大須演芸場

幾多の荒波・苦境を乗り越えて頑張る、中京圏で唯一の寄席の劇場

大須演芸場

  • 体験・アミューズメント

  • エンタメ

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

「芸どころ名古屋」といわれるのに、御園座の不振をはじめ、名古屋は今、芸能関係では寂しい状況。そうしたなか、「芸能の灯を絶やすな」と、一時は設備の老朽化や不人気で閉鎖の憂き目にもあった「大須演芸場」は、地元有志や落語会の重鎮らの支援を得て蘇ろうとしています。席亭も替わり、耐震工事も終えて2015年秋に新たなスタートを切ったばかりの名門演芸場。それを盛り上げるには、やはり皆が寄席を見に行くことです。

三遊亭圓生、コント55号、ビートたけし、明石家さんまらも舞台を踏んだ歴史ある寄席

大須演芸場 「大須演芸場」開設以来50年。ここは戦後間もない名古屋においても珍しかった常打ちの寄席としても知られ、落語・漫才・手品はもちろん、年2回のロック歌舞伎スーパー一座による公演が持たれるなど全盛期もありました。
しかし、経営体制の悪化や建物老朽化で、2014年2月に閉館に。その後、2015年に改修工事も終え、ようやく新生オープンとなって現在に至っています。
2015年9月以後の公演の中身については、落語、漫才、講談、色物をメインとして、定席寄席は毎月1〜10日。2014年2月以前からの毎月ごとの出演者・演目入れ替えはそのまま踏襲。出演者は定席寄席期間中でも交替することも。
開演は11時からの2回公演。出演者は1日同じ。ひと組の持ち時間はおよそ20分、6組2時間が1公演の標準。毎月11日〜末日と定席寄席期間中の18時〜21時30分までは貸席となり、独演会や演劇、舞踊、コンサートにも開放。
木造の2階建てで1階は椅子、2階は座敷席。座席数は2014年までは1階が約150席、2階が約80席の計250席でしたが、改修後の2015年からは1階が131席、2階が48席の計179席に絞られています。

大須演芸場の基本情報

住所 愛知県名古屋市中区大須2-19-39
アクセス 地下鉄鶴舞線「大須観音」駅下車より徒歩3分
地下鉄鶴舞線「上前津」駅より徒歩10分
お問い合わせ 0577-62-9203 (コールセンター)

大須演芸場周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

名古屋市内

【名古屋城下に佇む癒しの空間】男女別天然温泉大浴場&サウナを完備。グルメやショッピングなど、アクティブに楽しむ拠点に♪

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

名古屋市内

地下鉄〈栄駅〉から徒歩1分市内各スポットに好アクセス!全客室WiFi無料接続可能◎朝食は品数豊富な和洋食バイキングです。

周辺の宿一覧へ

大須演芸場周辺の観光スポット

発明王・豊田佐吉を支えた実業家、佐助がかつて暮らしていた邸宅

旧豊田佐助邸

発明王・豊田佐吉を支えた実業家、佐助がかつて暮らしていた邸宅

豊田佐助は、発明王・豊田佐吉の弟。そして佐吉を支えた大実業家でした。大正12年(1923)に建てられ…

テイクアウトに最適なカタチとして洗練されてきた「天むす」というフードスタイル

地雷也 栄店

テイクアウトに最適なカタチとして洗練されてきた「天むす」というフードスタイル

「テンムス」と初めて発音を耳にする人は、いったい何だろうと思うのでは? で、「これが天むすという食べ…

全国的にも珍しい「ゲームバー」。遊びながらお酒も楽しめる

レトロゲームバー てーぶる・まうんてん

全国的にも珍しい「ゲームバー」。遊びながらお酒も楽しめる

現代人の文化を語るとき、ゲームを抜きには語れません。それほどまでに生活に入り込んでいるゲーム、そろそ…

名古屋大須の新名物「揚げまん坊」を食べ歩き

納屋橋まんじゅう万松庵 万松寺通店

名古屋大須の新名物「揚げまん坊」を食べ歩き

元気な商店街として全国的に知られる「大須商店街」。さまざまな個性店が集まるなかで、しにせ和菓子店が提…

周辺のスポット記事一覧へ

top