福徳神社(芽吹稲荷)
2019.8.19更新

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

福徳神社(芽吹稲荷)

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

高層ビルが立ち並ぶ、日本橋室町の片隅にたたずむ小さな神社。鳥居も社殿も新しく、日本橋の再開発によって新たに誕生した神社と思われがちですが、実は千年以上前の平安時代から続く都内有数の古社。江戸時代には徳川家康も秀忠も参詣したという由緒正しき神社は、天保の改革による廃社、関東大震災、空襲、町の再開発など時代の荒波にもまれながらも地元の人々の要望にこたえ、日本橋室町に再び鎮座することになりました。

日本橋とともに歩んできた神社

福徳神社(芽吹稲荷) ビジネスマンが慌ただしく行き交う日本橋の街を歩きながら、平安時代の風景を想像するのはかなりの難題。ですが、貞観年間(859〜876年)からこの地に鎮座していたといわれる福徳神社の歴史をひもとけば、その様子が少しずつ目に浮かんできます。
もともと、武蔵野に福徳村という村があり、福徳神社はその村の名をとって五穀豊穣を願う稲荷神社として祀られたもの。日本橋がまだ海に近く、周辺に延々と田畑が広がっていた時代のお話です。今も福徳神社の鳥居の脇には「稲荷の一里塚」がありますが、これは当時、鎮守の森の片隅に建てられていたものを復元したものだそうです。

宝くじ当選祈願ができる。そのご利益にあずかりたい人はぜひ参拝を!

福徳神社(芽吹稲荷) 福徳神社は武将からの信仰も厚く、室町時代の武将、太田道灌はこの神社に合祀されています。
江戸時代には徳川家康も参詣し、二代将軍秀忠は参詣した際に、クヌギの皮付きの鳥居に新芽が出ていたことから、「芽吹稲荷」という別名を授けています。また、江戸時代に富くじの発行が許されていた数少ない神社のひとつでもあり、当時はくじを求める庶民で賑わっていたようです。そのため今でも本殿の傍らには、宝くじ当選を祈るための三宝と鈴払いが置いてあり、宝くじを保管するための「宝袋」も販売しています。
宝くじを買った後にお参りすれば、ご利益にあずかれるかもしれませんよ。

このスポットが掲載されているまとめ

福徳神社(芽吹稲荷)の基本情報

住所 東京都中央区日本橋室町2-4-14
アクセス 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩すぐ
お問い合わせ 03-3276-3550

福徳神社(芽吹稲荷)周辺のホテル・旅館

アパホテル〈神田駅前〉

アパホテル〈神田駅前〉

東京23区

◇ アクセス良好 ◇ 東京駅から1駅・神田駅東口から徒歩3分! 秋葉原や日本橋三越までは徒歩圏内!

アパヴィラホテル〈赤坂見附〉

アパヴィラホテル〈赤坂見附〉

東京23区

東京メトロ赤坂見附駅(永田町駅直結)10番出口から徒歩2分! 新橋・渋谷・東京には乗り換えなしで10分圏内!

ベイサイドホテル アジュール竹芝・浜松町

ベイサイドホテル アジュール竹芝・浜松町

東京23区

浜松町駅徒歩7分 竹芝駅徒歩1分!

アパホテルプライド〈国会議事堂前〉(全室禁煙)

アパホテルプライド〈国会議事堂前〉(全室禁煙)

東京23区

アパホテル最上級プライドシリーズ第1弾!  【全室禁煙】最上階に露天風呂付大浴場・展望テラス完備

周辺の宿一覧へ

福徳神社(芽吹稲荷)周辺の観光スポット

ビール、ワインだけじゃない! 食にもこだわりアリのオトナの居酒屋

プラチナフィッシュ バル

ビール、ワインだけじゃない! 食にもこだわりアリのオトナの居酒屋

「バル」と名がつくお店なら、ドリンクにこだわりがあって当然。でもその一方で、食事に物足りなさを感じる…

旧校舎を利用して生まれた、地域の人に愛されるアート基地

3331 Arts Chiyoda

旧校舎を利用して生まれた、地域の人に愛されるアート基地

おめでたい席で感謝の意を表わす風習として受け継がれてきた「江戸一本締め」。地域に根差した記憶を継承し…

100年前の姿を復元した、壮麗な赤レンガ駅舎

東京駅

100年前の姿を復元した、壮麗な赤レンガ駅舎

日本の中央駅「東京駅」。大都会への憧れを胸にたくさんの人たちが東京を訪れ、またここを起点に旅へと出発…

新鮮魚介と厳選された日本酒が自慢! 会食や宴会の利用にもオススメできる居酒屋

はなたれ 丸の内本店

新鮮魚介と厳選された日本酒が自慢! 会食や宴会の利用にもオススメできる居酒屋

東京駅の近くにある海鮮居酒屋「はなたれ」は、魚と日本酒を愛する人にオススメの店。魚介類はその日の朝に…

周辺のスポット記事一覧へ

散策・モデルコースの他の記事を見る

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

福寺松原商店街

ハマのアメ横は人気急上昇の注目株

相鉄線「天王町」駅で下車。降りてすぐの商店街を抜けて5分ほど歩くと国道16号線。この道を渡ったところ…

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

馬車道

明治の面影を探しながら散歩する文明開化の道

横浜市中区にある道路の通称である「馬車道」は、2004年に横浜高速鉄道みなとみらい線が開通し、「馬車…

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

イセザキ・モール

昔ブルース、今ミュージシャンストリート。横浜の流行発信地

伊勢佐木町の1丁目2丁目にあるのがイセザキ・モール。JR関内駅から歩いて1分程度のところに入口があり…

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

公園・名所・史跡の他の記事を見る

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

三溪園

日本古来の美を凝縮した、京都よりも京都らしいといわれる日本庭園

県庁や市庁があるエリアのすぐそばに、広さ東京ドーム約4個分にもおよぶ一大日本庭園があるのをご存知です…

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

大佛次郎記念館

ネコ好きは横浜に集まれ!横浜を愛したネコ好き文豪スポット

横浜で生まれ、横浜を愛し、無類のネコ好きだった文豪・大佛次郎。「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」などの小説、…

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

YCC ヨコハマ創造都市センター

いつ訪れても新しさに満ちている、みんなが集うコスモポリス横浜

1929年に第一銀行横浜支店として建てられた建物は、列柱が印象的な半円形バルコニーをもつ重厚な外観。…

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

コーヒーハウス ザ・カフェ(ホテルニューグランド)

はじまりはココにあり。ホテルニューグランド発祥の味が大集合

関東大震災で崩壊した横浜の衰退に歯止めをかけるべく建設され、ハイカラな文化を発信してきたホテルニュー…

ショッピングなどの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

福岡市・太宰府市・糸島市の他の記事を見る

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多百年蔵

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多に残る唯一の“現役の酒蔵”として、今なお昔ながらの酒造りを続ける「博多百年蔵」。昔の趣を残す白壁…

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

子どもたちに大人気のアンパンマンに会える、参加・体験型ミュージアム。ガラス屋根で覆われた開放的な屋内…

花々が咲き誇り、大人もほのぼの和める昔ながらの遊園地

かしいかえん シルバニアガーデン

花々が咲き誇り、大人もほのぼの和める昔ながらの遊園地

福岡にあまり縁がない人には耳慣れない言葉かもしれませんが、「かしいかえん」は漢字で「香椎花園」と書き…

眼下に広がる市街地を眺めながら、動物との触れ合いやバーベキューを楽しもう

もーもーらんど油山牧場

眼下に広がる市街地を眺めながら、動物との触れ合いやバーベキューを楽しもう

福岡市街地から車で約30分、油山の中腹にあるのがこの牧場。ヤギやポニーなど動物との触れ合いを楽しめる…

周辺のホテル・旅館

top