名古屋テレビ塔

ナゴヤ栄のランドマークは今も健在!

名古屋テレビ塔

  • 定番

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

長らく名古屋のランドマークとして親しまれてきた「名古屋テレビ塔」。デビューから60年以上を経ている今もなお、名古屋市民に親しまれている存在です。手軽なデートスポットとしても人気があり、展望台からの眺めも一見の価値があります。

完成当時は東洋一の高さを誇った歴史ある観光タワー

名古屋テレビ塔 名古屋テレビ塔は、昭和29年(1954)に日本初の観光タワーとして完成しました。高さは180mで、完成当時は東洋一の高さを誇っていました。60年以上にわたり名古屋のシンボル的な存在として愛され、2005年には国の有形文化財に登録されています。
開業以来、地上アナログテレビの電波を送信していましたが、2011年にアナログ放送終了のため送信業務を終了しています。映画「ゴジラ」シリーズにも度々登場し、ストーリーの中ではこれまでに3回破壊されています。

2つある展望台で名古屋の絶景を満喫できる

名古屋テレビ塔 名古屋テレビ塔の見どころは、何といっても展望台からの眺望です。入場料金は700円で、特に夜景は、「日本を代表する夜景資源」として日本夜景遺産に認定されているほど。
展望台は2カ所あり、高さ90mの場所にあるのがスカイデッキです。ここは屋内展望台で、昼は栄エリアの町並みが、夜はネオンきらめく夜景が一望できます。スカイデッキにはテレビ望遠鏡もあり、遠くの景色もクッキリと見ることができます。
スカイデッキから階段を登ると、高さ100mのスカイバルコニーへ。こちらは屋外展望台で、自然の風に吹かれながら素晴らしい眺望を楽しめます。

恋人の聖地・テレビ塔はカップルの旅行にも最適

名古屋テレビ塔 名古屋テレビ塔は恋人の聖地としても知られ、多くのカップルがここを訪れています。スカイデッキにはハートのオブジェ「PROMISE HEART」が、スカイバルコニーには「恋人の聖地」記念碑が設置されているなど、ロマンチックな雰囲気を演出しています。
また、タワー下にはオープンカフェが整備されているなど、都会のオアシスとしてもなくてはならない存在です。名古屋テレビ塔の中の穴場的なオススメの場所は、テレビ塔を階段でのぼる「スカイウォーキング」。毎週土・日曜、祝日の開催で、245段ある展望階段からの眺めは名古屋の思い出づくりに最適です。

名古屋テレビ塔の基本情報

住所 愛知県名古屋市中区錦3-6-15
アクセス 市営地下鉄名城線・東山線「栄」駅3番・4番出口より徒歩3分
市営地下鉄名城線・桜通線「久屋大通」駅4B出口よりすぐ
お問い合わせ 052-971-8546

名古屋テレビ塔周辺のホテル・宿

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

チサンイン名古屋

チサンイン名古屋

名古屋市内

JR名古屋駅から徒歩4分、名鉄線の名古屋駅・近鉄名古屋駅から徒歩8分のホテルです。

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

天然温泉 錦鯱の湯 ドーミーインPREMIUM名古屋栄

名古屋市内

【名古屋城下に佇む癒しの空間】男女別天然温泉大浴場&サウナを完備。グルメやショッピングなど、アクティブに楽しむ拠点に♪

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

周辺の宿一覧へ

名古屋テレビ塔周辺の観光スポット

高さ245mのツインタワー。岐阜・三重からも見える名古屋のランドマーク

JRセントラルタワーズ

高さ245mのツインタワー。岐阜・三重からも見える名古屋のランドマーク

JRセントラルタワーズは名古屋駅に併設されている複合施設(駅ビル)。地上18階建ての低層部と、高さ2…

歯医者さんに通っている人もそうでない人も。大切な歯に関する知識を身に付けよう

歯の博物館

歯医者さんに通っている人もそうでない人も。大切な歯に関する知識を身に付けよう

「歯は毎日磨いているし、むし歯もないし、歯医者さんとは無縁さ!」なんて、自信にあふれている人も多いこ…

発明王・豊田佐吉を支えた実業家、佐助がかつて暮らしていた邸宅

旧豊田佐助邸

発明王・豊田佐吉を支えた実業家、佐助がかつて暮らしていた邸宅

豊田佐助は、発明王・豊田佐吉の弟。そして佐吉を支えた大実業家でした。大正12年(1923)に建てられ…

都会の真ん中に由緒正しい「路地」が残る、堀川沿いの小径散策などはいかが?

四間道(しけみち)

都会の真ん中に由緒正しい「路地」が残る、堀川沿いの小径散策などはいかが?

このあたりは江戸時代の初め、名古屋城築城と清須越し(都市の移転)に伴い形成された商人町でした。堀川の…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top