シルク博物館
2019.6.19更新

養蚕と絹のことがよくわかる。ためになって、とっても面白い穴場博物館!

シルク博物館

  • 体験・アミューズメント

  • 芸術・文化施設

周辺のホテル・宿へ

たくさんの洋服の素材に使われてきたシルク。蚕の繭からつくる生糸を生成した糸ですが、生糸もシルクもその歴史はとっても古い。日本ではなんと2000年もの歴史があるんだとか! そして、養蚕と製糸は日本の近代化を支えた重要な産業でした。その歴史と、シルクの魅力をいっぺんに体験できる博物館が、日本大通り駅近くにある「シルク博物館」。ためになって、さらにとっても面白い博物館なんです。

全国の生糸が集まった横浜!日本の近代化にも貢献

シルク博物館 横浜港が開港した1859年、ここから近代日本の生糸の歴史は始まりました。開港直前に世界最大の消費・生産国であるフランスやイタリアなどで微粒子病という蚕の病気が蔓延。また、生産・輸出国第2位の中国(清)では、第二次アヘン戦争があり、世界的な生糸不足になってしまいました。
一方で、当時外貨獲得を得られる産業をもたなかった日本。そこで着目したのが生糸輸出で、開港後の横浜港周辺は外国人居留地が設けられ、生糸の卸問屋街がつくられました。
その一角にあった居留地最大の外国商館「ジャーディマン・マセソン商会」の跡地に、横浜港開港100周年(昭和34年)を記念してできたのが、このシルク博物館です。

シルクづくりを楽しく学べる1階フロア

シルク博物館 1階には、生糸輸出やシルクの歴史のパネルや機織り機などの製糸機器の展示ほか、実際に繭から糸をつむぐことができたり、機織り体験もできるコーナーが設置されています。巻き取り機を回すと、繭から糸がするすると切れることなく伸びる様子は、子どもも大人も興味深々。
また、館内では養蚕をしていて、生きた蚕が繭をつくるまでを実際に見ることができるコーナーがあり、蚕の様子から繭が洋服になる工程を見学できます。なんでも、繭は蚕が出すたった1本の糸からつくられているそう。そして、着物をつくるためには、なんと2,000個もの繭が必要になるのだとか! 一着の洋服にもたくさんの蚕の大切な命が詰まっているんですね。

2階には世界のシルクの衣装がずらり

シルク博物館 階段を上がると、そこは別世界。2階には、色とりどり、多彩なデザインのシルク製民族衣装の展示「シルクのあゆみ」コーナーが設けられています。
シルクという同じ素材を使っても、全然違う各国の衣装デザイン。とっても多彩で魅力的です。ゆっくりと鑑賞してみてください。日本の着物も充実していて、人間国宝の友禅作家、田島比呂子さんの作品も鑑賞することができます。
学習から鑑賞まで、内容充実のシルク博物館。四季を通してさまざまなイベントも開催されているので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

このスポットが掲載されているまとめ

シルク博物館の基本情報

住所 神奈川県横浜市山下町1 シルクセンター
アクセス 横浜高速鉄道みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口より徒歩3分
お問い合わせ 045-641-0841
公式サイト http://www.silkcenter-kbkk.jp/museum/
料金 一般500円/シニア(65歳以上)300円/高・大学生200円/小・中学生100円
営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)※休館日月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始、臨時休業あり

シルク博物館周辺のホテル・旅館

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉

横浜・新横浜・関内

2019年9月20日開業 日本最大級全2,311室 35階建の超高層タワーホテル。

アパホテル〈横浜関内〉

アパホテル〈横浜関内〉

横浜・新横浜・関内

市内観光名所も徒歩圏内の好立地。最上階に大浴場、露天風呂、サウナを完備で日頃の疲れを癒していただけます!

global cabin 横浜中華街

global cabin 横浜中華街

横浜・新横浜・関内

女性安心!専用フロア完備♪【合宿・団体旅行大歓迎】! 中華街関帝廟の目の前に誕生!プライベートスペース付キャビン

スパ&カプセルホテル グランパーク・イン横浜

スパ&カプセルホテル グランパーク・イン横浜

横浜・新横浜・関内

*JR横浜駅から徒歩5分にある近未来プレミアムカプセル* 大浴場やライブラリーなどを完備し充実した設備・サービスが魅力

周辺の宿一覧へ

シルク博物館周辺の観光スポット

ドレスで記念撮影も! ファッションの歴史がわかる博物館

岩崎博物館(ゲーテ座記念)

ドレスで記念撮影も! ファッションの歴史がわかる博物館

明治時代、初の西洋式劇場として賑わった「ゲーテ座」の名にちなみ、その跡地に建設されたのが「岩崎博物館…

イチョウ並木にレトロな建造物が美しい、横浜のシンボルストリート

日本大通り

イチョウ並木にレトロな建造物が美しい、横浜のシンボルストリート

横浜スタジアムのある横浜公園と横浜初の波止場・象の鼻地区を結ぶ全長400mほどの通りは「日本大通り」…

ディープな横浜・野毛。女性ひとりでも安心の立ち飲みバー

American Bar BASIL

ディープな横浜・野毛。女性ひとりでも安心の立ち飲みバー

ここは野毛では珍しいお洒落な立ち飲みバー。立ち飲みといっても、18席ほどのテーブルもあるから安心です…

ハイカラな港町横浜で生まれた牛鍋の味。存分に味わってみよう!

荒井屋 万國橋店

ハイカラな港町横浜で生まれた牛鍋の味。存分に味わってみよう!

文明開化の味を今に伝える「荒井屋」は、明治28年創業の老舗牛鍋屋。外国人居留地があった横浜の地で牛鍋…

周辺のスポット記事一覧へ

ショッピングの他の記事を見る

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

崎陽軒本店

昭和の時代を彩った横浜生まれのロングセラー

横浜駅東口駅前、中央郵便局となりにそびえるスタイリッシュなビルが「崎陽軒本店」です。メインダイニング…

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

カップヌードルミュージアム

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム

日本で生まれ、世界の食文化を変えたインスタントラーメン。世界中で食べられているこの食品がいかにして発…

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

横浜かをり 山下町本店

西洋式ホテル発祥の地で伝統の味を楽しむ

居留地七十番地は、横浜開港翌年、日本初の西洋式ホテルが竣工し、洋食や洋菓子、バーといった異国文化の発…

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

ありあけ本館

誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に

横浜スタジアムの目と鼻の先、区役所のとなりのタワーマンション1階に、横濱銘菓「ありあけ横濱ハーバー」…

福岡市・太宰府市・糸島市の他の記事を見る

花々が咲き誇り、大人もほのぼの和める昔ながらの遊園地

かしいかえん シルバニアガーデン

花々が咲き誇り、大人もほのぼの和める昔ながらの遊園地

福岡にあまり縁がない人には耳慣れない言葉かもしれませんが、「かしいかえん」は漢字で「香椎花園」と書き…

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

福岡アンパンマンこどもミュージアム in モール

全国で5カ所目、九州では初登場のアンパンマンやその仲間と出会って遊べる施設

子どもたちに大人気のアンパンマンに会える、参加・体験型ミュージアム。ガラス屋根で覆われた開放的な屋内…

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多百年蔵

国登録有形文化財でもある博多唯一の酒蔵

博多に残る唯一の“現役の酒蔵”として、今なお昔ながらの酒造りを続ける「博多百年蔵」。昔の趣を残す白壁…

眼下に広がる市街地を眺めながら、動物との触れ合いやバーベキューを楽しもう

もーもーらんど油山牧場

眼下に広がる市街地を眺めながら、動物との触れ合いやバーベキューを楽しもう

福岡市街地から車で約30分、油山の中腹にあるのがこの牧場。ヤギやポニーなど動物との触れ合いを楽しめる…

top