西アサヒ

歴史ある喫茶店の味を受け継いだモダンなカフェ&ゲストハウス

西アサヒ

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

下町情緒あふれる名古屋市西区の那古野商店街。その一角にたたずむ西アサヒは、昭和初期からの歴史を誇る老舗喫茶店をルーツに持ちます。名物の「タマゴサンド」で知られ各種メディアでの登場も多かった同店ですが、2013に休業に入ってしまいました。しかし2015年、カフェレストラン&ゲストハウスとして完全リニューアルしました。

伝統を踏まえつつスタイリッシュに大変身!

西アサヒ かつての下町の喫茶店のイメージを一新し、店内はカウンターとテーブル席のスタイリッシュなインテリアが印象的です。とはいえ壁には那古野商店や喫茶店時代の同店の写真パネルが掛かり、伝統を彷彿とさせます。
外国語の名古屋の観光情報を提供するなどインバウンドにも対応していて、外国人旅行者も多くインターナショナルな雰囲気。また、無線LANが完備され、カウンターにはコンセントも。ノマドワーカーには穴場的な店といえます。

ビックリするほどフワッフワな伝統のタマゴサンドは必食!

西アサヒ 伝統の味を今に引き継ぐ「タマゴサンド」は、卵3個とバターをふんだんに使った卵焼きがビックリするほどフワッフワ。ほのかな塩味のきいたキュウリもみが味のアクセントに。どこまでも優しい口当たりに、心まで和みます。基本的には夕方までのメニューですが、材料が残っていればバータイムでも食べられます。
この伝統の味には、創業当時の煮出しコーヒーをイメージしたオリジナルのブレンドコーヒーがやっぱりマッチします。なお、タマゴサンドは単品750円で、ドリンク付きは900円とおトクに楽しめます。

下町商店街で堪能するインターナショナル感

西アサヒ ランチに訪れたなら、まずは黒板の日替わりメニューをチェックしてみましょう。各950円の日替わりカレーやランチプレートなどのほか、750円の日替わりサンドイッチは、フランスパンに具材を挟んだハードタイプで食べごたえも十分です。
また、バータイムの午後6時からはお酒のつまみも豊富に揃います。午後3時〜6時のハッピーアワーでは、グラスビールやグラスワインを300円で提供しているので、早い時間に軽く飲むには最適。下町商店街の異国情緒を味わってみてはいかがでしょうか。

西アサヒの基本情報

住所 愛知県名古屋市西区那古野1-6-1
アクセス 市営地下鉄桜通線「国際センター」駅2番出口より徒歩6分
市営地下鉄桜通線・鶴舞線「丸の内」駅より徒歩6分
お問い合わせ 052-551-6800

西アサヒ周辺のホテル・宿

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

名古屋市内

天然温泉大浴場・露天風呂・サウナ完備☆名古屋駅・栄にも好アクセス♪

名古屋観光ホテル

名古屋観光ホテル

名古屋市内

1936年設立、歴史と伝統を誇るホテル。名古屋市の中心部に位置する好立地ときめ細やかなサービスは、ビジネス利用に最適

周辺の宿一覧へ

西アサヒ周辺の観光スポット

ほっとひと息つける名古屋都心のオアシス

白川公園

ほっとひと息つける名古屋都心のオアシス

名古屋の都心で、ちょっと休憩したい。静かな場所でゆっくりしたい。そんな時にオススメのスポットが「白川…

読書家に大好評。おいしいパンと1杯のコーヒーと検討中の本1冊

らくだ書店 本店

読書家に大好評。おいしいパンと1杯のコーヒーと検討中の本1冊

ビジネスプランニング、デザイン、DTPおよびウェブサイトの制作、分析・データマイニングを本業としてい…

幾多の荒波・苦境を乗り越えて頑張る、中京圏で唯一の寄席の劇場

大須演芸場

幾多の荒波・苦境を乗り越えて頑張る、中京圏で唯一の寄席の劇場

「芸どころ名古屋」といわれるのに、御園座の不振をはじめ、名古屋は今、芸能関係では寂しい状況。そうした…

中部電力が運営する電気に特化した見ごたえ十分の科学館

でんきの科学館

中部電力が運営する電気に特化した見ごたえ十分の科学館

中部電力が運営する企業PR博物館「でんきの科学館」。私たちの生活に欠かせないエネルギーとしての電気に…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top