からめ亭 丸の内店

スパイシーさを追求した名古屋名物「あんかけスパゲッティ」の名店

からめ亭 丸の内店

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

「名古屋めし」ブームに乗っていま人気急上昇なのが、「あんかけスパゲッティ」です。油で炒めた太さ2.2mmの極太パスタに、とろみのついた濃厚なあんかけソースがかかったユニークな料理。名古屋のさまざまなスパゲッティ店が独自の味を追求しています。ここ「からめ亭」は、スパイシーさを強調したインパクトの強い味で数多くのファンを獲得している名店の一つです。

1979年創業。「あんかけスパゲッティ」の名付け親

からめ亭 丸の内店 「からめ亭」が創業したのは1979年のこと。当時から名古屋では「あんかけスパゲッティ」に該当するメニューはありましたが、決まった名前はなかったそうです。そこで、同じく名古屋名物である「あんかけうどん」から「あんかけスパゲッティ」とこの店でネーミングしたところ、それが定着したのだそうです。
このスパゲッティの特徴は、太さ2.2mmの極太麺を使うこと。太麺だからこそトロッとしたソースを力強く受け止め、食べごたえを感じることができるのです。また、野菜やソーセ−ジなど具材のトッピングが自由自在なことも特徴です。

スパイシーなソースの味わいは、数あるあんかけスパの名店の中でも随一

からめ亭 丸の内店 同店のあんかけスパゲッティの魅力は、何といってもそのソースのスパイシーさ。ソースは大量の玉ねぎ、トマト、ジャガイモ、肉などを2日間じっくりと焼いて煮込んだベースに、ブラックペッパーや各種のスパイスを配合し、片栗粉でとろみをつけたもの。他店に比べて刺激的な辛さが強調されていて、食べるほどに汗がしたたります。
極太麺はしっかり油通しされているので、麺とソースが合体したときの食べごたえは満点。具材のトッピングでは、一番人気は写真の「ミラネーゼ」で、ベーコンとソーセージ、マッシュルームの具材との相性も抜群です。サイズはS〜Wの4種類があり、WサイズはMサイズの2倍というから驚きです。ちなみにSサイズは900円です。

あんかけソースや極太麺はテイクアウトもあり

からめ亭 丸の内店 同店がユニークなのは、ソースをあんかけソースとカレーソースから選べること。カレーソースもあんかけ風で、とろりとした口当たり。両方の味を味わいたい向きには「ハーフ&ハーフ」も用意されているのが嬉しいですね。
店は、オフィスが密集する丸の内エリアにあるため、特にランチタイムには多くのサラリーマンやOLさんで賑わいます。なお、同店では、テイクアウト用にスパゲッティソースや極太パスタの販売も行っています。旅行者には、一風変わった名古屋土産としてもオススメです。

からめ亭 丸の内店の基本情報

住所 愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4 EXE丸の内ビル1F
アクセス 市営地下鉄鶴舞線・桜道線「丸の内」駅より徒歩3分
お問い合わせ 052-212-3537

からめ亭 丸の内店周辺のホテル・宿

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

リッチモンドホテル名古屋納屋橋

名古屋市内

【名古屋駅から至近!好立地のビジネスホテル】広々客室にダブルベッドでほっと癒される空間。Wi-Fi無料・貸出品充実で快適

ウェスティンナゴヤキャッスル

ウェスティンナゴヤキャッスル

名古屋市内

都会の喧騒を忘れる、名古屋城の自然に囲まれた格式あるクラシカルホテル。 非日常の時間を存分にご堪能ください。

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

アパホテル〈名古屋錦〉EXCELLENT

名古屋市内

地下鉄〈栄駅〉から徒歩1分市内各スポットに好アクセス!全客室WiFi無料接続可能◎朝食は品数豊富な和洋食バイキングです。

周辺の宿一覧へ

からめ亭 丸の内店周辺の観光スポット

貴重な国指定の文化財、歴史的建造物を大切に利用しながら保存に努める

旧加藤商会ビル

貴重な国指定の文化財、歴史的建造物を大切に利用しながら保存に努める

名古屋と栄の中間にある伏見も、現在は街の再開発が進行中。広小路と堀川が交差する納屋橋のたもとに、そう…

名古屋名物のニューウエーブ「カレー煮込みうどん」を味わおう

名古屋名物のニューウエーブ「カレー煮込みうどん」を味わおう

名古屋めしの代表格として知られるのは「味噌煮込みうどん」ですが、実は名古屋ではカレーうどんも人気のメ…

過去のしがらみとはスッパリ縁を絶ち、良縁に導いてくれるというウレシイ神様

山田天満宮・金(こがね)神社

過去のしがらみとはスッパリ縁を絶ち、良縁に導いてくれるというウレシイ神様

こちらは寛文12年(1672)、尾張藩の二代藩主、徳川光友が太宰府天満宮から菅原道真公の神霊を招いた…

幾多の荒波・苦境を乗り越えて頑張る、中京圏で唯一の寄席の劇場

大須演芸場

幾多の荒波・苦境を乗り越えて頑張る、中京圏で唯一の寄席の劇場

「芸どころ名古屋」といわれるのに、御園座の不振をはじめ、名古屋は今、芸能関係では寂しい状況。そうした…

周辺のスポット記事一覧へ

top