渋谷マークシティ

公共交通網に直結! 出張ビジネスマンに便利な複合商業ビル

渋谷マークシティ

  • 定番

  • 宿泊・温泉

  • 複合施設・商業施設

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

出張時はアクセスのよさが重要ですが、その意味でも「渋谷マークシティ」は抜群の立地。京王井の頭線に直結し、JR各線、東京メトロ各線、東急各線の渋谷駅も連絡通路からすぐ。雨に濡れずに立ち寄ることができます。5階には、リムジンバスの発着ターミナルもあり、羽田・成田空港へはもちろん、大阪、金沢、松江に至るまで、日本各地への便が運行しています。

人気店が多いレストラン街は必見! 和食、洋食、中華、イタリアンやフレンチも本格派

渋谷マークシティ 「若者の街」というイメージの渋谷ですが、もちろん大人のための空間だってあります。そのひとつが「渋谷マークシティ」で、コンセプトはまさに「オトナ発信地」。ファッションやインテリアショップのほか、レストランのラインナップなども、上質を知る大人にふさわしいものが揃っています。
たとえばスイス、イタリアの日本大使館総料理長も務めた石橋尚幸氏がオーナーシェフを務める本格イタリア料理「La casa di Nao」。ここでのオススメは絶品の石釜ピッツァ。京都のおばんざいと旬の素材を生かした炙り焼きが楽しめるのは「菜な」。一匹まるごとの穴子寿司が有名な「美登利寿司」は、いつも行列の人気店です。

かゆいところに手が届く、バラエティーに富んだショップやサロンのラインナップは旅行者にも心強い味方

渋谷マークシティ 地下1階の「東横のれん街」には和洋さまざまな銘店が軒を連ねます。「アンリ・シャルパンティエ」や「モロゾフ」などの有名洋菓子店、「とらや」や「両口屋是清」といった老舗和菓子店など、贈り物にすると喜ばれそうなお店や品がひと通り揃い、お土産探しにはとても便利!
出張中の忙しい人は、仕事の合間に5階のリラクゼーションスペースでプチ贅沢してみてはいかが? 旅と仕事の疲れがすっきり癒せますよ。駅直結の渋谷マークシティだけあって大型書店もあり、ガイドブックを買い足したいときや情報収集などに立ち寄ってみるのもいいですね。

渋谷マークシティの基本情報

住所 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
アクセス 京王井の頭線「渋谷」駅直結、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線・田園都市線、JR山手線・埼京線「渋谷」駅より地下通路で連絡
お問い合わせ -

渋谷マークシティ周辺のホテル・宿

アパホテル〈新宿御苑前〉

アパホテル〈新宿御苑前〉

東京23区

東京メトロ新宿御苑前駅から徒歩1分、新宿御苑の目の前の大浴場付きホテル!新宿エリアのあらゆるスポットへ便利!

アパホテル〈渋谷道玄坂上〉

アパホテル〈渋谷道玄坂上〉

東京23区

渋谷駅から徒歩8分。銀座、横浜への乗換なし

アパホテル〈東新宿駅前〉

アパホテル〈東新宿駅前〉

東京23区

東新宿駅から徒歩約1分の好立地。女性やファミリーも安心のセキュリティー。歌舞伎町まで徒歩5分と観光やビジネス最適。

アパヴィラホテル〈赤坂見附〉

アパヴィラホテル〈赤坂見附〉

東京23区

赤坂見附駅から徒歩2分で都内のアクセス良好!本場イタリアの味が楽しめるレストランが魅力!全室Wi-Fi接続無料!

周辺の宿一覧へ

渋谷マークシティ周辺の観光スポット

日本初のバーチャルサーキットにて、プロレーサー気分でカーレース

東京バーチャルサーキット

日本初のバーチャルサーキットにて、プロレーサー気分でカーレース

「都心でサーキットを走れる」そんな噂を聞いた。半信半疑で訪れると、そこにあるのは、まさに富士スピード…

無料の展望室から東京を一望! 観光客にも人気の超高層ランドマーク

東京都庁

無料の展望室から東京を一望! 観光客にも人気の超高層ランドマーク

東京の地方行政の拠点、西新宿の都庁舎。ここを観光するというイメージはあまりないかもしれません。ところ…

渋谷駅そばの神社は知る人ぞ知る、出世のパワースポット

金王八幡宮

渋谷駅そばの神社は知る人ぞ知る、出世のパワースポット

地名に“谷”の字が付くことからも分かるように、渋谷は悪い気が流れ込む“逆パワースポット”などと揶揄す…

新宿駅の真上で笑いが渦巻くお笑い専門劇場

ルミネ the よしもと

新宿駅の真上で笑いが渦巻くお笑い専門劇場

お洒落なショップやカフェが入居し、洗練されたイメージの新宿ルミネ。でも、そんなビルの7階で毎日繰り広…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top