名古屋港水族館

500種5万点の海の生物が観れる!日本最大級の都市型水族館

名古屋港水族館

  • 定番

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

名古屋港水族館は、南極への旅をテーマに、日本の海から南極の海まで5つの水域を巡る構成の“南館”と、シャチやイルカ、ベルーガなどの海の哺乳類を展示する“北館”からなる、日本最大級の都市型水族館。迫力満点のイルカパフォーマンスや、黒潮大水槽でのマイワシのトルネード、猛スピードで泳ぐ姿が見られるペンギン水槽など、海の生き物の生態が楽しみながら学べる施設です。

イルカ水槽下部の観察窓の前でのんびりイルカと語り合うのがいちばん安らぐと、水族館マニア

名古屋港水族館

水族館といえば、目玉となるのはやはりイルカのショー。なんといっても、世界最大級のメインプールでのイルカたちの6mものジャンプは超圧巻。名古屋港水族館の特徴は、水槽が広いだけでなく十分な深さがあるということ。だからこそ、イルカたちは勢いをつけてハイジャンプすることができるというわけですね。
このプールの下には、縦4m×横29mもの世界最大の水中観察窓があり、イルカたちの水中での動きを観察できるようにもなっています。イルカのショーは各地の水族館で見ることができますが、ここ名古屋港水族館でのそれは、迫力の点でひと味もふた味も違います。また、マイワシのトルネードや高速遊泳するペンギンの姿も一見の価値あり。大きなシャチとガラス越しに戯れることができたりするなど、なかなかにテンションが上がります。また、名古屋港水族館の特徴でもある大きな人工砂浜では、ウミガメ産卵期に実際に卵に触れることもできるようになっています。
近くに来たらぜひ訪れたいスポットです。

名古屋港水族館の基本情報

住所 愛知県名古屋市港区港町1-3
アクセス 市営地下鉄名港線「名古屋港」駅より徒歩10分
名古屋市営バス「なごや港」停留所より徒歩10分
お問い合わせ 052-654-7080

名古屋港水族館周辺の観光スポット

ホンモノに触れる体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」で冒険へのロマンを

南極観測船ふじ

ホンモノに触れる体験型歴史的資料「南極観測船ふじ」で冒険へのロマンを

「南極観測船ふじ」が活躍したのは昭和40年(1965)から18年間。退役後は名古屋港ガーデンふ頭に永…

東海道のにぎわいを見つめてきた歴史的な橋址

裁断橋址

東海道のにぎわいを見つめてきた歴史的な橋址

江戸時代、多くの人が行き交った東海道五十三次。その街道にかつて架かっていた橋のひとつが「裁断橋」です…

宮の宿から七里先の桑名の渡しまでの東海道中唯一の海上路の遺構

七里の渡し(宮の渡し公園)

宮の宿から七里先の桑名の渡しまでの東海道中唯一の海上路の遺構

その昔、旧東海道の「宮の宿」(現在の熱田)から「桑名」へと渡る「七里の渡し」の渡船場として堀川運河は…

子どもよりオトナが熱中してしまう「ガチャガチャ」の殿堂

ガチャガチャミュージアム

子どもよりオトナが熱中してしまう「ガチャガチャ」の殿堂

100円〜300円程度のコインを入れて、ハンドルを回すと、カプセルに入った小さなおもちゃがひとつ出て…

周辺のスポット記事一覧へ

top