泉屋博古館分館

住友家収集コレクションで美術の知識もさりげなく

泉屋博古館分館

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

できるビジネスパーソンには、教養も大切。六本木付近で美術の造詣を深めるなら、泉屋博古館(せんおくはくこかん)分館はちょっと外せない。緑豊かな庭園も備えた美術館は、仕事の合間のリフレッシュにも最適。住友グループの創業家・住友家のコレクションを間近に、ビジネスエリートの心意気なども感じてみませんか?

住友家が集めた美術品の数々に魅せられる

泉屋博古館分館 エントランスで迎えてくれるのは、重厚な銅製の自動扉。住友家の家業である銅精錬業にちなみ、館内各所に銅が使われているのだ。収蔵品は近代の洋画・日本画、陶磁器や茶道具、能面・能装束などが中心。藤島武二や和田英作、浅井忠など明治美術界に新風を吹き込んだ近代絵画作品も見逃せない。
もうひとつ、見逃してはいけないのが岸田劉生の『二人麗子図』。愛娘の麗子を描いた作品シリーズの一作だが、麗子像は誰もが教科書などで目にしたことがあるはず。二人の麗子が描かれた異色の作品は、その絵の力強さに引き込まれるに違いない。

美術鑑賞で右脳を刺激し、ビジネスにも新しい発想

泉屋博古館分館 ふだん論理的な思考で左脳ばかり使っているならば、ときには美術作品で右脳も刺激してみることをおすすめしたい。
6曲1双の木島桜谷作『柳桜図』は、金地の大画面いっぱいに柳桜が表現され、迫力は満点! 名前ぐらいなら多くの人が知っているであろう東山魁夷の『スオミ』も印象的な作品だ。
スオミとはフィンランド語で“湖の国”を意味している。じっと眺めていると、点在する湖を取り囲む針葉樹を表現した焼群青の色が目に焼き付いていく。こんな絵画に触れることで、きっとビジネスにも新しい視点や発想も生まれてくるに違いない。

泉屋博古館分館の基本情報

住所 東京都港区六本木1-5-1
アクセス 東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅より改札口直結の泉ガーデンタワー脇のエスカレーターを上がってすぐ
お問い合わせ 03-5777-8600

泉屋博古館分館周辺のホテル・宿

アパホテル〈三田駅前〉

アパホテル〈三田駅前〉

東京23区

三田駅徒歩1分、田町駅徒歩5分!品川・新橋・東京・羽田まで楽々アクセス!東京スカイツリー、東京ドームまで乗換えなし!

アパホテル〈新富町駅前〉

アパホテル〈新富町駅前〉

東京23区

「新富町」「築地駅」が駅近、徒歩5分!アパホテルオリジナルの枕と布団で安眠をお約束。こわだり食材の旬の料理を堪能♪

アパホテル〈新橋御成門〉

アパホテル〈新橋御成門〉

東京23区

・徒歩圏内に7路線(JR、銀座線、浅草線、大江戸線、三田線、ゆりかもめ、東京モノレール)でどこへ行くにも便利♪

アパホテル〈銀座 宝町〉

アパホテル〈銀座 宝町〉

東京23区

宝町駅から徒歩1分、京橋駅徒歩3分、東京駅徒歩9分の好立地!羽田空港から乗り換えなし40分!

周辺の宿一覧へ

泉屋博古館分館周辺の観光スポット

風情も満点! 鰻にひけをとらないあなご専門店

日本橋 玉ゐ

風情も満点! 鰻にひけをとらないあなご専門店

「日本橋玉ゐ」は都内でも珍しいあなご料理の専門店。「ミシュラン東京・ビブグルマン2015」にも紹介さ…

海外の人たちからも愛される“東京の地酒”が買えるお店

豊島屋本店

海外の人たちからも愛される“東京の地酒”が買えるお店

「地酒」と聞いてどこのお酒を思い浮かべますか? 「八海山」や「越乃寒梅」の新潟県、「菊正宗」の兵庫県…

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

江戸東京博物館

江戸時代から現代まで、時代の変遷を楽しく学べる

両国国技館の後方にそびえる「江戸東京博物館」では、江戸から現代までの歴史と文化を楽しみながら学べます…

東京おでんといえばここ! 秘伝の出汁がたっぷり染みた絶品おでん

お多幸本店

東京おでんといえばここ! 秘伝の出汁がたっぷり染みた絶品おでん

日本橋にあるお多幸本店は、「おでん」といえば必ず名前が挙がる人気店。昼は名物の「とうめし定食」、夜は…

周辺のスポット記事一覧へ

top