金子半之助

味よし! コスパよし! 食べてみる価値がある行列覚悟の人気店

金子半之助

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

日本橋の三越本店近く。裏路地のその天丼屋は、開店と同時に行列が発生するほどの人気店。ランチタイムは1〜2時間待つことも珍しくない。しかもメニューは天丼と味噌汁、ビールのみ! 「その潔さも好きだ!」と、揚げ物好き、天丼好きの心をがっちりとつかんでいます。晴れの日はもちろん、大雨の日でも長蛇の列が絶えることはありません。

ゴマ油の香りに誘われ順番待ち

金子半之助 いまや金子半之助は、アメリカにも店舗を展開する人気天丼店なのですが、やっぱり日本橋本店の人気は違います。
ちょうどランチタイムに到着したこともあり、店の前にはすでに50人をこえる行列。こぢんまりとした店内は、1、2階を合わせても20席! この時点でかなりの待ち時間を覚悟です。「ボリュームいっぱいの天丼」との噂を聞きお腹を空かしてやってきたのに、食欲をそそるゴマ油の香りの中でじっと順番を待つのは、そこそこメンタルを鍛えられる時間帯でもありました。

ボリュームいっぱいの天丼は感涙もの

金子半之助 無事席につけたら、お替わり自由のガリごぼうをつまみながら、天丼ができるのを静かに待ちます。
さあ、待ちに待った江戸前天丼の登場です。大きく盛られたご飯の上には、海老が2尾、小柱とイカのかき揚げ、ししとう、海苔、穴子、さらに玉子の天ぷらが載っていて、山盛りという表現がぴったり! 甘辛のたれがサクサクとした衣によく絡み、食感の変化がまた楽し。
珍しい玉子の天ぷらを箸でぱかっと割ると、中からとろりと黄身が流れ出し、まろやかな味わいに。う〜ん、これは行列ができるのも十分納得です。

金子半之助の基本情報

住所 東京都中央区日本橋室町1-11-15
アクセス 東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越前」駅A1出口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3243-0707

金子半之助周辺のホテル・宿

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈人形町駅北〉

アパホテル〈人形町駅北〉

東京23区

人形町駅A4出口徒歩2分!浅草、銀座、渋谷、六本木駅をはじめ、羽田空港にも好アクセス!最寄駅も多いので交通の利便性◎

アパホテル〈銀座 宝町〉

アパホテル〈銀座 宝町〉

東京23区

宝町駅から徒歩1分、京橋駅徒歩3分、東京駅徒歩9分の好立地!羽田空港から乗り換えなし40分!

周辺の宿一覧へ

金子半之助周辺の観光スポット

お釜で炊いた極上ご飯が主役の定食屋!

米どころん銀座3丁目店

お釜で炊いた極上ご飯が主役の定食屋!

独自開発したかまどで炊きあげた、極上ご飯が主役の定食屋さんがこの「米どころん」。美味しさを追求した、…

太鼓やお神輿、提灯。そしてお土産にぴったりな和雑貨が勢揃い

宮本卯之助商店

太鼓やお神輿、提灯。そしてお土産にぴったりな和雑貨が勢揃い

文久元年(1861)に創業し、150年以上の歴史をもつ宮本卯之助商店。太鼓・神輿・祭礼具を製造販売し…

江戸時代から続く老舗で、毎日を彩る和紙小物を

榛原(はいばら)

江戸時代から続く老舗で、毎日を彩る和紙小物を

再開発が進む東京・日本橋にある、創業200年の和紙舗「榛原」。老舗として確かな品質を保ちながら、現代…

気軽に落語が楽しめる! 落語ファンが集まる隠れ家的カフェ

らくごカフェ

気軽に落語が楽しめる! 落語ファンが集まる隠れ家的カフェ

古書の街・神田神保町。そのシンボル的存在ともいえる「神田古書センター」の中に、ユニークなスポットがあ…

周辺のスポット記事一覧へ

top