川崎市岡本太郎美術館

芸術は爆発する! 圧倒的なアートパワーに「なんだこれは!?」

川崎市岡本太郎美術館

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

ここは日本の誇る芸術家、「岡本太郎」の魅力がぎっしりみっちり詰まった美術館。生田緑地の中にあり、岡本太郎本人より川崎市に寄贈された主要作品1,779点を保有・展示している。その圧倒的な作品の量、そしてパワーはまさしく「芸術は爆発」だ!

世代を超え、女子中高生にも人気が高まる岡本太郎

川崎市岡本太郎美術館 「芸術は爆発だ!」この名セリフは80年代に放送されたCMに出演した岡本太郎の一声。原色がせめぎ合う彼の作品とのリンクだったのだが、今でもこのセリフだけが独り歩きし、岡本太郎そのものを象徴する言葉となっている。
そんな岡本太郎の手がけた絵画、立体オブジェなどが館内にはところ狭しと展示され、来場者を魅了してやまない。自然と調和した外装と打って変わり、太郎の作品群は鮮やかで強烈な自己主張をしている。
「なんだこれは!?」を作品のモットーに掲げ、常に観る者に挑戦し続けている。

屋外には、岡本太郎の母「かの子」をモチーフにした迫力オブジェ

川崎市岡本太郎美術館 「大地に深く根ざした巨木のたくましさ」と、「ゆたかでふくよかな母のやさしさ」「天空に向かって燃えさかる永遠の生命」をイメージしたこの塔は、まっすぐに岡本かの子の文学碑、「誇り」に向けて建てられている。
空間を超える作品としても有名だが、その施工もユニークだ。塔の先端から完成させ、押し上げては順に製作していくというジャッキアップ工法が採用され、その過程は地面から生えてくるイメージ。まさに制作過程までもが作品なのだ。
「光らせるな、輝かせろ」というイメージを実現するため、「タローホワイト」という真珠色のクラッシュ・タイルを用い、太陽の光にさまざまな表情を見せていく作品に、またまた圧倒されてしまう。

芸術家「岡本太郎」の生きざまを堪能したあとは、カフェでクールダウン

川崎市岡本太郎美術館 岡本太郎が制作している風景のドキュメンタリー映像は、やはり鬼気迫るものがある。それでいながら、太郎の作品はどこかかわいらしく思えるモノが多く、ユーモアさえ感じてしまう。
近年ではガチャガチャなど、さらに身近になった太郎作品と出会えるようになった。ショップでは、ここだけでしか手に入らない太郎ファン垂涎のグッズもいろいろ取り揃えられている。
噴水の見えるカフェで作品観賞の余韻にひたるというのも、ちょっと捨てがたい時間の過ごし方。カフェではカップ類などもすべて岡本太郎風デザインとなっている。

川崎市岡本太郎美術館の基本情報

住所 神奈川県川崎市多摩区枡形7-1-5
アクセス 小田急線「向ヶ丘遊園」駅より徒歩17分
お問い合わせ 044-900-9898

川崎市岡本太郎美術館周辺のホテル・宿

ビジネス民宿 みどり館

ビジネス民宿 みどり館

川崎

新宿まで18分の登戸駅から徒歩5分 落ち着いた雰囲気で長期滞在も可能 リーズナブルに滞在できます!

周辺の宿一覧へ

川崎市岡本太郎美術館周辺の観光スポット

四季折々の表情が楽しめる、自然たっぷりのお寺

等覚院

四季折々の表情が楽しめる、自然たっぷりのお寺

住宅街にある細い坂道を上がると見えてくる、凛とした雰囲気の寺院が「等覚院」。周囲の空気には、どこか高…

大好きだった世界に触れて、あの頃の自分にかえろう!

藤子・F・不二雄ミュージアム

大好きだった世界に触れて、あの頃の自分にかえろう!

子どもはもちろん、藤子・F・不二雄先生の作品に触れながら大きくなった大人たちは数知れず。2011年の…

由緒正しきお寺で見つけた、日本最古の甘柿

王禅寺

由緒正しきお寺で見つけた、日本最古の甘柿

“関東の高野山”と呼ばれたほど由緒正しきお寺にも関わらず、意外に質素な門構え。そして、散歩道のような…

日本を代表する古民家の野外博物館

川崎市立日本民家園

日本を代表する古民家の野外博物館

緑豊かな川崎市最大の総合公園「生田緑地」。その一角を占める「川崎市立日本民家園」は、東日本の民家をは…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top