ポテト専門店「嶋屋本店」

黄金色に輝くポテトの甘味に誘われ、行列が絶えない店

ポテト専門店「嶋屋本店」

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

オリジナルのポテト専門店として、全国から多くの人が買い求めにやって来るのが阿倍野筋の三島焼「嶋屋本店」。関西一円でも、ポテト専門という店はここだけ。厳選されたサツマイモに特製の蜜をたっぷりと吸い込ませた大学芋は、おいしさを黄金色に輝やかせています。女性客ばかりでなく、近年は若い男性のお客さんも増えているとか。

歴史的建造物と季節の木々を船上から楽しみませんか

ポテト専門店「嶋屋本店」 チンチン電車が走る阿倍野筋にある芋菓子匠「嶋屋」は、昭和23年(1948)に焼き芋専門の店としてスタート。当時、産地として知られていた静岡県三島産のサツマイモを使用し、焼き芋を今も三島焼として販売しています。
焼き芋に適さない大きさの芋を使って昭和30年(1955)に売り出したのが、あべのポテトと呼ばれる品。これが評判になり、今では店の看板メニュー。あべの名物にもなっていて、毎日200kgものサツマイモをお店で加工しています。
間口が1間(約1.8m)と狭いので、お客さんがやって来るとすぐに行列状態。売り切れる日もあります。

優良品種のサツマイモに特製蜜をまぶし、ホクホクで、あっさりした味わい

ポテト専門店「嶋屋本店」 原材料のサツマイモは、栽培に適した水はけがよい土壌の鹿児島県にある自家農園と契約農家が生産する高系14号で、「噴火芋」と呼ばれる優良品種。ほどよい糖分とホクホク感が特色です。店では、皮むきなどもすべて手作業。最高級の健康食用油とされる綿実油を使用し、じっくり20分かけて揚げます。
一般的な大学芋とは異なり、氷砂糖でつくった特製蜜に数分間漬け込んだら出来上がり。甘すぎず、あっさりとした独特の風味が評判を呼んでいます。お値段は158gが324円から。

年代物の鋳物釜で上品な味の三島焼芋

ポテト専門店「嶋屋本店」 三島焼と呼ばれる焼き芋は、この店のもうひとつの看板商品。上町台地から湧き出る井戸水に塩と秘伝の調味料を入れて10時間ひたした後に、平釜で黒ごまをふって焦げ目をつけ、じっくりと焼き上げます。焼くための鋳物製の釜やおくどさん(窯)も創業当時からの特注品で、嶋屋ならではの上品な味に仕上がります。
焼き芋は、10月から6月までの販売で、100gが140円。7月から9月の夏季は、蒸し芋になります。こだわった原材料を使った干し芋も人気商品で、150gが594円です。

ポテト専門店「嶋屋本店」の基本情報

住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-37
アクセス 市営地下鉄谷町線、阪堺電軌上町線「阿倍野」駅より徒歩1分
お問い合わせ 06-6621-7167

ポテト専門店「嶋屋本店」周辺のホテル・宿

ホテルジパング

ホテルジパング

大阪市内

JR・南海新今宮駅、地下鉄動物園前駅より徒歩2分。通天閣まで徒歩7分、串カツなどを、満喫できます。

ホテル サンプラザ2 ANNEX

ホテル サンプラザ2 ANNEX

大阪市内

2016年グランドオープン。エリア内の低価格ホテルよりワンランク上の設備で、お客様の旅をサポート。

PLEIA Hotel

PLEIA Hotel

大阪市内

2017年6月30日オープン!大国町駅より徒歩3分の好立地!大阪でのビジネス・観光の拠点として最適!

ホテル サンプラザ2

ホテル サンプラザ2

大阪市内

JR新今宮駅、地下鉄動物園前駅より徒歩2分。Wi-Fi接続OK、宿泊のみに特化した低価格ホテルです。

周辺の宿一覧へ

ポテト専門店「嶋屋本店」周辺の観光スポット

ナニワの風を感じよう! 大阪中心部でクルーズを楽しめるスポット3選

大阪水上クルーズ体験スポット

ナニワの風を感じよう! 大阪中心部でクルーズを楽しめるスポット3選

古くから水の都といわれるなにわの街。大阪市内中心部を楽しめる水上クルーズは大阪の名所を地上とはまた違…

大阪‟ミナミ”のビルの上。日常を忘れて楽しむルーフトップ・バー

Rooftop Bar OO(ルーフトップバーウー)

大阪‟ミナミ”のビルの上。日常を忘れて楽しむルーフトップ・バー

数々の飲食店が軒を連ねる‟食い倒れの街”、道頓堀。その中でも異彩を放つ、非日常的な空間がビルの屋上に…

おもろい名物大集合。大阪人のいちびり精神、楽しんでや

なにわ名物 いちびり庵

おもろい名物大集合。大阪人のいちびり精神、楽しんでや

おみやげ選びは旅の醍醐味のひとつ。なにわ名物・いちびり庵本店には、老舗のロングセラーからデビューまも…

大阪らしい大阪を体感できる大阪イチの繁華街

道頓堀

大阪らしい大阪を体感できる大阪イチの繁華街

昼も夜も、とにかく人波が途絶えることはありません。とりあえず、ここに来れば大阪名物には何でも出会えま…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top