蕎麦の実

蕎麦をたぐって、ちょいっと一杯

蕎麦の実

  • グルメ

周辺のホテル・宿へ

お蕎麦屋さんというべきか、飲み屋さんというべきか? しいて言うなら、蕎麦をフィーチャーした和食料理店。こぢんまりした9坪の店内空間の居心地がいい。上品すぎずに、とはいえあまりおやじ臭くもなく、肩肘を張らないで日本酒を。そんなときにいい塩梅のお店です。

アテよし、酒よし、人もよし、というのがこのお店

蕎麦の実 このお店、なにしろ日本酒の充実度が半端じゃない。直接酒蔵を回って仕入れたお酒は100種類以上。その1本1本に店主の思いが込められ、サーブされるのは、ワイングラスかフルートグラス。その理由はといえば、日本酒本来の風味、色、旨味を五感を使ってじっくり確かめて欲しいからなのだそう。
その日本酒に合う料理や肴は、毎日市場で仕入れる新鮮なものばかり。そこに、若手料理人さんがひと手間加えて提供すれば、お酒が進まないわけがありません。利き酒を楽しみながらひとつまみの肴を運ぶ。「蕎麦の実」では心地よい時間がゆらゆらと過ぎていきます。

蕎麦でシメる!なんて考えちゃダメ。酒で少し甘くなった口を蕎麦で洗う

蕎麦の実 「蕎麦の実」では、できれば蕎麦の注文は1枚だけにしておきましょう。お腹を満たすのではなく、蕎麦は日本酒のアテ用ですから、1枚で十分というスタンスで(それ、実はやせ我慢)。
日本酒を飲み、ひと口目の蕎麦は少なめにつまんで空気とともにズズッとすすってください。「つけ汁」は不要です。すると蕎麦の香りがフッと鼻孔を抜け、不思議と口の中はさっぱり。2口目、3口目も蕎麦を少なめにズズッたぐりましょう。そのとき、ほん少し酒を含むと微妙な蕎麦の旨みが味わえます。
旨い酒のアテとしてならば、つけ汁なしでも十分に楽しめるのが蕎麦。つけ汁は、箸先につけてなめるというのもいい塩梅。

本当の〆は五臓六腑が落ち着く蕎麦湯がいい

蕎麦の実 蕎麦湯には、蕎麦を茹でたときに溶け出た栄養がぎっしり詰まっています。ゆえに、蕎麦食いが盛んになった江戸時代に蕎麦湯は広まったとされています。
栄養価が高いのはもちろん、蕎麦湯には二日酔いの原因となるアセトアルデヒドや、アルコールを分解するパントテン酸やナイアシンの成分も含まれており、さらにアミラーゼなどの消化酵素もたっぷり。だから、お酒の〆に蕎麦湯はとてもいいのです。
「蕎麦の実」の蕎麦湯はポタージュスープのように濃厚で、香りも味も確か。そのまま飲んでもいいですが、ダシのきいた少な目のつけ汁に注ぎ入れると飲むと、味わいもひとしおです。ちなみに「蕎麦の実」は24時間営業です。

蕎麦の実の基本情報

住所 神奈川県川崎市小川町2-1 美須ビル1F
アクセス JR東海道線・横須賀線「川崎」駅より徒歩3分
京急線「京急川崎」駅より徒歩5分
お問い合わせ 044-223-3811

蕎麦の実周辺のホテル・宿

ベストウェスタン横浜

ベストウェスタン横浜

横浜・新横浜・関内

鶴見駅から徒歩3分!高速IC近く! 品川・新横浜・羽田空港へも抜群のアクセス 横浜エリアや都内観光の拠点としても最適

アパホテル〈蒲田駅西〉

アパホテル〈蒲田駅西〉

東京23区

JR蒲田駅西口から徒歩5分!空港ご利用時の前泊・長期滞在のご利用もサポート◎コインランドリー完備&Wi-Fi全室接続可能

グランパークホテル パネックス東京

グランパークホテル パネックス東京

東京23区

JR蒲田駅から徒歩1分の便利な立地 シモンズ社製ベッドのお部屋もご用意! 全室Wi-Fi完備で快適に過ごせます

西鉄イン蒲田

西鉄イン蒲田

東京23区

羽田・京急蒲田へ便利な蒲田駅より徒歩3分。清潔感・開放感溢れるデザイナーズホテル♪独立したバスルームと無料朝食が人気!

周辺の宿一覧へ

蕎麦の実周辺の観光スポット

七つの稲荷神社をめぐってご朱印を集めよう

羽田七福いなりめぐり

七つの稲荷神社をめぐってご朱印を集めよう

毎年1月1日から5日までの5日間に行われる「七福いなりめぐり」。初詣もかねて福をたくさん集めようとす…

良縁祈願もできちゃう! 1日かけても回りきれない大型商業施設

ラゾーナ川崎

良縁祈願もできちゃう! 1日かけても回りきれない大型商業施設

「LAZONA(ラゾーナ)」とは、スペイン語の「Lazo」=絆と「Zona」=地域を掛け合わせた言葉…

縁起物が何でも揃うお店といえばココ!

南天堂

縁起物が何でも揃うお店といえばココ!

「最近、仕事がうまくいかない」「プライベートを充実させたいな…」。そう思っている人は、ぜひこちらへ!…

社史の蔵書数日本一! ユニークな社史は見るだけで楽しい

神奈川県立川崎図書館

社史の蔵書数日本一! ユニークな社史は見るだけで楽しい

「社史」って知ってますか? 文字どおり、会社の歴史をまとめた書籍のことです。社史編集の担当でもないし…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top