心斎橋焙煎所

国内トップクラスのバリスタがいれるコーヒーを、安らぎの空間で

心斎橋焙煎所

  • 定番

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

大阪有数の繁華街、心斎橋に位置する、「心斎橋焙煎所」。重厚な焙煎機が備えつけられた店内には、香ばしいコーヒーの香りが満ちています。カウンターの中で立ち働くのは、国内トップクラスの腕を持つバリスタの青木さん。彼がいれたコーヒーを、落ち着いた雰囲気のカフェスペースで味わえます。オリジナルブレンドのコーヒー豆も充実。良質で個性豊かなコーヒーをご家庭でもどうぞ。

コーヒーをいれるワールドクラスの技

心斎橋焙煎所

国内外のバリスタが集い、腕を競い合う「コーヒーフェストラテアート世界選手権」。そこでトップクラスの成績を収めるのがこちらのバリスタ、青木さんです。豆の選定から焙煎、粉砕、コーヒーをいれるところまで彼が腕を振るっています。
一杯ずつ丁寧につくり上げるラテアートは必見。青木さんの無駄のない所作も見どころです。選手権で披露するラテアート「幸子」も、隠れメニューでオーダーできます。通常の倍の大きさのカップが使われ、大胆かつ繊細に描かれたリーフ模様の美しさ、そしてカフェラテの味と香りをたっぷりと堪能できますよ。
日替わりのブレンドコーヒーもオススメ。青木さんが厳選した独自のブレンドが味わえます。

こだわりのスイーツと落ち着いた空間で、素敵なコーヒーブレイクを

心斎橋焙煎所

セカンドフロアは、天窓から自然光が差しこむ、穏やかな雰囲気のカフェスペース。コーヒー豆を焙煎する香りが充満し、心からリラックスできます。
自然の素材だけを使ったふわふわのシフォンケーキや、十勝産小豆のあんこがたっぷり詰まったたい焼きも、隣接した店舗で買って持ち込めます。手軽に味わえる、こだわりの和と洋のスイーツが、コーヒーの美味しさを引き立てます。
若者向けの店舗や、オフィスビル、百貨店などが軒を連ねる心斎橋。どんな場面でも、「心斎橋焙煎所」に足を踏み入れれば、ひと味違うコーヒーと落ち着いた空間で、素敵なひとときが過ごせます。

心斎橋焙煎所の基本情報

住所 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-10-1
アクセス 市営地下鉄御堂筋線 ・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅より徒歩2分
市営地下鉄四つ橋線「四ツ橋」駅より徒歩4分
お問い合わせ 06-4708-8658

心斎橋焙煎所周辺のホテル・宿

HOTEL Platinum

HOTEL Platinum

大阪市内

なんば駅より2駅の谷町九丁目から徒歩約3分 全客室バス・トイレが別のセパレートタイプ 足を伸ばしてゆったりバスタイム

アパホテル<大阪肥後橋駅前>

アパホテル<大阪肥後橋駅前>

大阪市内

地下鉄「肥後橋駅」直結で周辺レジャーにも好アクセス♪無料の大浴場でリラックス。多彩なレストランに舌鼓!

アパホテル<天王寺駅前>

アパホテル<天王寺駅前>

大阪市内

天王寺駅徒歩1分・大阪阿部野橋駅徒歩3分!大阪有数の繁華街へも近く観光にも!ターミナル駅チカ立地がうれしい♪

アパホテル<大阪天満>

アパホテル<大阪天満>

大阪市内

旅で疲れた体を大浴場とサウナで癒せる!人気観光地にもアクセス良好!全室でWi-Fiが接続できビジネスに最適。

周辺の宿一覧へ

心斎橋焙煎所周辺の観光スポット

創業230年余、歴史と伝統を誇る北新地の老舗和菓子店

いなば播七

創業230年余、歴史と伝統を誇る北新地の老舗和菓子店

大阪北新地にある老舗和菓子屋「いなば播七」は、おはぎがウマいと評判のお店。創業は天明元年(1781年…

歴史の古い古書のまち。貴重な本と巡り会えたら、かっぱ横丁で一杯!

「阪急古書のまち」と「阪急かっぱ横丁」

歴史の古い古書のまち。貴重な本と巡り会えたら、かっぱ横丁で一杯!

阪急梅田駅からすぐ、「阪急古書のまち」は、平成27年(2015)で40周年を迎え、現在12店舗が営業…

大阪の“粉もん”をつくって、学んで、味わう、道頓堀のミュージアム

道頓堀コナモンミュージアム

大阪の“粉もん”をつくって、学んで、味わう、道頓堀のミュージアム

大阪を代表する食べ物、たこ焼きとお好み焼き。小麦粉を使っていることから、大阪ではどちらも“粉もん”と…

大阪のビジネス街で100年以上続く、アイスクリームとコーヒーの店

ゼー六

大阪のビジネス街で100年以上続く、アイスクリームとコーヒーの店

1913年創業の「ゼー六」が店を構えるのは、オフィス街の一角に残る、明治時代の木造建築。創業当時の雰…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top