蔵前4273

思い思いの楽しみ方ができる下町のガレージカフェ

蔵前4273

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

東京の下町、蔵前は、おもちゃ、駄菓子、花火など扱う玩具問屋街として栄えてきた街。ここ数年は、古い建物をリノベーションしたカフェや「蔵前4273」のような若手アーティストによるお店など個性豊かなスポットが急増し、街の雰囲気も変化し始めています。

町工場をリノベーション! 扉を開けると、工場の雰囲気が残る独特の空間

蔵前4273 雑居ビルや住宅が建ち並ぶ蔵前の路地裏に、「4273」の看板。数字はこのカフェの所在地「蔵前4丁目27-3」に由来します。
中に入るとまず、その天井の高さに驚き! 上からは頑丈なチェーンや、なにやら工具のようなものもぶら下がっています。聞けば、ここはもともと町工場。その雰囲気を残しながら、カフェラウンジとして活用しているのだそう。
手前にはソファやテーブル席、奥にはバーカウンター。高い天井を生かしたロフトもあり、なかなか居心地のよさそうな空間です。

クラフトコーナーは買うもよし、つくるもよし。イベントも要チェック!

蔵前4273 さらに店内をぐるりと見渡すと、カフェなのに、アクセサリーやTシャツがならぶ雑貨屋さんのようなコーナー。若手クリエイターの作品を展示販売しているようですね。これがバラエティーに富んでいて、見ているだけでも実に楽しい!
展示商品に合わせてワークショップを行うこともあり、モノづくりには興味があるけれど、ひとりじゃなかなかチャンスがない、と思っている方は、ぜひ参加してみてください。クリエイターから直接教われるなんて、なかなかないチャンスです。

じぇじぇじぇ! ほっこりおいしい、まめぶ汁

蔵前4273 カフェのメニューに、ここに来たらぜひ注文してほしい名物があります。それは、久慈まめぶ汁!
そう、NHKの朝ドラで有名になった岩手県の郷土料理です。ごほうやきのこたっぷりの醤油ベースのお汁に、黒糖とくるみ入りのむちっとしたお団子「まめぶ」が入っています。甘い団子を入れちゃうなんて、ちょっと微妙という感じがしますが、いやいや、これがおいしい!
オーナーが岩手を訪れた際に手ほどきを受けたというから納得です。空間とモノと人と食、いろんな楽しみが交ざり合った、クセになるお店「蔵前4273」。浅草観光のついでに一駅足を延ばしてみるのもいいですよ。

蔵前4273の基本情報

住所 東京都台東区蔵前4-27-3
アクセス 都営浅草線「蔵前」駅A4出口より徒歩6分
都営大江戸線「蔵前」駅A5出口より徒歩6分
東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩10分
お問い合わせ 070-6511-4273

蔵前4273周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈築地駅南〉

アパホテル〈築地駅南〉

東京23区

築地場外市場まで歩いて5分!!銀座・新橋・東京駅・お台場方面にもアクセス良好◎飲食店も近くてとっても便利♪

東武ホテルレバント東京

東武ホテルレバント東京

東京23区

≪東京スカイツリー(R)オフィシャルホテル≫ 東京観光に便利◎錦糸町駅徒歩3分 TDLへの無料シャトルバスも毎日運行

アパホテル〈神田駅東〉

アパホテル〈神田駅東〉

東京23区

JR神田駅から徒歩5分、東京駅から1駅の好立地。 新幹線や高速バス、成田・羽田空港も乗換1回とアクセス良好。

周辺の宿一覧へ

蔵前4273周辺の観光スポット

ブランド直営店が集まった登山用品専門店

ici club 神田

ブランド直営店が集まった登山用品専門店

登山用品の量販店では、さまざまなブランドの商品を扱っていますが、扱うブランド数が多くなれば、必然的に…

働く・遊ぶ・観る・食べる・暮らす街

汐留シオサイト

働く・遊ぶ・観る・食べる・暮らす街

旧国鉄汐留貨物駅跡地の再開発で誕生した巨大複合都市が「汐留シオサイト」。「カレッタ汐留」などがある1…

学問の神様・菅原道真公を祀る関東三大天神のひとつ

湯島天満宮

学問の神様・菅原道真公を祀る関東三大天神のひとつ

湯島天満宮、通称・湯島天神は、力の象徴である天之手力雄命(あめのたじからおのみこと)とともに、学問の…

下町風情を感じながら、「学問の神様」にお参り

亀戸天神社周辺

下町風情を感じながら、「学問の神様」にお参り

「下町の天神さま」「亀戸天満宮」とも呼ばれる亀戸天神社。菅原道眞を祀る「学問の神様」として親しまれて…

周辺のスポット記事一覧へ

top