JPタワー「KITTE」

日本の魅力が丸の内に集合! 東京駅の目の前にある商業施設

JPタワー「KITTE」

  • 複合施設・商業施設

  • ショッピング

  • 芸術・文化施設

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

JR東京駅南口前に2013年にオープンした商業施設「KITTE」。JPタワー内にある、日本郵便が運営する施設は、「切手」と「来て」から名付けられました。平成20年(2008)までは郵便局として利用されていた旧東京中央郵便局の建物の一部を保存・再生して建造された「KITTE」は、外観や内装のいろんなところにレトロな様式が残ります。

日本生まれの、人のワザや文化に触れよう!

JPタワー「KITTE」 「KITTE」のコンセプトは「Feel JAPAN」。日本全国から人気のお店や名品が集められています。
まず注目は、1階から5階まで吹き抜けの開放的な空間。大相撲が開催されるなどスペシャルなイベントが行われることも多いので、要チェックです。地下1階から地上6階までの各フロアは「日本の美意識フロア」「全国ご当地銘品フロア」などそれぞれテーマを設定し、老舗の名品や新商品、伝統的な技術を生かしながら、今風にデザインされた雑貨など、感度の高い丸の内OLさんも納得の品々が並びます。ここでしか買えない商品もたくさんあるので、お見逃しなく!

趣きある東京駅丸の内駅舎を間近でじっくり観賞

JPタワー「KITTE」 もうひとつの「KITTE」の魅力は、東京駅目の前の立地のよさ。旧東京中央郵便局の局長室を再現した部屋の広い窓からは、東京駅の特徴的なドームを間近に見ることができます。
また、JPタワー低層部の屋上となる、6階の屋上庭園「KITTEガーデン」もおすすめ! ここからは、東京駅を見下ろすように素晴らしい眺望を楽しむことができるんですよ。
夜になれば、ライトアップされた駅舎と駅周辺の高層ビルの夜景を合わせて眺めることができ、まさにデートにもぴったりのスポットなのです。

JPタワー「KITTE」の基本情報

住所 東京都千代田区丸の内2-7-2
アクセス JR各線、東京メトロ丸の内線「東京」駅より地下通路直結
東京メトロ千代田線「二重橋前」駅より徒歩2分
東京メトロ千代田瀬・東西線・半蔵門線、都営三田線「大手町」駅より徒歩4分
東京メトロ有楽町線「有楽町」駅より徒歩6分
お問い合わせ 03-3216-2811(KITTEインフォメーションセンター 10:00〜19:00)

JPタワー「KITTE」周辺のホテル・宿

アパホテル〈秋葉原駅前〉

アパホテル〈秋葉原駅前〉

東京23区

JR秋葉原駅昭和通り口徒歩1分!徒歩圏内に駅がたくさんあるので便利☆全室有線LAN・Wi-Fi接続が無料で使用可能

アパホテル〈三田駅前〉

アパホテル〈三田駅前〉

東京23区

三田駅徒歩1分、田町駅徒歩5分!品川・新橋・東京・羽田まで楽々アクセス!東京スカイツリー、東京ドームまで乗換えなし!

アパホテル〈築地駅南〉

アパホテル〈築地駅南〉

東京23区

築地場外市場まで歩いて5分!!銀座・新橋・東京駅・お台場方面にもアクセス良好◎飲食店も近くてとっても便利♪

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

周辺の宿一覧へ

JPタワー「KITTE」周辺の観光スポット

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

福徳神社(芽吹神社)

千年の時空を超えてよみがえった古社を訪ねる

高層ビルが立ち並ぶ、日本橋室町の片隅にたたずむ小さな神社。鳥居も社殿も新しく、日本橋の再開発によって…

明治45年開業時の姿が残る、赤レンガのプラットホームと高架橋

旧万世橋駅・マーチエキュート神田万世橋

明治45年開業時の姿が残る、赤レンガのプラットホームと高架橋

その昔、JR中央線の神田〜御茶ノ水間に大きなターミナル駅がありました。昭和18年(1943)まで使わ…

相撲史上、最強怪力力士のお墓参り

赤坂報土寺にある雷電為右衛門の墓

相撲史上、最強怪力力士のお墓参り

赤坂のTBS放送センター周辺はビジネスホテルもあり、出張ビジネスマンにも便利な場所。ちょっと歩けば気…

「感動するあんみつ」を提供する上野の老舗甘味処

みはし上野本店

「感動するあんみつ」を提供する上野の老舗甘味処

「みはし」が語るあんみつの起源によると、「その昔、赤えんどう豆に蜜をかけて食べていたときがあって、や…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top