ミズノスポートロジーギャラリー

スポーツと健康の関わりを楽しく学べる、スポーツメーカーが造った施設

ミズノスポートロジーギャラリー

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

ここは世界有数のスポーツ用品メーカー・ミズノがつくったギャラリー。さまざまなスポーツ用品を見るだけでなく、触って体感でき、スポーツの歴史や最先端の技術を知ることもできます。憧れの選手が身近に感じられるとあって、子どもにも大人気。スポーツ好きな人なら誰もが楽しめる施設です。

野球好きにはたまらない!野球をはじめ、日本のスポーツの歴史を、用具から紐解きます

ミズノスポートロジーギャラリー ミズノスポートロジーギャラリーは、ミズノ本社ビル内に設置された、スポーツ関連商品を展示するギャラリー。
ここには、明治時代から現在までのオリンピックの公式ポスターをはじめ、過去100年間のミズノの歩みやスポーツ・オリンピックの歴史、大正後期の野球選手のユニフォームや昭和初期の牛革グラブといった貴重な品々が、コーナーごとに分れて展示されています。
各コーナーとも、創業以来日本を代表するスポーツメーカーとして、各時代のスポーツ界を支えてきたミズノならではの見応えある展示となっています。2012年にリニューアルされ、プロ野球コーナーやアスリーツ・ロードコーナーが新たに設置されました。
ただ展示されているだけでなく、実際にミズノ契約選手が使用している用具に触れることができるというのも人気の秘密。夏休みともなると、親子連れの来館者で大賑わいとか。
そのほか、用具やウエアに秘められたミズノの最新技術を伝えるコーナでは、最新機能がわかりやすく体感できるキットが用意されています。入場は無料。野球、サッカー、ジョギングなどどんなジャンルであれ、スポーツ愛好家ならばぜひ訪れたい施設です。

ミズノスポートロジーギャラリーの基本情報

住所 大阪府大阪市住之江区南港北1-12-35 ミズノ株式会社 大阪本社ビル1F
アクセス 御堂筋線「本町」駅で中央線に乗り換え「コスモスクエア」駅より 徒歩10分
四ツ橋線「住之江公園」駅でニュートラムに乗り換え「中ふ頭」駅より徒歩5分


お問い合わせ 06-6614-8411

ミズノスポートロジーギャラリー周辺のホテル・宿

ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ

大阪市内

大阪観光を満喫できるユニバーサルシティエリアにあり、Zepp大阪ベイサイドと隣接したリーズナブルなホテルです。

ホテル・ラ・レゾン大阪

ホテル・ラ・レゾン大阪

大阪市内

大阪ベイエリアにあるラグジュアリーホテル。全客室40平米以上のゆったり空間。美・健康を意識した料理とワインで優雅な時を…

ホテルコスモスクエア国際交流センター

ホテルコスモスクエア国際交流センター

大阪市内

「コスモスクエア駅」よりバスで5分 海遊館など主要観光スポットへもアクセス良好◎ キッズルーム完備で家族旅行にも最適

ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

大阪市内

パークに一番近い、東急ホテルズが運営するオフィシャルホテル。駅からも徒歩約1分! パークで見た夢の続きをご堪能ください。

周辺の宿一覧へ

ミズノスポートロジーギャラリー周辺の観光スポット

大航海時代を彷彿とさせる帆船に乗って、大阪湾を遊覧クルーズ!

帆船型観光船サンタマリア

大航海時代を彷彿とさせる帆船に乗って、大阪湾を遊覧クルーズ!

コロンブスの旗艦「サンタマリア号」をモチーフに、約2倍の大きさでつくられた船「サンタマリアは大阪湾の…

大阪ベイエリアを一望する、超高層ビルの展望台

大阪府咲洲庁舎展望台(コスモタワー)

大阪ベイエリアを一望する、超高層ビルの展望台

高さ256m。日本で4番目の高さを誇る超高層ビルが大阪府咲洲庁舎です。展望台としての立地も最高。大阪…

一歩踏み込めばそこはレゴに囲まれたワンダーワールド。子どもも大人も夢中に

レゴランド・ディスカバリー・センター大阪

一歩踏み込めばそこはレゴに囲まれたワンダーワールド。子どもも大人も夢中に

天保山マーケットプレイス内に、レゴの世界が広がるワンダーランドがあります。プロのビルダーが作品のつく…

和むならウッドデッキのある大阪港の突堤で。夕日や夜景の美しさは感動もの!

中央突堤(ダイヤモンドポイント)

和むならウッドデッキのある大阪港の突堤で。夕日や夜景の美しさは感動もの!

明治時代に「新大阪港」としてスタートした中央突堤付近は、昭和初期には横浜、神戸と並んで日本三大港とし…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top