まんねん堂

繊細な仕上がりとやさしい味に郷愁すら覚える江戸駄菓子の専門店

まんねん堂

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

昭和7年の創業当時と変わらぬ味を守る、下町台東区の江戸駄菓子屋さん「まんねん堂」。色鮮やかな金平糖や香ばしいあられなど、ほっこり懐かしい駄菓子類をはじめ、いまや東京ではここでしか手に入らない幻の“金花糖”など、小さな店内には眺めるだけでもワクワクするお菓子がズラリ。さっそく東京土産を探しに行ってきました!

昔ながらの製法でつくられる幻の駄菓子“金花糖”を発見!

まんねん堂

「まんねん堂」が提供するのは、たくさん食べても飽きのこない絶妙な甘さで後味のいい駄菓子。材料も技術もできるだけ昔ながらの製法でつくられています。なかでも江戸時代発祥、駄菓子の原点といわれる“金花糖”が東京で買えるのは、唯一この店だけ。これをつくるには長年の経験と勘が必要で、いまでは職人が激減したためほとんどお目にかかれなくなりました。「まんねん堂」の職人がつくり出す“金花糖”は、1年以上飾っておける、まるで芸術品のような繊細な仕上がり。本店は谷中のパワースポット小野照崎神社のそば、伝法院店は浅草寺にあるので、下町散策の途中にでも立ち寄ってみてはいかが? 駄菓子の中に日本の歴史が香っています。

種類豊富な江戸駄菓子がズラリと並ぶ本店でお土産探し!

まんねん堂

お店に並ぶ駄菓子は、香ばしいあられやスッキリした甘味で彩り豊かな金平糖、おこしやハッカなど、ベテラン菓子職人が昔ながらの製法でつくったものばかり。お年寄りには懐かしく、子どもたちには新鮮に思える駄菓子です。
期間限定品も販売され、春は桜や雛祭り菓子、夏は抹茶や涼しげな金魚のお菓子、秋は栗や芋、かぼちゃのお菓子、冬はお正月のや節分のお菓子など、季節ごとにいろいろ登場。オリジナルの飴やキャンディーの制作にも応じてくれます。
金花糖は、江戸千代紙の老舗「いせ辰」の和紙を使用した箱入りの詰め合わせや、かごに入っているものなどがあり、ギフトにオススメ。ポケットに入る小さなお手頃価格のセットもあります。

まんねん堂の基本情報

住所 東京都台東区下谷2-19-9
アクセス 東京メトロ日比谷線「入谷」駅より徒歩5分(本店)
お問い合わせ 03-3873-0187

まんねん堂周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈東京九段下〉

アパホテル〈東京九段下〉

東京23区

飯田橋駅へも徒歩7分靖国神社も徒歩圏内!ディズニーランド(舞浜駅)へ約35分。東京・新宿・渋谷・銀座へアクセス抜群★

ホテルかずさや

ホテルかずさや

東京23区

徒歩5分圏内に4駅が集結!都内移動が便利! 当ホテルが独自にアレンジした南欧料理は格別 嬉しい朝刊・夕刊サービスも

浅草ビューホテル

浅草ビューホテル

東京23区

浅草駅直結の便利な立地!江戸情緒溢れるハイクラスホテル。朝食は数々のメディアにもとり上げられる大人気レストラン武藏

周辺の宿一覧へ

まんねん堂周辺の観光スポット

子どもから大人まで誰でも楽しめるアート空間

国立西洋美術館

子どもから大人まで誰でも楽しめるアート空間

開館以来、さまざまな展覧会により西洋美術を紹介してきた国立西洋美術館。常設展では、中世末期から20世…

江戸時代の梅の名所は、地域の情報発信拠点だった

亀戸梅屋敷

江戸時代の梅の名所は、地域の情報発信拠点だった

江戸時代、歌川広重の浮世絵で知られ、「梅の名所」として人気を集めたお屋敷がありました。江東区亀戸にあ…

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

福徳神社(芽吹神社)

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

高層ビルが立ち並ぶ、日本橋室町の片隅にたたずむ小さな神社。鳥居も社殿も新しく、日本橋の再開発によって…

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

CUFF SHOP(カフショップ)

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

カフリンクス(カフスボタン)は、シャツの袖口につける伝統的な男性用アクセサリー。若い人にはあまり馴染…

周辺のスポット記事一覧へ

top