福徳神社(芽吹神社)

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

福徳神社(芽吹神社)

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

高層ビルが立ち並ぶ、日本橋室町の片隅にたたずむ小さな神社。鳥居も社殿も新しく、日本橋の再開発によって新たに誕生した神社と思われがちですが、実は千年以上前の平安時代から続く都内有数の古社。江戸時代には徳川家康も秀忠も参詣したという由緒正しき神社は、天保の改革による廃社、関東大震災、空襲、町の再開発など時代の荒波にもまれながらも地元の人々の要望にこたえ、日本橋室町に再び鎮座することになりました。

日本橋とともに歩んできた神社

福徳神社(芽吹神社) ビジネスマンが慌ただしく行き交う日本橋の街を歩きながら、平安時代の風景を想像するのはかなりの難題。ですが、貞観年間(859〜876年)からこの地に鎮座していたといわれる福徳神社の歴史をひもとけば、その様子が少しずつ目に浮かんできます。
もともと、武蔵野に福徳村という村があり、福徳神社はその村の名をとって五穀豊穣を願う稲荷神社として祀られたもの。日本橋がまだ海に近く、周辺に延々と田畑が広がっていた時代のお話です。今も福徳神社の鳥居の脇には「稲荷の一里塚」がありますが、これは当時、鎮守の森の片隅に建てられていたものを復元したものだそうです。

宝くじ当選祈願ができる。そのご利益にあずかりたい人はぜひ参拝を!

福徳神社(芽吹神社) 福徳神社は武将からの信仰も厚く、室町時代の武将、太田道灌はこの神社に合祀されています。
江戸時代には徳川家康も参詣し、二代将軍秀忠は参詣した際に、クヌギの皮付きの鳥居に新芽が出ていたことから、「芽吹神社」という別名を授けています。また、江戸時代に富くじの発行が許されていた数少ない神社のひとつでもあり、当時はくじを求める庶民で賑わっていたようです。そのため今でも本殿の傍らには、宝くじ当選を祈るための三宝と鈴払いが置いてあり、宝くじを保管するための「宝袋」も販売しています。
宝くじを買った後にお参りすれば、ご利益にあずかれるかもしれませんよ。

福徳神社(芽吹神社)の基本情報

住所 東京都中央区日本橋室町2-4-14
アクセス 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩すぐ
お問い合わせ 03-3276-3550

福徳神社(芽吹神社)周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈東京九段下〉

アパホテル〈東京九段下〉

東京23区

飯田橋駅へも徒歩7分靖国神社も徒歩圏内!ディズニーランド(舞浜駅)へ約35分。東京・新宿・渋谷・銀座へアクセス抜群★

アパホテル〈銀座 宝町〉

アパホテル〈銀座 宝町〉

東京23区

宝町駅から徒歩1分、京橋駅徒歩3分、東京駅徒歩9分の好立地!羽田空港から乗り換えなし40分!

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

周辺の宿一覧へ

福徳神社(芽吹神社)周辺の観光スポット

国内最大級の展示スペースで、ゆったり美術鑑賞

国立新美術館

国内最大級の展示スペースで、ゆったり美術鑑賞

ガラスの外観が美しい国立新美術館は、国内5番目の国立美術館です。収蔵品を持たず、国内最大級の展示スペ…

ユニークなかるたやカードゲームを豊富に取り揃える専門店

奥野かるた店

ユニークなかるたやカードゲームを豊富に取り揃える専門店

子どものころ、お正月に友だちや家族と楽しんだかるた遊び。大人になったいまでは、やるのはもちろん、かる…

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

両国 國技堂

名物はあんこあられ。江戸前の甘味処で下町情緒を満喫

お相撲さんの町、両国に来たならばぜひ立ち寄りたいのが甘味処「両国 國技堂」。二代目ご主人考案の「あん…

ファッションブランドの直営店から手芸用品の問屋までが通りに集結!

日暮里繊維街

ファッションブランドの直営店から手芸用品の問屋までが通りに集結!

日暮里中央通りを挟んで左右にずらりと立ち並ぶ、衣類や生地などの店。この街には古くから、繊維専門店が集…

周辺のスポット記事一覧へ

top