Pie face(パイフェイス)

日本初上陸のパイ専門店でお腹も心も満たされる

Pie face(パイフェイス)

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

オーストラリア発祥のミートパイ専門店が渋谷にオープン! 日本ではまだ馴染みが少ない総菜パイ9種類のほかに、スイーツパイが7種類、さらにオーストラリア直輸入のコーヒーが味わえます。現地の店でも使っているこだわりの豆を直輸入するなど、あくまでも本場と同じ味を提供することに力を入れ、コンセプトは「ホッとできて笑顔になれる場所」。幸せな休憩時間が待っていそうです。

食べるのがもったいなくなるほど可愛いパイ

Pie face(パイフェイス) セイボリーパイとは総菜の入ったパイのこと。オーストラリアでも人気の「クラッシックミンスビーフ」は、香辛料で味付けしたビーフを詰め込んだミートパイ。表面には顔の絵が描かれ、口はひき肉(ミンス)の頭文字から「M」字型。ほかにも、じっくり煮込んだホワイトソースに大きめにカットした鶏肉とマッシュルームが入っている「チキンマッシュルーム」や、「チャンスーステーキ」などがあり、それぞれに異なる表情が描かれていてとても可愛い。
「あらびきソーセージロール」など日本オリジナルメニューも充実しています! 7種類あるスイーツパイは、すべて日本オリジナルのメニューで、セイボリーパイと一緒に楽しめる少し小さめのサイズになっています。

くつろげる空間に女性ファンが増加中

Pie face(パイフェイス) ミートパイは、オーストラリアの国民食と呼ばれるほどの存在。パイフェイスでは、食事やおやつなど利用シーンに応じて選べるように、ドリンクやサイドメニューを充実させているのがうれしいところ。たとえば、ランチではセイボリーパイとスープやサラダのセットがあり、バランスのいい食事になっています。
ブランドカラーであるレッドを基調に、木目やレンガを生かしたデザインの店内は、おしゃれでありながら、どこか落ち着く、くつろぎの空間に。ロゴマークである目を閉じた表情のスマイルが、カップやペーパーナプキン、テイクアウトのバッグなどにあしらわれ、食べながら自然と笑顔になってしまいます。

コーヒーはカカオとリッチなビターチョコレートを思わせる香りがステキ

Pie face(パイフェイス) ドリンクの中で一番こだわっているのがコーヒーです。オーストラリアNo.1のコーヒー会社から直輸入した豆は、コロンビア産とインド産のブレンドによる豊かな味わいで、コーヒー通をも唸らせます。カカオとビターチョコレートを思わせるような香りがあり、わずかな酸味が味のバランスを引き締めています。
カフェラテには、ココアパウダーを使ってパイフェイスのロゴでもある顔が描かれ、飲む前に目でも楽しめるという演出。コーヒー以外には、抹茶ラテやチャイラテ、さらにオーストラリア産ビールやワイン、カクテルなどのアルコール類、ジュースやミネラルウォーターなど、ソフトドリンクも充実です。

Pie face(パイフェイス)の基本情報

住所 東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ 1F
アクセス 東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線「渋谷」駅7番口より2分
JR山手線、東京メトロ銀座線「渋谷」駅ハチ公口より4分
東京メトロ副都心線「渋谷」駅13番口より3分
お問い合わせ 03-4336-8210

Pie face(パイフェイス)周辺のホテル・宿

アパホテル〈東新宿駅前〉

アパホテル〈東新宿駅前〉

東京23区

東新宿駅から徒歩約1分の好立地。女性やファミリーも安心のセキュリティー。歌舞伎町まで徒歩5分と観光やビジネス最適。

アパホテル〈新宿御苑前〉

アパホテル〈新宿御苑前〉

東京23区

東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩1分、新宿御苑の目の前の大浴場付きホテル!新宿エリアのあらゆるスポットへ便利!

アパヴィラホテル〈赤坂見附〉

アパヴィラホテル〈赤坂見附〉

東京23区

赤坂見附駅から徒歩2分で都内のアクセス良好!本場イタリアの味が楽しめるレストランが魅力!全室Wi-Fi接続無料!

アパホテル〈六本木一丁目駅前〉

アパホテル〈六本木一丁目駅前〉

東京23区

☆六本木ヒルズや東京ミッドタウン、東京タワー徒歩圏内! ☆新宿、渋谷、池袋、品川、新橋にもアクセス良好!

周辺の宿一覧へ

Pie face(パイフェイス)周辺の観光スポット

メンズネイルで身だしなみバッチリ、オシャレもワンランクアップ

適正休憩所 Presented by OtokoNail

メンズネイルで身だしなみバッチリ、オシャレもワンランクアップ

オフィスビルが建ち並ぶ霞ヶ関の一角にある「適正休憩所 Presented by OtokoNail」…

「板垣死すとも自由は……」。旧東海道で歴史散歩

板垣退助の墓所(品川神社)

「板垣死すとも自由は……」。旧東海道で歴史散歩

板垣退助といえば、明治時代の流行語にもなったといわれる「板垣死すとも自由は死せず」が有名です。暴漢に…

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

BrewDog Roppongi

アジア初! スコットランド発クラフトビールのオフィシャルバー

「BrewDog」は、2007年にスコットランドで誕生したクラフトビールのブルワリー。またたく間に世…

戦後の面影を残す世田谷ディープスポット

三軒茶屋 三角地帯

戦後の面影を残す世田谷ディープスポット

世田谷通りと国道246号に挟まれた、通称「三軒茶屋の三角地帯」。“エコー仲見世通り”や、“ゆうらく通…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top