今宮戎(いまみやえびす)神社

聖徳太子ゆかりの神社。一度は訪ねたい商人の街大阪のパワースポット

今宮戎(いまみやえびす)神社

  • 散策・モデルコース

  • 公園・名所・史跡

周辺のホテル・宿へ

大阪の商売の神様として有名な神社。聖徳太子が四天王寺を建立したとき、同地西方の鎮護として祀ったのが始まりと伝えられています。毎年1月9日〜11日の3日間にわたって行われる「十日戎」には、約100万人の参詣者が訪れ、とても盛大です。

商売繁盛の神様「えべっさん」。由緒正しく、庶民的な雰囲気で人々に愛される

今宮戎(いまみやえびす)神社 戎(えびす)さまといえば、左脇に鯛を右手に釣竿を持つ優しげな神様のお姿が思い浮かぶことでしょう。戎さまの、こうした姿は、もともと漁業の守り神、海からの幸をもたらす神を象徴するものでした。その一方で、今宮戎神社も、鎮座地はもともと海岸沿いにあり、宮中に鮮魚を献進していました。神社周辺でも海のものをやり取りする市が立ち、その市を守る神様として戎さまが祀られるようになったということです。
神社が発展したのは、室町時代以降のことでした。江戸時代になると、商業の街として大阪の街自体が大きく発展し、それに伴って、今宮戎神社も大阪の商業を護る神として、多くの人々の信仰を集めたのです。
毎年1月9〜11日の3日間行なわれる「十日戎」は、現代も大事に続けられている今宮戎神社の行事として大変有名。期間中、お揃いの着物の上に千早を着用し、頭には金の烏帽子を付けた福娘たちが、集まった人々に笹を授与します。
ほかにも、夏には「こどもえびす」が開催されるなど、地域に密着した行事も多く開催されています。
昔から「えべっさん」として大阪市民に愛される今宮戎神社、散歩がてらに立ち寄ってみるのもおすすめです。

今宮戎(いまみやえびす)神社の基本情報

住所 大阪府大阪市浪速区恵美須西1-6-10
アクセス 南海高野線「今宮戎」駅からすぐ
地下鉄御堂筋線「大国町」駅より徒歩5分
地下鉄堺筋線「恵美須町」駅より徒歩5分
阪堺線「恵美須町」駅より徒歩5分
JR「新今宮」駅より徒歩10分
お問い合わせ 06-6643-0150

今宮戎(いまみやえびす)神社周辺のホテル・宿

HOTEL Platinum

HOTEL Platinum

大阪市内

なんば駅より2駅の谷町九丁目から徒歩約3分 全客室バス・トイレが別のセパレートタイプ 足を伸ばしてゆったりバスタイム

アパヴィラホテル〈淀屋橋〉

アパヴィラホテル〈淀屋橋〉

大阪市内

御堂筋線 淀屋橋駅13番出口より徒歩3分!レストランや天然温泉大浴場、サウナ、リラクゼーションサロン完備!

アパホテル〈天王寺駅前〉

アパホテル〈天王寺駅前〉

大阪市内

天王寺駅徒歩1分・大阪阿部野橋駅徒歩3分!大阪有数の繁華街へも近く観光にも!ターミナル駅チカ立地がうれしい♪

ホテルモントレ グラスミア大阪

ホテルモントレ グラスミア大阪

大阪市内

大阪中心部・なんば駅直結の高層ホテル。英国の風土や文化をイメージした寛ぎの空間。眺望豊かな地上22階で味わうディナーも!

周辺の宿一覧へ

今宮戎(いまみやえびす)神社周辺の観光スポット

あの「グリコの看板」が目の前に! 大阪・ミナミを象徴する観光スポット

戎(えびす)橋

あの「グリコの看板」が目の前に! 大阪・ミナミを象徴する観光スポット

全長わずか26mの、道頓堀川に架かるどうということのない橋。しかし、大阪・ミナミを象徴する「グリコの…

明治から続く家具の伝統を受け継いだ、若者たちの情報発信地

立花通り(オレンジストリート)

明治から続く家具の伝統を受け継いだ、若者たちの情報発信地

立花通りは大阪のおしゃれストリートのひとつ。通称「オレンジストリート」とも呼ばれ、おしゃれなインテリ…

大阪のビジネス街で100年以上続く、アイスクリームとコーヒーの店

ゼー六

大阪のビジネス街で100年以上続く、アイスクリームとコーヒーの店

1913年創業の「ゼー六」が店を構えるのは、オフィス街の一角に残る、明治時代の木造建築。創業当時の雰…

「浪華八百八橋」で有名な大阪大川の橋と川沿いの名所を堪能!

水上バス アクアライナー

「浪華八百八橋」で有名な大阪大川の橋と川沿いの名所を堪能!

大川は旧淀川。淀川の航路としての歴史は古く、奈良・平安時代には東アジア各地へと繋がる交通路として、ま…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top