よこはま動物園ズーラシア

楽しめるのは動物だけじゃない! 世界の環境を体験できる動物園

よこはま動物園ズーラシア

  • 体験・アミューズメント

「アジアの熱帯林」「亜寒帯の森」「オセアニアの草原」「中央アジアの高地」「日本の山里」「アマゾンの密林」「アフリカの熱帯雨林」「アフリカのサバンナ」…。これはズーラシアの中で区分された8つのエリア。動物だけではなく、気候や地域の文化も展示に取り入れているユニークな動物園です。園内を見終えるころには、まるで世界一周をした気分。

草食動物と肉食動物を一緒に展示する「アフリカのサバンナ」は必見!

よこはま動物園ズーラシア 必ず押さえたいのは、「アフリカの熱帯雨林」で出会えるズーラシアの人気者・オカピ。世界三大珍獣にも数えられ、日本では3つの動物園でしか飼育していない希少動物です。
2015年4月に誕生したばかりの新エリア「アフリカのサバンナ」も必見。解放感あるサバンナエリアでは、草食動物と肉食動物合わせて約30種類の動物たちがお出迎え。しかも「草原エリア」では草食動物のキリンやシマウマ、エランドと一緒に肉食動物のチーターが展示されているのです。実はこれ、日本の動物園では初の試み! 運がよければ草食動物と肉食動物が仲良くしている姿を見られるかもしれません。

日本の動物園でたったの2カ所! 珍しいイヌ科の動物・リカオン

よこはま動物園ズーラシア 「アフリカのサバンナ」エリアで注目すべき動物がもう1種。それは絶滅危惧種であるリカオン。パッと見ると普通の犬のように見えますが、丸く大きな耳と、茶と黒と白のまだら模様が特徴的な動物です。このリカオンが日本で見られるのは、たったの2カ所だけ。ズーラシアに行ったら絶対に見逃せない動物です。
リカオンと同じ目線で観察できる窓があるので、どんな視界が広がっているのか観察してみてください。ほかのエリアにも、なかなかお目にかかれない希少な動物がたくさん。ユニークな展示をじっくり楽しむと、1日があっという間。イベントも随時開催されているので、ぜひチェックして出かけください!

よこはま動物園ズーラシアの基本情報

住所 神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
アクセス 相鉄線「鶴ヶ峰」駅・「三ツ境」駅、JR横浜線、横浜市営地下鉄「中山」駅の各駅から「よこはま動物園」行きバス利用で約15分
お問い合わせ 045-959-1000

よこはま動物園ズーラシア周辺の観光スポット

周辺のスポット記事一覧へ

体験・アミューズメントの他の記事を見る

SL体験をしよう! 京都鉄道博物館

京都鉄道博物館

SL体験をしよう! 京都鉄道博物館

博物館というと少し堅苦しい印象を受けますが、ここの博物館は体験型展示や魅力的な展示が多く、鉄道が好き…

熱海・湯河原温泉の湯をみなとみらいで満喫

横浜みなとみらい万葉倶楽部

熱海・湯河原温泉の湯をみなとみらいで満喫

8階建ての建物の中に、大浴場、露天風呂、寝湯などさまざまなお風呂があり、熱海・湯河原から送られてきた…

子どもよりオトナが熱中してしまう「ガチャガチャ」の殿堂

ガチャガチャミュージアム

子どもよりオトナが熱中してしまう「ガチャガチャ」の殿堂

100円〜300円程度のコインを入れて、ハンドルを回すと、カプセルに入った小さなおもちゃがひとつ出て…

伝統工芸京扇子の歴史を現代につなぐ扇

京扇堂 京都本店

伝統工芸京扇子の歴史を現代につなぐ扇

創業1832年。伝統的な儀式用、日本舞踊などに使う舞扇、ふだん使いまで、ありとあらゆる京扇子を扱う老…

横浜・新横浜・関内の他の記事を見る

横浜のそば革命、じんわり進行中!

立ちそばワラビ

横浜のそば革命、じんわり進行中!

ハマっ子の偉大さは、開港以来のなんでも受け入れる魂なんじゃないだろうか。ちょっとモダンなスペースにク…

沢山の動物と出会い自然に触れ合う横浜市民の憩いの場

横浜市立野毛山動物園

沢山の動物と出会い自然に触れ合う横浜市民の憩いの場

「野毛山動物園」はJR桜木町駅からのんびり歩いても15分ほどの距離。昭和26年に開園して以来、モルモ…

横浜だけど群馬だよ。安くて美味しい群馬うどん

まる久

横浜だけど群馬だよ。安くて美味しい群馬うどん

うどんは讃岐だけじゃない! 関東を代表する「群馬藤岡うどん」を知ってこそ本物のうどん好き。粉の風味を…

横浜港を望む、みなとみらい最大の緑地

臨港パーク

横浜港を望む、みなとみらい最大の緑地

水と緑にあふれ、休日には多くの人々が憩のためにここを訪れます。園内には石畳、芝生、水辺のエリアがあっ…

この記事を紹介した人

top