”は、六代将軍家宣が庭園を大改修したとき、その偉業を讃えて植えられたとされる都内最大級の黒松。また、園内には花畑もあり、季節の移り変わりを花々とともに堪能することができます。
庭園内には水上バスの発着口があるので、東京湾や隅田川クルーズを楽しむのもいいかもしれません。土・日・祝日にはボランティアによる庭園ガイドも無料実施されているので、ぜひ利用してみてください。

浜離宮恩賜庭園の基本情報

住所 東京都中央区浜離宮庭園1-1
アクセス 〈大手門口〉都営大江戸線「築地市場」駅E18出口、「汐留」駅E19出口、ゆりかもめ「汐留」駅より徒歩7分
JR各線、東京メトロ銀座線、都営浅草線「新橋」駅G08・A10出口より徒歩12分

〈中の御門口〉都営大江戸線「汐留」駅10番出口より徒歩5分
JR各線「浜松町」駅より徒歩15分
水上バス(日の出桟橋─浅草)、東京水辺ライン(両国・お台場行)浜離宮発着場下船
お問い合わせ 03-3541-0200(浜離宮恩賜庭園サービスセンター)

浜離宮恩賜庭園周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ 2018年2月9日新築OPEN ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

アパホテル〈八丁堀 新富町〉

東京23区

◆2018年6月5日オープン!◆ 舞浜駅から2駅(快速)12分、東京駅(新幹線)へも1駅2分(タクシー約7分)!

アパホテル〈日本橋 馬喰町駅北〉

アパホテル〈日本橋 馬喰町駅北〉

東京23区

■2018年4月13日新築オープン■東京駅から2駅5分「JR馬喰町駅」徒歩2分

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

周辺の宿一覧へ

浜離宮恩賜庭園周辺の観光スポット

【おすすめスポット5選】本の街「神保町」をぶらっと散策

東京散歩シリーズ~神保町編~

【おすすめスポット5選】本の街「神保町」をぶらっと散策

古書街として知られる神田神保町は、ふらっと散策するだけでも楽しめる街。今回は定番から穴場まで神保町散…

フクロウをはじめ、さまざまな鳥たちと触れ合える癒しのティータイム

鳥のいるカフェ 木場店

フクロウをはじめ、さまざまな鳥たちと触れ合える癒しのティータイム

猫カフェなどコンセプトカフェがブームとなっている昨今。江東区木場にあるのは、鳥好きの人たちや外国人に…

お釜で炊いた極上ご飯が主役の定食屋!

米どころん銀座3丁目店

お釜で炊いた極上ご飯が主役の定食屋!

独自開発したかまどで炊きあげた、極上ご飯が主役の定食屋さんがこの「米どころん」。美味しさを追求した、…

えっ、これがあのドンキ? シロガネーゼも驚く特別な商品ラインナップ!

プラチナ ドン・キホーテ白金台店

えっ、これがあのドンキ? シロガネーゼも驚く特別な商品ラインナップ!

価格破壊で知られる驚安の殿堂ドン・キホーテが、そのラインナップに“高級感”をプラスしたという「プラチ…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

民芸・クラフトの町、信州松本をのんびり観光しながら楽しもう

蔵シック館

民芸・クラフトの町、信州松本をのんびり観光しながら楽しもう

長野県松本市中央の中町通りには城下町らしい「なまこ壁」の土蔵が多く並びます。蔵を利用したカフェ「中町…

九州最北端、御鎮座1800年の由緒ある神社

和布刈(めかり)神社

九州最北端、御鎮座1800年の由緒ある神社

関門海峡沿いにある和布刈神社は、足利尊氏・大内義隆らにより建造されたといわれています。今からおよそ1…

新選組ゆかりの歴史ある寺院で数々の重要文化財を鑑賞!

壬生寺

新選組ゆかりの歴史ある寺院で数々の重要文化財を鑑賞!

南都六宗のひとつである律宗に属する壬生寺は、正暦2年に創建された歴史ある寺院です。昭和37年には本堂…

織田家ゆかりの歴史的な寺院。からくり人形はぜひ見ておきたい

萬松寺(亀嶽林萬松寺)

織田家ゆかりの歴史的な寺院。からくり人形はぜひ見ておきたい

上演されるからくり人形見物や、信長の父・織田信秀の墓詣でなどで観光客にも人気の萬松寺。ここはもともと…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

「日本三名園」のひとつ、岡山後楽園を堪能する

岡山後楽園

「日本三名園」のひとつ、岡山後楽園を堪能する

「日本三名園」をご存知でしょうか? 明治時代頃から呼ばれている「優れた景観を持つ日本庭園」のことで、…

由緒正しきお寺で見つけた、日本最古の甘柿

王禅寺

由緒正しきお寺で見つけた、日本最古の甘柿

“関東の高野山”と呼ばれたほど由緒正しきお寺にも関わらず、意外に質素な門構え。そして、散歩道のような…

風光明媚なパワースポットで身も心もリフレッシュ!

龍王峡

風光明媚なパワースポットで身も心もリフレッシュ!

鬼怒川温泉と川治温泉の中間に位置する、全長約3kmの峡谷「龍王峡」。日光国立公園の一部でもあるこの峡…

【夜も魅力あふれるスポット満載!】京都のおすすめナイトスポット20選をお届け

旅の最後まで楽しめる♪京都の夜に絶対訪れたい観光地まとめ20選

【夜も魅力あふれるスポット満載!】京都のおすすめナイトスポット20選をお届け

観光地として一年中人気が高い京都。実は京都はお昼だけでなく、夜も十分に楽しめる場所がたくさんあるんで…

定番などの他の記事を見る

薔薇に囲まれたガーデンテラスでティータイム

山手111番館「カフェ・ザ・ローズ」

薔薇に囲まれたガーデンテラスでティータイム

横浜の名所、港の見える丘公園内にそびえる「山手111番館」は、赤い瓦屋根と白壁のコントラストが映える…

中部電力が運営する電気に特化した見ごたえ十分の科学館

でんきの科学館

中部電力が運営する電気に特化した見ごたえ十分の科学館

中部電力が運営する企業PR博物館「でんきの科学館」。私たちの生活に欠かせないエネルギーとしての電気に…

一度は訪れてみたい美しき日本三景の名勝地

松島

一度は訪れてみたい美しき日本三景の名勝地

四方を海に囲まれた日本らしさあふれる風景が広がる三大名勝地「日本三景」の一つです。江戸時代から四季折…

食べて遊んでまた食べて。1日過ごせる池袋のアミューズメントスポット

ナンジャタウン

食べて遊んでまた食べて。1日過ごせる池袋のアミューズメントスポット

食べて遊んで、お土産買って満喫したい! を叶えてくれる屋内テーマパークが池袋の名所「ナンジャタウン」…

六本木・麻布・赤坂の他の記事を見る

東京みやげにプレゼントに、キラキラした光の魔法

万華鏡専門店 カレイドスコープ昔館

東京みやげにプレゼントに、キラキラした光の魔法

カレイドスコープとは万華鏡。その語源をたどると「美しい形を見ること」という意味になるのだそう。そんな…

てんこ盛りの熱々海鮮、格好をつけずに手づかみで勝負!

SEAFOOD CHINESE&WINE KOO

てんこ盛りの熱々海鮮、格好をつけずに手づかみで勝負!

雰囲気はスタイリッシュでおしゃれなダイニングバー。料理は、エビやカニが山盛りの豪快海鮮中華。しかも熱…

お土産にピッタリ! チョコ好きも納得の贅沢チョコ

MAMANO 神様のチョコレート

お土産にピッタリ! チョコ好きも納得の贅沢チョコ

エクアドル産の希少なカカオ「アリバ・カカオ」を使ったチョコレートは、一口食べれば違いがわかる“ツウ”…

幕末トークも弾む、勝海舟邸跡地にある隠れ家バー

Bar Romi

幕末トークも弾む、勝海舟邸跡地にある隠れ家バー

赤坂の高台は、江戸時代には大名や旗本の屋敷町だったため、歴女たちにとっても気になるエリア。特に幕末ヒ…

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top