両国国技館

人気の力士たちが眼前に。1万人が熱狂する名勝負を見逃すな!

両国国技館

  • 定番

  • 体験・アミューズメント

  • 芸術・文化施設

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

1400年の歴史と伝統を誇る大相撲が行われる「両国国技館」。日本人なら一度はライブで見たいもの。目の前で繰り広げられる力士たちが取り組む一番の迫力は、やはりテレビ観戦とは一味違います。力士に会えるチャンスだけでなく、名物グルメやおみやげなども充実し、一日たっぷり楽しめるスポットです。

日本の国技を思う存分に満喫!

両国国技館 東京場所は1月、5月、9月の開催。入り口付近に立てられた色とりどりののぼりにワクワク度は一気にアップ。のぼりを眺めながら入り口へと向かえば、最初のお楽しみポイント。なんとチケットの“もぎり”をつとめているのはかつての名力士、親方たちです。いきなりのお楽しみにドキドキしながら館内に入ったら、さあ国技館探検へ。
観覧券で入場できる相撲博物館では、かつての名勝負の写真など、展示品をじっくり堪能してください。もし時間があれば、力士を間近で見ることができる入り待ちにも挑戦しましょう。相撲初心者は、館内限定の放送を聞くことができるラジオをレンタルしておくことも忘れずに。

相撲にちなんだ人気のグルメとおみやげも忘れずに

両国国技館 大相撲見物の醍醐味は、名物グルメを味わいながらの観戦です。外せない名物グルメは、国技館の地下でつくられている焼き鳥。土俵に手がつくと負けになってしまう力士にとって、2本の足で立っている鶏は縁起のいい食べ物なんだそう。
相撲部屋特製ミニちゃんこは、小腹が空いたときにぴったりのサイズ。力士の好物や出身地にちなんだオリジナルメニューが楽しめる力士弁当も見逃せません。
おみやげは、力士も購入するという手ぬぐいが大人気。相撲協会公式キャラクター“せきトリくん”グッズなど、品物はいろいろ充実しています! ぜひお気に入りを見つけてください。

“お茶屋”さんを利用してリッチに観戦!

両国国技館 かつて“お茶屋”と呼ばれていた案内所は、チケットの手配や観戦時の食事、おみやげの手配などを代行してくれるサービス。案内所を通じてチケットを購入すると、袴姿の出方さんが広い館内を席まで案内してくれます。
すぐに売り切れてしまう人気の食べ物や飲み物も、出方さんに頼めば安心! すぐに届けてもらえます。“お茶屋”さんを利用した人だけがもらえる貴重なアイテムは、みんなに自慢できること請け合いです。

両国国技館の基本情報

住所 東京都墨田区横網1-3-28
アクセス JR総武線「両国」駅より徒歩2分
都営地下鉄大江戸線「両国」駅より徒歩5分
お問い合わせ 03-3623-5111

両国国技館周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈銀座 京橋〉

アパホテル〈銀座 京橋〉

東京23区

上野・新橋・渋谷へ乗換えなしでアクセス抜群!朝食は体に嬉しい和食バイキングをご用意!全客室Wi-Fi無料接続可能。

東武ホテルレバント東京

東武ホテルレバント東京

東京23区

≪東京スカイツリー(R)オフィシャルホテル≫ 東京観光に便利◎錦糸町駅徒歩3分 TDLへの無料シャトルバスも毎日運行

アパホテル〈築地駅南〉

アパホテル〈築地駅南〉

東京23区

築地場外市場まで歩いて5分!!銀座・新橋・東京駅・お台場方面にもアクセス良好◎飲食店も近くてとっても便利♪

周辺の宿一覧へ

両国国技館周辺の観光スポット

個性豊かな一杯が味わえる サードウェーブコーヒーの街

清澄白河・カフェ巡り

個性豊かな一杯が味わえる サードウェーブコーヒーの街

「現代美術館」で知られるアートの街、清澄白河。コーヒーの焙煎所が点在し、コーヒー好きには以前からよく…

カジュアルに麻雀が楽しめる新感覚麻雀バル

ジャンナビア 新橋本店

カジュアルに麻雀が楽しめる新感覚麻雀バル

新橋は安く遊べる店の激戦区。麻雀店なら駅周辺に30軒を超える店舗がひしめき合っています。そんななかに…

明治45年開業時の姿が残る、赤レンガのプラットホームと高架橋

旧万世橋駅・マーチエキュート神田万世橋

明治45年開業時の姿が残る、赤レンガのプラットホームと高架橋

その昔、JR中央線の神田〜御茶ノ水間に大きなターミナル駅がありました。昭和18年(1943)まで使わ…

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

野球殿堂博物館&ビッグ・オー

野球の奥深い魅力に触れ、世界初のセンターレス観覧車を楽しむ

東京ドーム、東京ドームホテルを中心としたエリアが「東京ドームシティ」。年間3500万人もの人が訪れる…

周辺のスポット記事一覧へ

top