自由軒難波本店

創業明治43年。愛され続けている「名物カレー」は一子相伝

自由軒難波本店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

「名物カレー」はこの店の創業以来、100年以上も愛され続けている、文字どおり名物メニュー。現在も、熟練した料理人の手によって提供され続けています。名物カレーとは、ご飯とカレーを混ぜ合わせたもので、独特の風味があり、真ん中に玉子が載った珍しいスタイル。一度食べると忘れられなくなって、ついつい足を運びたくなる。そんな食欲を刺激する魅力がこのカレーにはあります。

100年以上も続く名物カレーは食欲を刺激する

自由軒難波本店 マスコミにもたびたび登場する人気店だけに、大阪では知らない人はいないでしょう。長きにわたってのれんを守り続けており、しかも、この名物カレーは一子相伝。ここでしか味わえません。
開店は明治43年(1910)。「長く通って下さるお客さまも多く、そのお子さんがまた足を運んで来られて、ありがたいことです」と若女将の吉田純子さん。100年以上も続いている洋食屋はそうそう多くないので、のれんを見て懐かしがってやって来るお客さんも多いのだとか。
近頃は外人客も多く、香港や台湾の新聞にも紹介されたのだそう。

創業から変わらぬ味を守り、作り置きもしないこだわり

自由軒難波本店 名物カレー(並)は750円。最初はそのままひと口、ふた口味わい、続いて玉子を混ぜて食べ、最後にソースをかけていただくと、3段階の味が楽しめます。創業当時は、ご飯を保温できる炊飯器のような道具がまだなく、そこで創業者が冷めたご飯に熱いカレーを混ぜることを思いついたのだそうです。
ところで、親から子へと受け継がれている名物カレーですが、繊細なものだけに調理方法は簡単にマスターできないとのこと。カレーの元となる「カレーの種」などがちょっと特殊で、オリジナルのダシ汁も入ってマイルドな味わいをつくり上げます。また、よけいな味を加えないために、具は牛肉と玉ねぎのみ。味と風味を変えてしまうので、つくり置きもしていないとか。

調理方法は複雑で、ダシ汁も入ったマイルドな味

自由軒難波本店 作家の織田作之助も自由軒を愛した一人。店内にはその写真が飾られています。最近は、よしもと所属の芸人さんたちも足を運んでいるようです。世の中にいろいろなカレーがあるなか、まさにカレーの概念を覆したようなもので、確かにめずらしいスタイル。
創業から変わらぬ味を守り続けており、現在は2店舗を営業中(もう1店舗は天保山)。ここ本店の店内は38席。カレーは5種類。ほかにも多数の料理メニューがあります。近くに来て、「今日のごはんはカレー気分かな」なんてときは、足を運んでみてはいかが?

自由軒難波本店の基本情報

住所 大阪府大阪市中央区難波3-1-34
アクセス 近鉄「難波」駅、市営地下鉄各線「なんば」駅 より徒歩2分
お問い合わせ 06-6631-5564

自由軒難波本店周辺のホテル・宿

HOTEL CEEDS

HOTEL CEEDS

大阪市内

≪大阪市の中心部で繁華街へアクセス便利≫ 急なお泊まりでも予約OKが嬉しい♪ 気軽に泊まれるアットホームなホテル

アパホテル〈なんば心斎橋〉

アパホテル〈なんば心斎橋〉

大阪市内

地下鉄なんば駅から徒歩約4分と便利♪ユニバーサルスタジオジャパンやも好アクセス!全室無線LAN&Wi-Fi無料接続可能!

西鉄イン心斎橋

西鉄イン心斎橋

大阪市内

JR新大阪駅から地下鉄で1本。御堂筋線・四つ橋線どちらも徒歩3分。

アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉

アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉

大阪市内

地下鉄「肥後橋駅」直結で周辺レジャーにも好アクセス♪無料の大浴場でリラックス。多彩なレストランに舌鼓!

周辺の宿一覧へ

自由軒難波本店周辺の観光スポット

静かな名門バーは80年の歴史

堂島サンボア

静かな名門バーは80年の歴史

「堂島サンボア」は80年の歴史を重ねた名門バー。長い年月とともに灯火を放つ古参のバーながら、店内はぴ…

上方落語の殿堂として半世紀ぶりに復活。演芸ファンが押し寄せる

天満天神繁昌亭

上方落語の殿堂として半世紀ぶりに復活。演芸ファンが押し寄せる

上方落語唯一の寄席の定席として60年ぶりに復活したのが、「天満天神繁昌亭」です。昼間は週替わり、夜は…

目方も値段も普通の半分。「いろんな種類を食べやすく」が喜ばれている焼肉ホルモン

焼肉ホルモン空(そら)鶴橋総本店

目方も値段も普通の半分。「いろんな種類を食べやすく」が喜ばれている焼肉ホルモン

JR、近鉄、市営地下鉄が交差する鶴橋駅前。路地を挟んで至るところに「空(そら)」の看板やのれんが目立…

ひと味違った大阪を楽しむなら、明治の近代建築が残る水辺エリアがおすすめ

中之島公園

ひと味違った大阪を楽しむなら、明治の近代建築が残る水辺エリアがおすすめ

時代が江戸から明治に移り、大阪が近代都市に生まれ変わろうとしたときのレトロな雰囲気。その姿を今も見る…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top