Bunkamura

オペラも楽しめるコンサートホールや劇場、美術館や映画館も揃う複合文化施設

Bunkamura

  • 複合施設・商業施設

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

渋谷の駅前交差点から文化村通りを歩いて約7分、東急百貨店本店の隣にそびえる「Bunkamura」。なんとも存在感あるこの建物は、ルーブル美術館の内装などにも携わったフランス人建築家、ジャン=ミッシェル・ヴィルモットが手掛けたものだとか。高級住宅街で知られる松濤にもほど近く、文化の香りがするこの一角には、渋谷駅周辺の喧騒とはまた違った文化の香りが漂います。

人気の展覧会やコンサート、ツウをうならせる映画も充実!

Bunkamura

話題性のある魅力的な展覧会が企画される美術館「ザ・ミュージアム」。世界有数のクラシックコンサートやバレエ、ポピュラーコンサートが開催される「オーチャードホール」。演劇やコンサートなど、あらゆる一流作品に触れることができる「シアターコクーン」。目の肥えたファンに熱い視線が注がれる「Bunkamura」では、気になる公演を見つけたなら、チケットはすぐに押さえてしまいましょう。それで旅の楽しみはより一層ふくらむというものです。
もちろん映画ファンにも素敵な楽しみが。「ル・シネマ」ではヨーロッパやアジアの芸術性の高い映画が上映され、しかもここでしか観られない作品も多く、映画マニアたちが足繁く通います。

パリのエスプリを感じさせるカフェや気になるショップもいろいろ

Bunkamura

舞台や映画を見る前には、ロビーラウンジでのお茶タイムで気持ちの準備。隣の全面ガラス張りのギャラリーを眺めてアートな気分に浸れば、気分はさらに盛り上がりますよ。
また、地下1階から3階にかけての吹き抜けにテラス席が設けられた「ドゥ マゴ パリ」は、パリの老舗カフェの海外業務提携1号店。パリのエスプリと芸術の香りが漂う店内で過ごせば、気分はすっかり文豪ヘミングウェイ。オーチャードホールの入口そばの「松涛カフェ」は、「松涛ケーキ」が名物。アート本が並ぶブックショップや、パリのアーティストによるフラワーブティックも、ぜひお見逃しなく。

Bunkamuraの基本情報

住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
アクセス JR線「渋谷」駅ハチ公口より徒歩7分
東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩7分
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅3a出口より徒歩5分
お問い合わせ 03-3477-9111(代表)

Bunkamura周辺のホテル・宿

アパホテル〈西麻布〉

アパホテル〈西麻布〉

東京23区

六本木駅まで徒歩圏内ビジネス・イベント・観光に好立地!全室インターネット接続無料◎朝食は手作りパンブュッフエ付き!

アパホテル〈渋谷道玄坂上〉

アパホテル〈渋谷道玄坂上〉

東京23区

渋谷駅から徒歩8分。銀座、横浜への乗換なし

アパホテル〈東新宿 歌舞伎町〉

アパホテル〈東新宿 歌舞伎町〉

東京23区

地下鉄「東新宿駅」(A1出口)徒歩3分!地下鉄「新宿駅」(B10出口)徒歩9分!JR「新宿駅」(東口)徒歩11分!

新宿プリンスホテル

新宿プリンスホテル

東京23区

<新宿駅徒歩5分のシティホテル>銀座など都内要所へも20分以内!エレガントでシックなデザインの客室で寛ぎのひと時を…。

周辺の宿一覧へ

Bunkamura周辺の観光スポット

元気があればプロレス居酒屋にも行ける! 足を運ばずにはいられない

アントニオ猪木酒場新宿店

元気があればプロレス居酒屋にも行ける! 足を運ばずにはいられない

プロレスファンにとっては神的存在、アントニオ猪木を全面に押し出した、猪木しばりの居酒屋です。どこもか…

自分だけの空間で心置きなく熱唱! ひとりカラオケ専門店

ワンカラ 渋谷ちとせ会館店

自分だけの空間で心置きなく熱唱! ひとりカラオケ専門店

今やなんでも“おひとりさま”の時代。でも、狭い空間でひとりで歌うのは、ちょっと寒すぎはしないだろうか…

さらにレベルアップした快適でラグジュアリーなホテルの楽しみを

京王プラザホテル

さらにレベルアップした快適でラグジュアリーなホテルの楽しみを

宿泊するホテルを決める際に、ポイントとなるのは、交通アクセス、部屋の広さ、アメニティなど、人それぞれ…

相撲史上、最強怪力力士のお墓参り

赤坂報土寺にある雷電為右衛門の墓

相撲史上、最強怪力力士のお墓参り

赤坂のTBS放送センター周辺はビジネスホテルもあり、出張ビジネスマンにも便利な場所。ちょっと歩けば気…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top