みそかつ 矢場とん

とんかつとみそ味とのバランスが絶妙な名古屋名物

みそかつ 矢場とん

  • 定番

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

昭和20年代初頭、屋台で何気なく串かつを“どて煮”(もつの味噌煮込み)のタレに浸して食べた人がいました。思わず「こりゃ、うみゃ〜!」。周りの客も試して「ナルホドいける」と共感。カツを味噌のタレに浸す発想は「矢場とん」初代店主、鈴木義夫氏のこの体験が原点でした。普通「みそかつ」は濃厚な味噌だれですが、「矢場とん」の「みそかつ」は、初代が串かつを“どて煮”に浸した、サラリとした食感がポイントです。

秘伝のみそだれのレシピは代々のシェフ口伝。鹿児島産生黒豚を使うみそカツは1週間に14頭分のみ

みそかつ 矢場とん

東海エリアは特に、濃厚な“赤みそ”食文化圏なので、定食屋も和食店もとんかつのあるところなら、ほとんど「みそかつ」がメニューに載っています。
ただ、それはウスターソースの代わりに、濃厚なみそだれをかけるだけというのがよくあるパターン。「とんかつ」も「みそ」も本来くどいものなので、そのままでは味が濃くなり過ぎてしまうなんてことも。
そんな普通の「みそカツ」と「矢場とんのみそカツ」は、明らかに違います。
素材も、衣も、油も、揚げ方も、みそのたれの秘伝のブレンドも、すべてを「みそ味のとんかつ」のためにバランスを工夫しているのです。そのひたむきな姿勢が、「矢場とんのみそかつ」を名古屋名物にまで引き上げたと言っても過言ではないでしょう。
秘伝のみそだれのレシピは門外不出。1年半熟成させた天然醸造の豆味噌を使用し、日々使う分だけ限られた職人の手により丁寧に仕込まれます。なかでも、鹿児島産生黒豚を使うみそカツは、1週間に14頭分しか入荷しないので、矢場町本店ほか一部の店のみの限定販売。
名古屋を訪れたならこの「矢場とんのみそカツ」で、名古屋みそ文化の神髄をぜひ味わってみてください。

みそかつ 矢場とんの基本情報

住所 愛知県名古屋市中区大須3‐6‐18
アクセス 市営地下鉄名城線「矢場町」駅4番出口より徒歩5分
市営地下鉄鶴舞線「上前津」駅9番出口より徒歩5分
お問い合わせ 052‐252-8810

みそかつ 矢場とん周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

アパヴィラホテル〈名古屋丸の内駅前〉

名古屋市内

天然温泉大浴場・露天風呂・サウナ完備☆名古屋駅・栄にも好アクセス♪

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

名古屋市内

【名古屋城下に佇む癒しの空間】男女別天然温泉大浴場&サウナを完備。グルメやショッピングなど、アクティブに楽しむ拠点に♪

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

名古屋市内

地下鉄〈栄駅〉から徒歩1分市内各スポットに好アクセス!全客室WiFi無料接続可能◎朝食は品数豊富な和洋食バイキングです。

周辺の宿一覧へ

みそかつ 矢場とん周辺の観光スポット

名古屋めしのひとつ「あんかけスパゲッティ」の元祖

スパゲッティ・ハウス ヨコイ(錦店)

名古屋めしのひとつ「あんかけスパゲッティ」の元祖

近年、名古屋めしブームに乗って知られるようになった「あんかけスパゲッティ」。元祖店のひとつといわれる…

充実の設備を誇る老舗ボウリング場。手ぶらで出かけて気軽に楽しもう

スポルト名古屋

充実の設備を誇る老舗ボウリング場。手ぶらで出かけて気軽に楽しもう

ボウリングの原形は、紀元前の古代エジプトにもあったといわれます。それは、ピンを倒せばそれだけ災いを避…

パン食べ放題のモーニングで朝から満腹チャージ!

シャポーブラン サンロード店

パン食べ放題のモーニングで朝から満腹チャージ!

名古屋の朝といえば、喫茶店のモーニングが有名です。ここ「シャポーブラン」のモーニングは、なんとパンが…

超一流のブランドショップが集合。壮大なスケールの眺望も楽しみ

ミッドランドスクエア

超一流のブランドショップが集合。壮大なスケールの眺望も楽しみ

名古屋駅周辺は多くの高層ビルが集中しているエリア。その中で、一番の高さを誇るのが「ミッドランドスクエ…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top