浅草演芸ホール

落語に漫才、曲芸、紙切り…。これぞ日本のエンタテインメント!

浅草演芸ホール

  • エンタメ

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

落語や漫才などが行われる場所を「寄席」といいますが、1日だけ行われる興行のことも「寄席」と名がつくことがあります。しかし、本来寄席は毎日休まずに興行する場所のことで、「定席(じょうせき)」とも呼ばれます。そして現在、全国で6カ所しかない定席のひとつが、ここ「浅草演芸ホール」。オープンは昭和39年(1964)。東京では一番新しい定席として、1年365日、落語ファンや観光客でにぎわっています。

あの大スターを生み出した笑いの殿堂

浅草演芸ホール 毎月1〜10日が上席、11〜20日が中席、21〜30日が下席と分けられ、各期間で演者が決まっています。
さらに昼の部と夜の部に分かれ、それぞれ15〜20組ほどが出演。『笑点』などテレビでも活躍する有名な噺家が登場することもあれば、浅草芸人といわれるナイツなどもここの常連です。かつてはコント55号を結成する前の萩本欽一さん、ビートたけしさんたちも、ここの舞台に上がっていたのです。まさに東京のお笑いの殿堂ですね。
公演は昼の部、夜の部とも、4時間を超える長丁場。隣の席では、お腹が空いてガサゴソとお弁当を開く人もいたりして、いい匂いが漂ってくるのはご愛嬌。みんな思い思いの楽しみ方で過ごしています。

前座からトリまで、笑いが詰まったひととき。仕事帰りにも十分楽しめる

浅草演芸ホール 浅草演芸ホールでは途中退席が可能。「今日のはつまんないな」なんてつぶやきながら出ていこうとする人には、「おーい、見てってくれよ」なんて演者が呼び止め、笑いのネタにしてしまうことも。
落語を中心に、漫才あり、マジックありのバラエティーに富んだ構成で、時間が経つのはあっという間。マジックや紙切りでは、客席にリクエストを募ることもあり、そんなときは恥ずかしがらずに声を上げてみましょう。選ばれればいい思い出になるはずです。
最後の中入りは19時。終演は通常21時前後なので、仕事が終わった後に駆けつけても、楽しめる時間は十分にあります。

浅草演芸ホールの基本情報

住所 東京都台東区浅草1-43-12
アクセス つくばエクスプレス「浅草」駅よりすぐ
東京メトロ銀座線「田原町」駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線「浅草」駅より徒歩6分
都営浅草線「浅草」駅より徒歩8分
お問い合わせ 03-3841-6545

浅草演芸ホール周辺のホテル・宿

アパホテル<秋葉原駅前>

アパホテル<秋葉原駅前>

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル<銀座 宝町>

アパホテル<銀座 宝町>

東京23区

宝町駅から徒歩1分、京橋駅徒歩3分、東京駅徒歩9分の好立地!羽田空港から乗り換えなし40分!

アパホテル<神田駅東>

アパホテル<神田駅東>

東京23区

JR神田駅から徒歩5分、東京駅から1駅の好立地。 新幹線や高速バス、成田・羽田空港も乗換1回とアクセス良好。

アパホテル<浅草蔵前>

アパホテル<浅草蔵前>

東京23区

蔵前駅徒歩約2分の駅チカ好立地!「東京スカイツリー」が鑑賞できるビュールーム♪全室有線LANとWi-Fiが無料接続可能

周辺の宿一覧へ

浅草演芸ホール周辺の観光スポット

見て楽しい! つくって感動! 食品サンプル

元祖食品サンプル屋 合羽橋ショールーム

見て楽しい! つくって感動! 食品サンプル

日本を訪れる外国人観光客の定番お土産でもある食品サンプル。その魅力をたっぷり味わえる食品サンプル専門…

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

CUFF SHOP(カフショップ)

袖口をおしゃれに飾るカフリンクスの専門店

カフリンクス(カフスボタン)は、シャツの袖口につける伝統的な男性用アクセサリー。若い人にはあまり馴染…

思い思いの楽しみ方ができる下町のガレージカフェ

蔵前4273

思い思いの楽しみ方ができる下町のガレージカフェ

東京の下町、蔵前は、おもちゃ、駄菓子、花火など扱う玩具問屋街として栄えてきた街。ここ数年は、古い建物…

かつて三島由紀夫や川端康成も愛したという、とんかつの名店

かつ吉 水道橋店

かつて三島由紀夫や川端康成も愛したという、とんかつの名店

東京ドームシティ・ミーツポートの向かいにある「かつ吉 水道橋店」が、この地で屋号を掲げてから50年以…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top