あべのハルカス(ハルカス300)

大阪の中心から見渡す‟日本一”の眺め

あべのハルカス(ハルカス300)

  • 定番

  • 複合施設・商業施設

  • ショッピング

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

大阪の中心部にそびえる「あべのハルカス」。2014年に開業した、300mの高さを誇る日本一の超高層ビルです。百貨店や美術館、ホテルなどのフロアに分かれ、最上階の60階から58階までは四方がガラス張りの展望台。大阪のはるか向こうまで見渡せる素晴らしい眺望が楽しめます。まずは16階でチケットを購入。高速シャトルエレベーターに乗り込んで、日本一のビルの展望台「ハルカス300」に出発です。

大阪のはるか向こうまで見渡せる「天上回廊」

あべのハルカス(ハルカス300)

エレベーターが動くと、光の演出で、飛行機が離陸してどこかに降り立ったように感じます。高速エレベーターの所要時間はわずか45秒。到着すると、そこはまさに別天地。通路の左右がガラス張りの「天上回廊」になっています。
通天閣や大阪城はもちろん、天気がよければ明石海峡大橋や万博記念公園の太陽の塔まで目にすることができるのです。
ほかにも、大阪中の有名なスポットが見つかるので、いろいろ探してみてくださいね。実は私、高いところが苦手なんです。でも、すべてのものがあまりに小さく見えると、怖いどころか楽しくなってくるものですね。

時間とともに変化する絶景と、吹き抜け構造の「天空庭園」

あべのハルカス(ハルカス300)

営業時間は朝9時から夜10時まで(最終入場は夜9時30分)。時間とともに変化する、景色の移り変わりも見どころです。特に太陽が沈む時間帯は、昼、夕、夜と大きく変化します。関西一円に色を塗るような絶景を楽しむことができます。
58階は、吹き抜け構造の「天空庭園」。中央のウッドデッキでは頻繁にイベントが開催されています。見上げると空が見え、地上300mの外気が直接、肌で感じられます。その周囲に配置されているのは木々とテーブル。併設されたカフェレストランの料理を、この開放的な空間でもいただけるんです。

地上300mのヘリポートツアーや限定グッズもオススメ

あべのハルカス(ハルカス300)

「あべのハルカス」の代名詞‟地上300m”は、展望台の上に位置しています。ここは普段、立ち入り禁止のヘリポートになっていますが、天候や時間が合えば、有料で訪れることができます。遮るものが何もない上空からの景色はまた格別です。
59階にはショップもあります。ハルカスのマスコット、「あべのべあ」の限定グッズやお菓子も購入できるので、ぜひチェックしてみてください。そしてお帰りの際は、ショップのそばの16階行きのエレベーターでどうぞ。私は帰らないのかって? しばらく残って、ゆっくり夜景を楽しみます。

あべのハルカス(ハルカス300)の基本情報

住所 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
アクセス JR各線、市営地下鉄各線「天王寺」駅、近鉄「大阪阿部野橋」駅よりそれぞれ直結
お問い合わせ 06-6621-0300

あべのハルカス(ハルカス300)周辺のホテル・宿

HOTEL Platinum

HOTEL Platinum

大阪市内

なんば駅より2駅の谷町九丁目から徒歩約3分 全客室バス・トイレが別のセパレートタイプ 足を伸ばしてゆったりバスタイム

ホテルサンルート大阪なんば

ホテルサンルート大阪なんば

大阪市内

2016年4月1日オープン!日本橋駅より徒歩2分と絶好のロケーション。コンパクトながら機能的でカラフルな客室

アークホテル大阪心斎橋

アークホテル大阪心斎橋

大阪市内

長堀橋駅真横の好立地!地下街を通れば雨にもぬれず心斎橋駅まで徒歩約6分♪

アパヴィラホテル〈大阪谷町四丁目駅前〉

アパヴィラホテル〈大阪谷町四丁目駅前〉

大阪市内

「谷町四丁目」駅8番出口正面!ビジネス・レジャーの拠点として便利♪ご宿泊者は大浴場無料!!

周辺の宿一覧へ

あべのハルカス(ハルカス300)周辺の観光スポット

聖徳太子ゆかりの寺院。各伽藍にご利益の言い伝えもいろいろ

四天王寺

聖徳太子ゆかりの寺院。各伽藍にご利益の言い伝えもいろいろ

あべのハルカスができて、すっかり近代的なイメージが定着した天王寺駅周辺。けれども実はこのあたり、かな…

お父さんの時代から、いつもここが大阪のトレンド発信地

アメリカ村

お父さんの時代から、いつもここが大阪のトレンド発信地

壁に描かれた鳥人のモニュメント「ピース・オン・アース」や、人型の街路灯がアメリカ村の目印。ここは大阪…

笑いの本場、大阪「よしもと」の笑いを生で体験!

なんばグランド花月

笑いの本場、大阪「よしもと」の笑いを生で体験!

お笑い芸人といえば、「よしもと」の芸人といえるほど、日本中の笑いの宝庫である吉本興業。その「よしもと…

創業明治43年。愛され続けている「名物カレー」は一子相伝

自由軒難波本店

創業明治43年。愛され続けている「名物カレー」は一子相伝

「名物カレー」はこの店の創業以来、100年以上も愛され続けている、文字どおり名物メニュー。現在も、熟…

周辺のスポット記事一覧へ

top