島正

名古屋名物・味噌おでんの真髄ここにあり

島正

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

名古屋名物として確固たる地位を築いた味噌おでん。ここ「島正」はその名店として知られる店です。創業は昭和24年(1949)で、当時、広小路通にズラリと並んでいた屋台の1軒でした。現在の地に店を構えたのは昭和38年(1963)。名古屋の伝統の味を守る店として、長年にわたり人々に親しまれています。

開店直後からいっぱいになるカウンターで店内はいつもにぎやか

島正 ガラリと扉を開けると、厨房をぐるっと取り囲むカウンターは、開店早々からお客さんでいっぱい。お酒を片手におでんをつまみ、世間話に花を咲かせるお客さんと、厨房の中を忙しく動くスタッフで、店内はいつも賑やかです。見知らぬ客同士がすぐ仲良くなれるアットホームさで、旅行客はもちろん、外国人客の来店も多い店です。
この店では、味噌おでんを「どて焼き」と呼びます。愛知名産の八丁味噌は微妙な渋みをもつ濃厚な味わいが特徴で、そこに醤油やザラメなどを加えて味噌だれをつくります。味噌が甘くなり過ぎないよう、ザラメの量は控えめです。

人気の大根は仕込みに10日間もかかる手の込んだ一品

島正 おでんの具材は、大根をはじめ豆腐、コンニャク、里芋、卵、牛スジ。写真の6品の盛り合わせは1,200円です。しっかりと仕込みをしているため、店内で煮込む必要はないほど。皿に保ったら、その上から牛スジを煮込んだ味噌だれを垂らし、風味を足します。
おでんを口に運ぶと、じんわりと旨みが広がり、ビールとの相性は抜群。低カロリーなこともあり、女性客のファンも多いそう。
なお、大根は下ごしらえも含めて完成までに10日間もかかるため、単品売りはしていません。

ふんわり食感のどてオムライスも必食!

島正 同店ではおでん以外にも、味噌・ソース・醤油から味が選べる串かつや、豚ねぎまなど串ものを中心とした一品料理も豊富です。その中でも目を引くのは、どてめしとオムライスが合体した、その名も「どてオムライス」です。800円で提供され、どてのコク深さとオムライスのふんわりとした甘さが相まって、ほっこりとした味わい。飲みのシメにももってこいです。
名古屋に味噌おでんの店は数あれど、これほど歴史と伝統を感じさせる店はそう多くありません。名古屋に立ち寄りのときは、ぜひご賞味を。

島正の基本情報

住所 愛知県名古屋市中区錦2-1-19
アクセス 市営地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅4番・5番出入口より徒歩2分
お問い合わせ 052-231-5977

島正周辺のホテル・宿

名古屋リバティホテル

名古屋リバティホテル

名古屋市内

名古屋駅徒歩3分!観光・ビジネスでの利用に◎ 大好評!お茶漬けバイキング付き朝食 シャンプーバー、アメニティコーナー

アパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>

アパヴィラホテル<名古屋丸の内駅前>

名古屋市内

名古屋、栄駅まで地下鉄2駅!丸の内駅屋上に天然温泉、サウナ、露天風呂完備のアパホテル誕生!全客室Wi-Fi無料接続可能。

ホテル名古屋ガーデンパレス

ホテル名古屋ガーデンパレス

名古屋市内

地下鉄栄駅から徒歩5分の好立地 名古屋メニューの和洋ブッフェが人気 全室Wi-Fi対応でインターネット利用無料

チサンイン名古屋

チサンイン名古屋

名古屋市内

JR名古屋駅から徒歩4分、名鉄線の名古屋駅・近鉄名古屋駅から徒歩8分のホテルです。

周辺の宿一覧へ

島正周辺の観光スポット

元禄の徳川家のお殿様の隠居所だった日本庭園は大名屋敷のならではのスケール

徳川園

元禄の徳川家のお殿様の隠居所だった日本庭園は大名屋敷のならではのスケール

徳川園は、元禄8年(1695)に尾張藩二代藩主光友の隠居所として築造された大名庭園です。その後、時代…

名古屋人のソウルフード、和風とんこつラーメンと甘味の店

スガキヤ ニュー栄B2店

名古屋人のソウルフード、和風とんこつラーメンと甘味の店

創業70年の歴史を有する、名古屋のフードカンパニー「スガキヤ」。飲食店の経営をはじめ、インスタント麺…

意外な銘店の支店が肩を寄せ合う、名古屋で一番古い小さな地下商店街

メイチカ

意外な銘店の支店が肩を寄せ合う、名古屋で一番古い小さな地下商店街

「メイチカ」は、ちょうど地下鉄「名古屋」駅の中改札と南改札を結ぶ、延床面積わずか1,983㎡の小さな…

ほっとひと息つける名古屋都心のオアシス

白川公園

ほっとひと息つける名古屋都心のオアシス

名古屋の都心で、ちょっと休憩したい。静かな場所でゆっくりしたい。そんな時にオススメのスポットが「白川…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

大江戸 みらい

大江戸 みらい
みなさま、こんにちは。ちょっと保守的な私は、旅行に行くときはとりあえずガイドブック片手に、定番観光地をまわります。
でも一言で定番と言っても、いろんな楽しみ方があると思うんです。温泉地一つ取っても見るべきものは沢山ありますよね?
私の記事はそんな紹介の仕方ができたらいいなと思いながら書いています。拙い文章ではありますが、少しでも参考にしていただけると嬉しいです。

top