お多幸本店

東京おでんといえばここ! 秘伝の出汁がたっぷり染みた絶品おでん

お多幸本店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

日本橋にあるお多幸本店は、「おでん」といえば必ず名前が挙がる人気店。昼は名物の「とうめし定食」、夜はおでんとお酒を楽しむ人で賑わいます。大正12年に銀座で創業し、平成14年に日本橋へ移転した老舗ですが、昔も今も庶民的な雰囲気で敷居が高くないのも魅力です。広い世代に愛される、東京おでんを、日本橋に来たならぜひ味わってみましょう。

あれもこれも頼みたくなる、おでんのオールスターズ

お多幸本店 お店に入るとふわっと出汁のいい香り。カウンター奥のおでん鍋には、大根や玉子、はんぺん、ちくわぶ、昆布、魚すじ、さつま揚げ、牛すじなど、23種類ものタネがずらりと並び、ほかほかの湯気を立てています。
お多幸のおでんは、濃い目で甘辛の出汁が特徴です。醤油、砂糖、鰹と昆布によってていねいにとられた出汁は、60年以上継ぎ足しながら使われてきたもの。大根は、味はしっかり染みているのに、しっかり食感も残され、なんとも絶妙の煮込み加減。この大根は240円、ほかにも玉子190円、魚すじ220円と、気軽に注文できる値段設定がうれしいですね! 夏はトマト、冬は里芋など、ちょっと変わった季節の素材もおいしいですよ。

ふわふわの豆腐がのった、とうめしはランチに大人気

お多幸本店 お多幸でぜひ食べてほしいのが「とうめし」。醤油で炊いたごはんの上に豆腐のおでんをのせただけですが、これがいいんです!
昼は「とうめし定食」、夜はシメの一品として人気なのです。常連さんが発案した裏メニューだったそうですが、どんどん広まり、今や店を代表するメニューとなりました。
人形町にある老舗、とうふの双葉から仕入れた豆腐を「こわれる寸前まで煮込んだ状態が最高の味わい」。崩れそうで崩れない豆腐の煮込み加減にも、職人技が光ります。口に入れると豆腐に染み込んだ出汁がじゅわっ! 少しかために炊かれたごはんとの相性は抜群です。

お多幸本店の基本情報

住所 東京都中央区日本橋2-2-3
アクセス 東京メトロ銀座線・東西線、都営浅草線「日本橋」駅B5出口より徒歩1分
お問い合わせ 03-3243-8282

お多幸本店周辺のホテル・宿

アパホテル〈飯田橋駅南〉

アパホテル〈飯田橋駅南〉

東京23区

2017年10月31日オープン!飯田橋駅(A5番出口)から徒歩2分!都内主要駅まで乗換なしで、ビジネス・観光に最適!

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩2分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈浅草 雷門〉

アパホテル〈浅草 雷門〉

東京23区

«2017年10月17日にNEWオープン!»都営浅草線「浅草駅」より徒歩約2分と好立地。ビジネス・観光に便利なホテル。

ザ・プリンス パークタワー東京

ザ・プリンス パークタワー東京

東京23区

<東京タワーを一望する絶景のロケーション!>六本木駅まで2駅と都心へのアクセス良好。東京の夜景を眺めて過ごす贅沢な時間。

周辺の宿一覧へ

お多幸本店周辺の観光スポット

ビジネスマンの胃袋とハートをガッツリつかむステーキ専門店

ザ・ステーキ六本木

ビジネスマンの胃袋とハートをガッツリつかむステーキ専門店

「パワーの源は絶対に肉! パワーが出なけばビジネスの実力も発揮できません」などと断言する肉食主義者な…

迷路のように小さなショップがぎっしり! 掘り出し物を見つけよう

アメ横商店街

迷路のように小さなショップがぎっしり! 掘り出し物を見つけよう

上野駅から御徒町駅間のガード下に沿って伸びる商店街「アメ横」。戦後の闇市から発展したこの商店街は、鮮…

【浅草・上野】ぶらり1日散策コース

東京散歩シリーズ~浅草・上野エリア編~

【浅草・上野】ぶらり1日散策コース

時間をロスせず、充実した観光をするためには、巡る順番も大切。でも、東京といえば思いつく観光名所が多す…

忙しい朝や昼食に、おむすび専門店でホッと一息

おむすび稲香屋

忙しい朝や昼食に、おむすび専門店でホッと一息

東京に来たからには、やっぱり有名なレストランなどで食事を楽しみたいという方は多いはず。でも、そういう…

周辺のスポット記事一覧へ

top