アラビヤ珈琲店

昭和の時代から歴史を重ねたマイルドな味が自慢のコーヒー店

アラビヤ珈琲店

  • 定番

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

ここは美味しいコーヒーを求めている人に愛され続けている、歴史漂う老舗コーヒー店。目印は、店頭の古い焙煎機やターバンのおじさんのトレードマーク。、地元のお馴染みファンだけでなく、遠方からのお客も多く、豊かな風味の自家焙煎コーヒーがじっくり楽しめる。1951年(昭和26年)創業で、これだけ長く営業を続けているコーヒーショップは今や貴重でしょう。では、この店でちょっと一休み、ちょっと一服。

本物至上主義を貫いた先代から味を引き継ぐnn

アラビヤ珈琲店

オープンしたのは1951年2月9日。エリート将校だった先代の光明氏が一転、珈琲人生をスタートさせたのは、25歳の時でした。
当時、珈琲は特権階級の贅沢な飲み物でもあり、濃い味の全盛時代。同店のマイルドな味わいを「薄い」と文句を言うお客さんもいたそうですが、先代は絶対に譲らず、喧嘩することもしばしばだったといいます。
でも、本物至上主義だった先代の選択は、現在も2代目の高坂明郎さんへとしっかり受け継がれています。

ほっと一息つける居心地満点の空間を演出

アラビヤ珈琲店

テーブル43席とカウンター7席、1階と2階で店内は全50席。店内には野球関連グッズをはじめ(先代の奥様は元女子プロ野球選手)、木彫りのレリーフなどガ置かれ、お洒落で落ち着いた雰囲気。とても居心地のよい空間を演出しています。
「コーヒーの楽しみ方はいろいろです。好きなように飲んでいただければいいんです」と2代目店主。ブラックも、砂糖入りも自由。気分転換に、ほっとしたいときに、一息入れる空間づくりを目指しているのだそう。海外からの旅行者の増加に伴い、最近は外人の客さんも多く訪れるとのこと。

自家焙煎のコーヒーとともに軽食もおいしい

アラビヤ珈琲店

メニューは、レギュラーコーヒー500円ほか各種。最近は食べ物にも力を入れ、自家製ホットケーキやフレンチトーストなども。
大正区の工場で自家焙煎、ブラジルやコロンビアなど南米産の豆を粗挽きにしてネルドリップでいれるコーヒーは、濃い味のストロング派ではなく、あくまでもマイルド系。これは先代からの味でもあり、「あくまでもマイルドな味にこだわっています」とは店主の言。
本格珈琲を心置きなくゆっくり味わえる、今や貴重な喫茶店のひとつです。ちなみに、愛煙家にとっては嬉しい、今どきちょっと珍しい全席喫煙可のお店でもあります。

アラビヤ珈琲店の基本情報

住所 大阪府大阪市中央区難波1-6-7
アクセス 市営地下鉄御堂筋線「なんば」駅より徒歩2分
お問い合わせ

アラビヤ珈琲店周辺のホテル・宿

Welina Hotel 梅田

Welina Hotel 梅田

大阪市内

スタイリッシュなホテルでゆったりお寛ぎ頂けます。 ビジネスや観光にご利用ください♪

ハートンホテル西梅田

ハートンホテル西梅田

大阪市内

大阪駅より徒歩3分、最寄駅多数でアクセス抜群 万能なセキュリティと24時間対応の安心 こだわりの寝具で快眠をサポート

新阪急ホテルアネックス

新阪急ホテルアネックス

大阪市内

JR大阪駅・阪急梅田駅より歩いてすぐの好立地!全客室禁煙&VOD無料で、さらに快適なホテルへ!

大阪新阪急ホテル

大阪新阪急ホテル

大阪市内

阪急梅田駅直結・JR大阪駅前、空港行きバスターミナルも隣接のロケーション。ビジネスにもプライベートにも最適な客室

周辺の宿一覧へ

アラビヤ珈琲店周辺の観光スポット

おもろい名物大集合。大阪人のいちびり精神、楽しんでや

なにわ名物 いちびり庵

おもろい名物大集合。大阪人のいちびり精神、楽しんでや

おみやげ選びは旅の醍醐味のひとつ。なにわ名物・いちびり庵本店には、老舗のロングセラーからデビューまも…

色とりどりの熱帯魚に囲まれてカクテルグラスを傾ける癒しの空間

近藤熱帯魚店

色とりどりの熱帯魚に囲まれてカクテルグラスを傾ける癒しの空間

商店街に面したガラスの向こうに見えるのは、ずらりと並んだ水槽とバーカウンター。水槽の幻想的な明かりの…

雨でも楽しい!大阪・梅田の穴場スポット9選

雨が降っても楽しい!大阪・梅田穴場スポット散策

雨でも楽しい!大阪・梅田の穴場スポット9選

今回は、観光中に突然雨が降ってきてしまって「この後どうしよう…」なんて時に必見のスポットをご紹介。せ…

季節の創作串が年間300種以上! 値段も格安の、情熱派人気串かつ店

創作串かつ「五條家」

季節の創作串が年間300種以上! 値段も格安の、情熱派人気串かつ店

美味しい創作の串かつが食べたい。でも、あまり無駄遣いはしたくない。そんなコスパ志向の方に断然おすすめ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top