けむり×賛否両論

燻製料理と和食の粋なコラボを下町・人形町で満喫

けむり×賛否両論

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

江戸の情緒を残す人形町の裏路地。予約が取れない店として知られる恵比寿の「賛否両論」と、燻製料理を主体にした人形町の人気ダイニング「けむり」がコラボした、「けむり×賛否両論」。古民家の古材を利用した店内は、カウンター、テーブルを含めて20席ほどのこぢんまりとした空間で、ノスタルジックな雰囲気に満ちています。コースで供される美しい料理の数々に目も口も心も大満足。やみつきになりそうなお店です。

人気シェフの意気投合によって生まれた店

けむり×賛否両論 「けむり×賛否両論」は、「賛否両論」の人気オーナーシェフ笠原将弘さんと、「けむり」の松嶋亮さんが、料理界の常識を超えた新しい店を作ろうと意気投合したことで生まれた店。
「賛否両論」と同じコース料理を主体に、料理も笠原氏と松嶋氏が一緒になって考案しているのだとか。旬の素材を使い、随所に「けむり」自慢の燻製料理が使われているのが特徴です。
モンゴルの岩塩を使い、特注のスモーカーでつくることで、さまざまな食材の旨みをぎゅっと凝縮! どこに燻製料理が潜んでいるのか、食べながら探すのも楽しそうです。

夜9時以降のコースを要チェック

けむり×賛否両論 人気店どうしのコラボとあって、注目度の高いお店ですが、値段は意外にリーズナブル! 土曜のみのランチコースは3,600円、夜のコースでも5,500円(税・サービス料別)と、仕事を頑張ったご褒美に、と十分に手が届く価格設定。
しかも、夜9時以降に店を訪ねる人のためには、お酒によく合う料理を揃えた「酒菜コース」や、夜のコースの料理を小さめのポーションで味わえる「ミニコース」も用意されています。
さらに月に一度は笠原氏が来店し、各テーブルをまわりながら、料理の説明を行う日が設けられているとのこと。こちらは飲み物一杯付きで12,000円。笠原氏の料理を愛する人にはぜひおすすめです。

けむり×賛否両論の基本情報

住所 東京都中央区日本橋人形町2-10-7 山田ビル2階
アクセス 東京メトロ日比谷線「人形町」駅A1出口より徒歩1分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅7番出口より徒歩3分
お問い合わせ 03-5643-5039

けむり×賛否両論周辺のホテル・宿

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

アパホテル〈銀座 宝町〉

アパホテル〈銀座 宝町〉

東京23区

宝町駅から徒歩1分、京橋駅徒歩3分、東京駅徒歩9分の好立地!羽田空港から乗り換えなし40分!

アパホテル〈東京九段下〉

アパホテル〈東京九段下〉

東京23区

飯田橋駅へも徒歩7分靖国神社も徒歩圏内!ディズニーランド(舞浜駅)へ約35分。東京・新宿・渋谷・銀座へアクセス抜群★

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

周辺の宿一覧へ

けむり×賛否両論周辺の観光スポット

人気は変わらず、いつの時代も東京のシンボル

東京タワー

人気は変わらず、いつの時代も東京のシンボル

「東京タワー」は通算来場者数が2億人に迫る、東京観光の定番。はとバスツアーだけでも20を超えるコース…

お金の歴史と役割を学ぶ大人の社会科見学

日本銀行本店・貨幣博物館

お金の歴史と役割を学ぶ大人の社会科見学

日本銀行本店は、東京駅などを設計した建築界の巨匠・辰野金吾の設計によるもの。ネオ・バロック建築の建物…

江戸時代から続く老舗で、毎日を彩る和紙小物を

榛原(はいばら)

江戸時代から続く老舗で、毎日を彩る和紙小物を

再開発が進む東京・日本橋にある、創業200年の和紙舗「榛原」。老舗として確かな品質を保ちながら、現代…

気軽に落語が楽しめる! 落語ファンが集まる隠れ家的カフェ

らくごカフェ

気軽に落語が楽しめる! 落語ファンが集まる隠れ家的カフェ

古書の街・神田神保町。そのシンボル的存在ともいえる「神田古書センター」の中に、ユニークなスポットがあ…

周辺のスポット記事一覧へ

top