どおぞの

日本料理の確かな技が生み出す、こだわりの鯨料理

どおぞの

  • 定番

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

日本人が古来より食してきた鯨肉。かつて給食で出されていた時期もありましたが、近年は目にする機会も少なくなりました。しかし、ここ大阪には鯨肉料理の人気店が! 北新地にある「どおぞの」では、「鯨はりしゃぶ鍋」(商標登録)をはじめ、板前の確かな技で調理された刺身やユッケ、ステーキ、カツなど、数々の鯨料理がいただけます。

上質な鯨肉のみを使った鯨料理。まずは刺身で召し上がれ

どおぞの

鯨肉は、捕獲後の処理の仕方が異なるため、輸入ものと日本の調査捕鯨船が捕獲したものでは味が違います。「どおぞの」では生臭さが少なく、格段に味がいい、日本の調査捕鯨船が獲ってきた鯨肉のみを使用しています。
さらに、鯨肉とひと言でいっても、鯨の種類や部位によって食感や味はさまざま。この店では、クセが少なく食べやすいヒゲクジラのなかでも、主にミンク、イワシ、ニタリ鯨の肉を扱っています。その日の仕入れによってどれが食べられるか変わるので、違いを楽しむ常連さんも多いとのこと。
鯨肉の部位ごとの違いを楽しむには、やはり刺身が最適。5種盛りでは、赤身や尾の身、鹿の子(下あごの付け根)、さえずり(舌)、本皮が味わえます。

鯨の旨味を余すところなく堪能する「鯨はりしゃぶ鍋」

どおぞの

名物は、なんといっても「鯨はりしゃぶ鍋」です。大阪で鯨の鍋といえば、水菜と鯨肉を煮たはりはり鍋が知られていますが、こちらの鍋は、水菜と鯨肉のしゃぶしゃぶです。
カツオと昆布、そして隠し味の生姜のしぼり汁が効いた出汁に、まず本皮を入れます。本皮には旨味たっぷりの脂があり、出汁の風味がさらに豊かになります。ちなみに、本皮から脂を取ったものがコロと呼ばれます。脂が出てきたら、水菜や赤身、鹿の子をサッと出汁にくぐらせ、山椒が効いた特製の七味でいただきます。
上質の鯨肉は臭みがなく、マグロとも牛とも違う独特の強い旨味があります。しゃぶしゃぶはさっと火を通すだけなので、鯨肉の素材の味が堪能できますよ。

どおぞのの基本情報

住所 大阪府大阪市北区曾根崎新地1-5-6 新地VIPビル1F
アクセス JR東西線「北新地」駅より徒歩1分 
JR大阪環状線「大阪」駅より徒歩5分 
地下鉄四つ橋線「西梅田」駅より徒歩3分 
地下鉄御堂筋線「梅田」駅より徒歩5分
各線「淀屋橋」駅より徒歩8分
お問い合わせ 06-6345-5221

どおぞの周辺のホテル・宿

Welina Hotel 梅田

Welina Hotel 梅田

大阪市内

スタイリッシュなホテルでゆったりお寛ぎ頂けます。 ビジネスや観光にご利用ください♪

新阪急ホテルアネックス

新阪急ホテルアネックス

大阪市内

JR大阪駅・阪急梅田駅より歩いてすぐの好立地!全客室禁煙&VOD無料で、さらに快適なホテルへ!

大阪新阪急ホテル

大阪新阪急ホテル

大阪市内

阪急梅田駅直結・JR大阪駅前、空港行きバスターミナルも隣接のロケーション。ビジネスにもプライベートにも最適な客室

梅田OSホテル

梅田OSホテル

大阪市内

出張などのビジネス利用、大阪市内や神戸・京都の観光など様々なニーズにお応えし、快適なくつろぎの空間をご用意しております。

周辺の宿一覧へ

どおぞの周辺の観光スポット

熟練の技術で“盛る”、甘くて辛い大阪のカレー

インデアンカレー 阪急三番街店

熟練の技術で“盛る”、甘くて辛い大阪のカレー

1947年の創業以来、大阪で愛され続けるカレー店があります。それが、インド人から教わったレシピをもと…

JR大阪駅北口直結の巨大商業施設は、新しい価値を生み出す交流の場

グランフロント大阪

JR大阪駅北口直結の巨大商業施設は、新しい価値を生み出す交流の場

大阪駅北地区の再開発により、平成25年(2013)に開業したのがグランフロント大阪。約1万㎡ある「う…

聖徳太子が創建し、豊臣秀吉が再建した、由緒正しい縁結びのお寺

愛染堂(勝鬘院)

聖徳太子が創建し、豊臣秀吉が再建した、由緒正しい縁結びのお寺

知る人ぞ知る縁結びの神様、愛染堂(勝鬘院)の夏祭りは、大阪三大夏祭りのひとつに挙げられるほどの人気。…

東洋陶磁に関する最高のコレクションを収蔵

大阪市立東洋陶磁美術館

東洋陶磁に関する最高のコレクションを収蔵

大阪中之島。古くから大阪経済の中心地として栄えてきたこの小さな島に、東洋陶磁の殿堂「大阪市立東洋陶磁…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top