自由軒難波本店

創業明治43年。愛され続けている「名物カレー」は一子相伝

自由軒難波本店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

「名物カレー」はこの店の創業以来、100年以上も愛され続けている、文字どおり名物メニュー。現在も、熟練した料理人の手によって提供され続けています。名物カレーとは、ご飯とカレーを混ぜ合わせたもので、独特の風味があり、真ん中に玉子が載った珍しいスタイル。一度食べると忘れられなくなって、ついつい足を運びたくなる。そんな食欲を刺激する魅力がこのカレーにはあります。

100年以上も続く名物カレーは食欲を刺激する

自由軒難波本店 マスコミにもたびたび登場する人気店だけに、大阪では知らない人はいないでしょう。長きにわたってのれんを守り続けており、しかも、この名物カレーは一子相伝。ここでしか味わえません。
開店は明治43年(1910)。「長く通って下さるお客さまも多く、そのお子さんがまた足を運んで来られて、ありがたいことです」と若女将の吉田純子さん。100年以上も続いている洋食屋はそうそう多くないので、のれんを見て懐かしがってやって来るお客さんも多いのだとか。
近頃は外人客も多く、香港や台湾の新聞にも紹介されたのだそう。

創業から変わらぬ味を守り、作り置きもしないこだわり

自由軒難波本店 名物カレー(並)は750円。最初はそのままひと口、ふた口味わい、続いて玉子を混ぜて食べ、最後にソースをかけていただくと、3段階の味が楽しめます。創業当時は、ご飯を保温できる炊飯器のような道具がまだなく、そこで創業者が冷めたご飯に熱いカレーを混ぜることを思いついたのだそうです。
ところで、親から子へと受け継がれている名物カレーですが、繊細なものだけに調理方法は簡単にマスターできないとのこと。カレーの元となる「カレーの種」などがちょっと特殊で、オリジナルのダシ汁も入ってマイルドな味わいをつくり上げます。また、よけいな味を加えないために、具は牛肉と玉ねぎのみ。味と風味を変えてしまうので、つくり置きもしていないとか。

調理方法は複雑で、ダシ汁も入ったマイルドな味

自由軒難波本店 作家の織田作之助も自由軒を愛した一人。店内にはその写真が飾られています。最近は、よしもと所属の芸人さんたちも足を運んでいるようです。世の中にいろいろなカレーがあるなか、まさにカレーの概念を覆したようなもので、確かにめずらしいスタイル。
創業から変わらぬ味を守り続けており、現在は2店舗を営業中(もう1店舗は天保山)。ここ本店の店内は38席。カレーは5種類。ほかにも多数の料理メニューがあります。近くに来て、「今日のごはんはカレー気分かな」なんてときは、足を運んでみてはいかが?

自由軒難波本店の基本情報

住所 大阪府大阪市中央区難波3-1-34
アクセス 近鉄「難波」駅、市営地下鉄各線「なんば」駅 より徒歩2分
お問い合わせ 06-6631-5564

自由軒難波本店周辺のホテル・宿

ホテルジパング

ホテルジパング

大阪市内

JR・南海新今宮駅、地下鉄動物園前駅より徒歩2分。通天閣まで徒歩7分、串カツなどを、満喫できます。

ホテル サンプラザ2 ANNEX

ホテル サンプラザ2 ANNEX

大阪市内

2016年グランドオープン。エリア内の低価格ホテルよりワンランク上の設備で、お客様の旅をサポート。

Welina Hotel 梅田

Welina Hotel 梅田

大阪市内

スタイリッシュなホテルでゆったりお寛ぎ頂けます。 ビジネスや観光にご利用ください♪

スマイルホテルプレミアム大阪本町

スマイルホテルプレミアム大阪本町

大阪市内

【2017年12月15日グランドオープン】新ブランドの第1号店。地下鉄長堀橋駅からすぐそばの便利な好アクセス。

周辺の宿一覧へ

自由軒難波本店周辺の観光スポット

大阪人の地下好きは、日本を代表する地下街が大阪にあるから

ホワイティうめだ

大阪人の地下好きは、日本を代表する地下街が大阪にあるから

大阪人の多くは地下鉄や阪神電車で梅田へ来ても、しばらくは地上に出ません。地上に駅のあるJR大阪駅や阪…

大阪・梅田にある2つの塔を連結した世界初の超高層ビル

梅田スカイビル

大阪・梅田にある2つの塔を連結した世界初の超高層ビル

新梅田シティの中にある梅田スカイビル。その形から凱旋門をイメージさせ、近代的なアートとしての魅力も発…

御堂筋沿いに佇む古社。古式ゆかしい年中行事も興味深い

難波神社

御堂筋沿いに佇む古社。古式ゆかしい年中行事も興味深い

大都会大阪まん中に、古式ゆかしい神社があります。季節になると、花菖蒲の花が咲き誇る難波神社の創建は、…

「ちょいめし」なのに、ご飯もおかずもてんこ盛りの食堂

ちょいめし あさチャン

「ちょいめし」なのに、ご飯もおかずもてんこ盛りの食堂

大阪のかつての電器街で、今はサブカルの聖地になった日本橋(にっぽんばし)に、全国各地から大食漢たちが…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top