東芝未来科学館

ゲーム感覚! しかも無料で科学が学べるアミューズメント

東芝未来科学館

  • 体験・アミューズメント

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

1961年にできた「東芝科学館」を移転・改装し、現在の場所にリニューアルオープンしたのが「東芝未来科学館」。川崎駅から徒歩1分と便利な場所にあって、しかも入場無料! 予約ナシで入場できる手軽さも見逃せません。出張の合間の街ブラにもオススメの魅力がたくさん詰まったスポットです。

「ヒストリーゾーン」に並んだ懐かしの電化製品に大人は郷愁。子どもは新鮮!

東芝未来科学館 「ヒストリーゾーン」では、東芝の創業者である田中久重と藤岡市助それぞれの生涯のドラマが紹介されています。日本の近代科学技術史を支えたこのふたりの巨人の存在が、現在の日本の科学力の礎になっていることを実感できるかも。
「なつかしの電化製品」コーナーには、その名の通り大正時代から昭和に発売された電化製品がずらり。自分が生まれた年代が近づいてくると、「懐かしい!」「あった、あった」と、おもしろさが倍増するはずです。
「電子レンジが発売されたのはいつ頃でしょう?」なんてクイズを出し合いながら見て回るのもオススメです。

液体窒素を使った実験や、電池づくり。体験型のサイエンスショーも開催

東芝未来科学館 「実験や体験を通じて子どもたちに科学技術に親しんでもらいたい」という想いから、1日3〜4回開催されているサイエンスショー。時間は約30分とたっぷり、テレビでよく見かける液体窒素を使った実験などが間近で見られるので、子どもはもちろん、大人も大興奮!
ちなみに、イベントの内容は月ごとに変更になるので、足を運ぶ前に一度、公式サイトをチェックするといいでしょう。夏休みなどの長期休暇には、特別なイベントも開催されるので見逃さないでくださいね。

子どもから大人まで大人気! 500万ボルトの電気でモジャモジャヘアーに!?

東芝未来科学館 子どもの頃に下敷きを擦って髪を逆立てた経験がある方は必見です!
一番の見どころは、なんといっても「静電気発生装置」。50万ボルトの電気が流れている丸い玉に触れると…髪の毛がイッキに「ピーン!」。思わず、子どもの頃の自分に見せてあげたくなること間違いナシです。
タブレットを持ってジオラマ化した街を探検したり、省エネや家づくりなど変わったテーマのゲームが体験できる「フューチャーゾーン」も、しっかり忘れずに楽しんでください。

東芝未来科学館の基本情報

住所 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F
アクセス JR東海道本線・横須賀線「川崎」駅西口より徒歩1分
京急本線「京急川崎」駅より徒歩7分
お問い合わせ 044-549-2200

東芝未来科学館周辺のホテル・宿

アパホテル〈蒲田駅西〉

アパホテル〈蒲田駅西〉

東京23区

JR蒲田駅西口から徒歩5分!空港ご利用時の前泊・長期滞在のご利用もサポート◎コインランドリー完備&Wi-Fi全室接続可能

ホテルテトラ鶴見

ホテルテトラ鶴見

横浜・新横浜・関内

〈東京・横浜・川崎への出張や観光拠点に最適〉清潔感あふれるおもてなしの空間をご用意。女性にも安心のセキュリティ設備

ホテルリブマックス横浜鶴見

ホテルリブマックス横浜鶴見

横浜・新横浜・関内

鶴見駅・京急鶴見駅より徒歩5分の好立地! 横浜・川崎・品川などの都心部へもアクセス便利 和洋朝食ビュッフェで朝から大満足

グランパークホテル パネックス東京

グランパークホテル パネックス東京

東京23区

JR蒲田駅から徒歩1分の便利な立地 シモンズ社製ベッドのお部屋もご用意! 全室Wi-Fi完備で快適に過ごせます

周辺の宿一覧へ

東芝未来科学館周辺の観光スポット

本格バー発見! 日本中のウイスキーファンよ、鶴見に集え!

Slainte mhor スランジバー

本格バー発見! 日本中のウイスキーファンよ、鶴見に集え!

「Slainte mhor」と書いて「スランジバール」ないしは「スランジバー」と発音する。スコットラ…

ここは怪獣たちの秘密基地! ウルトラ好きにはたまらない

怪獣酒場

ここは怪獣たちの秘密基地! ウルトラ好きにはたまらない

近年、映画やテレビの設定を採り入れた飲食店が注目されている。この「怪獣酒場」もそのひとつ。ユニークな…

“おいしい工場見学”に出かけよう!

味の素株式会社 川崎事業所

“おいしい工場見学”に出かけよう!

可愛らしいアジパンダでもおなじみの味の素。川崎工場で開催されている工場見学は、無料な上に未就学児も参…

知れば知るほど奥が深い! 日本の伝統文化に触れてみよう

川崎能楽堂

知れば知るほど奥が深い! 日本の伝統文化に触れてみよう

何かのきっかけがなければ、「能」はなかなか踏み入れることのない古典芸能の世界。でも、人間の本質に迫る…

周辺のスポット記事一覧へ

この記事を紹介した人

top